こんにちは!Omiです。

CarPlayと言えばAppleのiPhoneをカーナビ側から操作・制御した上で車載専用のインターフェイスをカーナビ画面に出力するシステムです。

2014年にアップルから発表されて以降、Android Autoと合わせて輸入車を中心に純正カーナビへの搭載が開始され、最近ではトヨタの日本向け車両の純正カーナビもOP扱いでCarPlayに対応しており、ガラパゴス化している日本のカーナビOEM、アフターパーツ市場への影響も徐々に大きくなって行きそうな感じになって来ました。

CarPlayで出来る事

CarPlayは車載オーディオの液晶からiPhoneを操作・制御するシステムで、最大のコンセプトは「車内で安全にiPhoneを使う!」です。

iPhoneの映像をカーナビに出力するだけなら、ミラーリングと言う方法でも可能ですが、ミラーリングでは液晶画面からiPhoneを操作する事が出来ませんので、安全面を考えると現時点ではCarPlayの方に分があるでしょう。

カーナビでミラーリングする方法のまとめ

スマホ内の全てのアプリが使用出来る訳ではないので、必ずしもミラーリングよりも便利であるとは言えませんが、操作性や安全性などを考慮するとCarPlayの方を選んだ方が良いケースもあると思います。

アフターパーツ市場でのCarPlayは不発が続いた

私が知る限りではアフターパーツのカーナビ・オーディオで最も早くCarPlayに対応したのは2014年10月発売のパイオニアの「SPH-DA700」だったかと思いますが、この製品は①発売時期が早すぎた、②価格が9万円と高すぎた、と言う2つの要因により、鳴かず飛ばず…だったようで、いつの間にか廃盤となっていました。

その後もカーナビではケンウッドから2017年モデルで「MDV-Z904/W」と言うCarPlay対応モデルが発売されるものの、この系統も不評だったらしく2018年モデルまでの2期で終了、2019年モデルからは非対応となっています。

また、ケンウッドのオーディオとしては「DPV-7000」と言うCarPlay対応品がありましたが、こちらも実勢価格が6~7万円とオーディオとしてはもっとも高い価格帯でしたのであまり売れなかったようで、2020年時点では廃盤となっています。

 

日本のユーザーのうち、自動車メーカーの純正ナビを敢えて選ばずにアフターパーツのカーナビを購入する層は、ナビの案内能力や使い勝手にこだわる上に、ガジェットに対するリテラシーも高い為、「時代の最先端の機能!」と言うような「具体性のないふわっとしたイメージ」だけでは高価格帯の製品は売れなかった言う結果です。

海外ではApple Mapのナビ機能をそのまま使用する事が前提で純正オーディオに組み込まれている事が多いのですが、日本の場合には特殊な道路事情から、純正・アフターパーツのいずれにおいても別のカーナビソフトを搭載した上でOPとして「CarPlay」を入れる、と言う方式が採用され、それが高額化の主な要因となっているようです。

廉価な後付けモデル人気が上昇中

2014~2018年までに発売されたアフターパーツのCarPlay対応カーナビ・オーディオのうち、6万円を超えるような製品は全く売れなかったようですが、4万円以下の機能面を絞ったCarPlay対応オーディオはこのところ人気が急上昇しているようです。

※カーナビの現行品ではCarPlay対応製品はありません。

価格が魅力のパイオニア「FH-8500DVS」「FH-9400DVS」

パイオニア
FH-8500DVSFH-9400DVS
19.10発売18.06発売
6.8型7型
CD〇
DVD〇
USB〇
iOS/Android〇
Bluetooth〇
ハイレゾ〇
50w×4chアンプ

この2モデルは「FH-9400DVS」が2018年6月モデル、「FH-8500DVS」はその廉価版で液晶サイズを小さくして価格を下げています。

なお、ケンウッドは一時的にこの市場から撤退してるように見えますが、今年後半にケンウッドが3円台前半で同系統のモデルを仕掛けてくると面白いなと思って見ています。

9インチの大型液晶が魅力のアルパインBIG DA

アルパインの「BID DA」は価格帯的にやや高めではありますが、フローティングの大型液晶でしっかり差別化できている製品となります。

現状ではアルパインストア専売品となっているようです。

今はあんまり売れている感じ…と言うかアルパインもお試し感覚で売る気もなさそうな感じですが、この後ダークホースになる可能性を秘めているような気がします。

メーカー純正カーナビのCarPlay対応状況

主要な自動車メーカーの純正カーナビのCarPlayへの対応状況はこちらの通りです。

まとめ

以上、CarPlay対応のカーナビ、オーディオについてご紹介しました。

純正カーナビではOP扱いが多く、アフターパーツではその機能だけ切り取った廉価製品が人気があるようですので、万人におすすめするようなものではないですが、興味のある方は廉価版でCarPlayデビューしてみてはいかがでしょうか?

因みに私は載せる車がないので未経験です。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

車載WiFiにおすすめのモバイルルーターをズバリ3つ紹介

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!