※2018年3月6日更新~THINK WARE「F770」、innowa「Journey Plus」について追記しました。

■ ドライブレコーダー後方録画ステッカーのすすめ

2カメラタイプのドライブレコーダーに関しては、個人向けとタクシーや教習車などの業務用の車などの間に、使用目的や運用方法に大きな違いがあります。

個人向けと法人向けでは全くコンセプトが異なるので、このページでは個人向けの車両と業務用の車両に分けて2カメラタイプのドライブレコーダーについて説明致します。

個人車両向けの2カメラタイプのドライブレコーダー

自動車事故の40%は追突事故によるものと言われています。

また、最近では煽り運転による重大事故や事件がクローズアップされており、後方録画に関しても非常に注目度が上がっていますね。

私は3台の車を維持していますが、車の使用目的に合わせて2カメラセットモデルを設置してる車と単体モデルを前後に設置している車があります。

 

前後セットモデルのメリットは、①設定や管理をフロントカメラ側から一括実施出来る点、②リア用のカメラが超小型なので目立たない点、③駐車監視の際の電力面で単体モデル×2の70%程度しか消費しない点、④設置の面で単体モデル×2よりも幾分簡単である点が考えられます。

一方でデメリットとしては①価格が高くなる上に、②視野角や精細感、録画時間などの面では1カメラハイエンドモデル×2の方には敵わないという点が挙げられます。

 

ここではフロント、リアに1台ずつにカメラがあり、制御をフロントで行う2カメラセットタイプを紹介しますが、運用面で選ぶならこのタイプの方が楽ですね。

2カメラモデルを選ぶポイント

最近は煽り運転が原因となった事故や事件の報道が増えており、別段車に興味がない方もドライブレコーダーの導入を検討している事と思います。

2カメラモデルのドラレコ業界のこれまでの流れですが、ドラレコ自体が数年前まではニッチなカーマニア向けのガジェットであり、その中でも2カメラモデルとなると、車を大事にしている方が過去に当て逃げの被害に遭ったり、または新車を購入した時の保険の為にドラレコを導入するユーザー向けの物でした。

ただし、現状では駐車監視よりも煽り運転などの抑止や、有事の際の証拠として前後へのドライブレコーダーの設置を検討しているユーザーの構成の方が多くなったと感じています。

従ってこのページでは2カメラセットモデルのドライブレコーダーについて、駐車監視を重視しない場合のおすすめモデル、駐車監視を重視する場合のおすすめモデルの2通りに分けて各メーカーのモデルを紹介します。

駐車監視に特化していないモデル

駐車監視に特化していないと言う定義は、駐車中の録画方式が衝撃後の起動であったり、駐車監視の運用面でやや手間を必要とするものとし、駐車監視そのものが不可であるという意味ではありません。

駐車監視に特化していない2カメラドライブレコーダーは以下の3モデルです。

パイオニアAUKEYinnowa
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
ND-DVR30
DR02D

Journey Plus
17.09発売17.11発売17.10発売
参考価格 18.03.06
24,611円13,999円24,980円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AmazonAmazon
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
フロント:2304×1296/27.5fps
リア:入力するバックカメラに依存
フロント1920×1080/30fps
リア
1920×1080/30fps
フロント:1920×1080/27.5fps
リア:1280×720/25fps
LED信号対応
フロント:水平110°(録画)
リア:入力するバックカメラに依存
フロント:水平107~108°(録画)
リア:対角152°(レンズ)
フロント:水平120°(録画)
リア:水平98°(録画)
WDRHDRWDR
付属8GBmicroSD付属なし付属32GB
最大32GB最大128GB最大32GB
GPS内蔵GPS外付けOPGPS内蔵
安全運転支援
駐車監視モード
動体検知+衝撃検知動体検知orタイムラプス常時録画or動体検知or衝撃検知(検知機能はフロントのみ)
自動起動手動起動手動起動
内蔵バッテリー50分専用ケーブルなし内蔵バッテリーあり
専用ケーブルOP
innowa 2Balance
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

パイオニア「ND-DVR30」

「ND-DVR30」はフロントが「2304×1296」の解像度で300万画素のCMOSセンサーを使用した、2カメラモデルとしては高解像度のモデルです。

特徴としては、既存または別売のバックカメラと専用の分配器(別売)の分配器を接続し、分配器からリアカメラのアナログ映像をドラレコ本体に送信し、フロントと合わせて録画する方式が採用されている点が挙げられます。

カロッツェリア(パイオニア) 映像出力用RCA分配器 RD-VRD10
パイオニア(Pioneer) (2017-09-12)
売り上げランキング: 2,747

 

この製品は実機テストを行っていませんが、水平視野角・精細感ともに標準以上であると思われますが、リアカメラの画質はおそらく30万画素程度になる事から(市販のバックカメラがそんなもん)、リアの映像に関しては画質の面では期待出来ません。

また、取り付けの際には本来はカーナビ裏に繋がっているバックカメラの配線を分配器でドラレコ側にも回す為、カーナビを取り外す必要があります。

従ってこのモデルは新規にカーナビとドライブレコーダーを購入するユーザー向けと言えます。

なお、駐車監視に関してはエンジンのオン・オフに連動し、50分程度の容量の内蔵バッテリーによる動体検知+衝撃検知を行いますが、充電にはかなり時間が掛かりますので、駐車監視をまともに運用しようと思うなら家庭での充電が必要となろうかと思われます。

 

■ パイオニアが2カメラタイプドラレコ「ND-DVR30」を発表

AUKEY「DR02D」

「DR02D」はフロント・リアともに「1920×1080/30fps」のフルハイビジョン録画に対応し、CMOSセンサーにはSONYのExmor IMX323(廉価量販版)を採用している為、前後ともに安定した精細感と明るさが確保出来ているのが特徴です。

また、価格がダントツに安いのが最大の魅力であろうかと思います。(Amazonには何度か入荷しているようですが、あっという間に無くなります)

コスパで考えると2カメラタイプではNo.1となりますが、地デジに対する電波干渉が出易く、対策モデルでも体感出来るほどの改善は見られませんでした。

なお、駐車監視についてはエンジンのオン・オフには連動せず、手動で「動体検知」もしくは「タイムラプス」のオン・オフを行いますし、専用の常時電源ケーブルも発売されていませんので、モバイルバッテリーや外部バッテリーでの運用になります。

■ AUKEYドライブレコーダー「DR02/DR02D」の修正モデル発売

innowa「Journey Plus」

「Journey Plus」はフロントカメラはAUKEYの「DR02D」と同じ、SONYのExmor IMX323を採用しており、リアカメラはバックカメラ形状の100万画素のカメラとなります。

このモデルはWiFi通信にも対応し、リアカメラの設置に関してはバックカメラの位置にも可能ではありますが、鏡面出力には対応していない為バックカメラとしての運用は出来ません。(鏡面出力に対応するように要望しています)

リアカメラに関しては100万画素のバックカメラベースの為、画質はあまり良くはなく、ダイナミックレンジも広くはありませんが、フロントカメラの水平120°の録画視野角は2カメラモデルとしては最高レベルかと思います。

ただ、気になるのは夜間がやや暗めに映る点です。

明るさの変更は可能ではありますが、その場合には昼間の白つぶれに弱くなるという問題点もあります。

駐車監視に関しては専用のタイマー付きケーブルがありますが、動体検知・衝撃検知を使用する際にはその都度操作が必要となっています。

■ innowaのドライブレコーダー「Journey」、2カメラモデル「Journey Plus」のレビュー、評価

駐車監視に特化したモデル

駐車監視に特化したモデルはエンジンのオン・オフに連動して駐車監視に出入りする点が特徴ですが、現状ではフロントがフルハイビジョン、リアがハイビジョンのモデルと、フロント・リアともにハイビジョンのモデルが存在します。

基本的にはこのカテゴリーは車を大事に乗りたい人向けかと思います。

フルハイビジョン+ハイビジョンモデル

フルハイビジョン+ハイビジョンモデルのモデルには、以下の2モデルが挙げられます。

前後のナンバー認識の点を考慮すると、フロント・リアともにフルハイビジョンが好ましいですが、駐車監視の運用面ではこの2つのモデルの方が若干優れています。

コムテックTCL スマートレコ
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
ZDR-015
WHSR-510
17.09発売17.04発売
参考価格 18.03.06
29,549円32,200円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
フロント:1920×1080
リア:1280×720
1920×1080
1280×720(OPリアカメラ
LED信号対応LED信号対応
29fps27.5fps
フロント:水平115°(レンズ)
リア:水平112°(レンズ)
フロント:水平105°(録画)
リア:水平110°
HDR/WDRWDR(表記はないがダイナミックレンジは広い)
付属16GB付属16GB
最大32GB最大64GB
GPS内蔵GPS/外付けOP
駐車監視モード
常時録画+衝撃検知動体検知+衝撃検知
自動起動自動起動
専用ケーブル
HDROP-09
専用ケーブル付属
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。
コムテック「ZDR-015」

「ZDR-015」については実機テストは未実施なのですが、おそらく単体モデルの「ZDR-014」がベースになっていると考えられますので、画質面ではその前提で説明を行います。

このモデルはフロントカメラの録画視野角についてのスペック記載がありませんが、おそらく「ZDR-014」やコムテックの他のモデルの状況を考えると115°近くは出ているものと思われます。

2カメラモデルとしてはかなり広い部類に入ります。

ただし、コムテックのエントリクラス「ZDR-012/013/014」の系統は精細感が高い方ではなく、ナンバーの認識精度に関しては他社の同解像度のモデルよりも下がる傾向が強いです。

おそらく「ZDR-015」に関しても同様であると考えられます。

夜間の明るさに関してはかなり上位の方含まれると思いますので、全体の状況の把握は得意だと思います。

以上のように、ハードウェア的には駐車監視向けではありませんが、ポイントはソフトウェアの方にあり、タイマーやカットオフ電圧などの設定がディップスイッチではなく、ドラレコのメニュー側から変更可能であったり、駐車監視の出入りはエンジン連動・降車乗車時のキャンセルタイマーがあり、駐車監視からの復帰の際には告知もあります。

従って、精細感では上位モデルに劣りますが、運用面では最も楽なモデルの一つと言えます。

■ コムテックから2カメラタイプのドライブレコーダー「ZDR-015」発売

スマートレコ「WHSR-510」

「WHSR-510」は「アウディ」「プジョー」「シトロエン」「アルファロメオ」「ボルボ」などのディーラーオプション扱いとなっているドライブレコーダーで、どちらかと言うと通販向けのモデルではありません。

こちらは実機テストを行っていますが、フロントカメラの録画視野角はコムテックの「ZDR-015」よりも狭いですが、精細感は標準的なフルハイビジョンモデルよりもかなり高いので、ナンバー認識能力はこちらの方が上ではないかと考えられます。

駐車監視の録画方式については動体検知+衝撃検知となり、録画容量を圧迫せずに怪しい状況のみを記録する仕様となっています。

また、本体側からカットオフ電圧・タイマーなどの設定が可能で、乗車・降車時のキャンセルタイマーも搭載している点は「ZDR-015」と同様ですが、インターフェースがアイコン表示で分かり易く、タッチパネル操作が可能である点がセールスポイントかと思います。

また、音声案内もかなり充実している為、ドライブレコーダーの現在の録画状態も把握しやすくなっています。

 

問題は価格面で、フロントカメラ+リアカメラのセットになると諭吉先生が5人くらい飛ぶ事になります(笑)

過去に当て逃げの被害に遭ったり、新車購入の予定がある方におすすめのモデルかと思います。

■ スマートレコ「WHSR-510」のレビュー、評価

フルハイビジョン+フルハイビジョンモデル

駐車監視特化モデルのうち、前後ともにフルハイビジョンの解像度のモデルは韓国メーカーの3社のモデルとなります。

何故韓国メーカーにこのようなモデルが多いかと言う背景は韓国の駐車場事情にあります。

詳しくは各モデルのレビュー記事で説明していますのでそちらをご覧下さい。

THINKWARECOWONFineVu
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
F770
F750

AQ2 2CHセットモデル
CR-3000S
18.03発売16.12発売17.12発売17.08発売
参考価格 18.03.06
33,800円27,800円42,948円49,888円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
フロント:1920×1080/30fps
リア:1920×1080/30fps
リアカメラはOP扱い
BCFH-150A
フロント:1920×1080/30fps
リア:1920×1080/30fps
リアカメラはOP扱い
フロント:1920×1080/29fps
リア:1920×1080/29fps
リアカメラセット
フロント:1920×1080/30fps
リア:1920×1080/30fps
リアカメラセット
西日本LED非対応西日本LED信号対応西日本LED非対応
フロント録画視野角:水平113~114°(録画)
リア:不明
フロント:水平120°(録画)
リア:水平120°(録画)
フロント:水平107°(録画)
リア:水平99.8°
WDR記載はないがダイナミックレンジは広い
付属32GB付属16GB付属32GB×2枚
付属32GB
最大64GB最大128GB×2枚最大64GB
GPS内蔵GPS外付けOPGPS外付け付属
WiFi対応-
安全運転支援-安全運転支援
駐車監視モード
動体検知+衝撃検知orタイムラプス動体検知+衝撃検知動体検知+衝撃検知or
常時録画+衝撃検知
動体検知+衝撃検知
自動起動
専用ケーブル
通販モデルはOP扱い
PA8-3M
専用ケーブル
別売OP
専用ケーブル
付属
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。
THINKWARE「F770」「F750」

THINKWAREはドライブレコーダーの普及率が8割とも言われている韓国のシェアNo.1メーカーです。

おそらく…ですが、日本のメーカーの駐車監視特価モデルの仕様は韓国メーカーのものをかなり研究しているものと推察されます。(発売の時期からして)

過去に韓国メーカーのモデルを6モデル程使用してみて感じたのは、やはりTHINKWAREのモデルがシェアNo.1となっているのは当然かな?と言ったところです。

「F750」も「F770」も基本仕様は同じなのですが、ハードウェアの性能バランスとソフトウェアの使い易さ、デザインや動作の安定性など、万人受けする作りとなっており、他のメーカーはTHINKWAREの穴を狙って変化球で勝負していると言う印象を持っています。

「F750」と「F770」の違いは、デザインとスーパーナイトビジョン・タイムラプスモードの有無となっており、ソフトウェアなども含めてほぼ同様のモデルとなりますが、仕様外のmicroSDカードへの適合性は「F770」の方が高いです。

これらのモデルはCMOSセンサーにSONYのExmor IMX122を搭載しており(裏面照射型のSTARVIS対応ではないが、最近は流行りの廉価版IMX323よりもかなり高性能な気がする)、HDR補正を掛けている印象は受けないのですが逆光補正に強く、夜間が明るいのが特徴です。(HDRではない筈)

標準的なHDR補正モデルよりも白つぶれには強いですね。

録画視野角も水平で113~114°程度出ていますが、精細感も良好です。

また、両モデルともに液晶なしのWiFi対応モデルで、サイズ自体はそれほど小さいものではないですが、マウントが板状で高さがない為、フロントガラスのど真ん中に設置し易いと言うメリットもあります。

以下の画像では真ん中に設置していませんが、理想は真ん中です。

駐車監視の仕様についてはエンジンのオン・オフに連動する動体検知+衝撃検知で(F770のみタイムラプスも選択可能)、復帰時に動体検知・衝撃検知の件数の音声アナウンスがあります。

ただし、降車・乗車時のキャンセルタイマーはありませんので、ドアの開閉で毎回2回分の衝撃告知がアナウンスされます。(まぁ、3回以上の場合は異常発生と認識すれば良いかと)

スーパーナイトビジョンについては、2018年に発売された「F770」にのみ実装されており、駐車監視中は他のモデルに比べてかなり明るく映るようになっています。

従って、夜間も含めると2カメラタイプのモデルの中では、最も駐車監視時の証拠能力が高いと言えそうです。

■ 前後2カメラ SUPER NIGHT VISION対応 THINKWARE「F770」のレビュー、評価

■ THINKWARE F750のレビュー、評価

 COWON「AQ2」

COWONの「AQ2」はTHINKWAREが駐車監視の利便性や、操作の簡易性・分かり易さ、または価格を追求する方向性であるのに対して、完全に我が道を行っている異色のモデルです。(おそらく差別化の為の変化球かと思われますが)

前後に単体として使用できる水平録画視野角120°のモデルを設置し、連結ケーブルで接続する事でフロント側からWiFi通信でリアカメラの操作が可能です。

フロントリアともに単体ドラレコを設置し、通信ケーブルでつないで2カメラを管理するタイプなので夜間はともかく昼間の広範囲の状況を記録する事に関しては最も適した2カメラモデルではないかと思います。(夜間はTHINKWAREのモデルの方が明るい)

録画視野角の面から考えると現状では最大になりますが、設定項目が非常に多く仕様も複雑な部分がある為、ある程度ドライブレコーダーの知識がある方でないと取っつきにくいかも知れません。

ただ、録画視野角と記録容量、画質のトータルバランスが高いので性能重視で考えた場合にはなかなかおすすめのモデルです。

駐車監視についてはかなり仕様が複雑ですので以下の記事を参照して下さい。

■ COWON 前後2カメラドライブレコーダー「AQ2」のレビュー、評価

FineVu「CR-3000S」

「CR-3000S」は仕様的な部分はTHINKWAREのモデルに近いのですが、WiFiではなく大型液晶+タッチパネルの操作性を重視したモデルとなっています。

本体、液晶ともにかなり大き目で、GPSも外付けの物が付属しますのでデザイン的には「F770」とは全く逆の路線を走っていますが、スマホ持ちでない方で出来るだけ操作が簡単で楽なものを求めているユーザーにはこちらの方が良いかも知れません。

駐車監視についてはエンジンのオン・オフに連動する動体検知+衝撃検知で、復帰時の告知あり、キャンセルタイマーなしの仕様です。

録画視野角が他のモデルよりもやや狭いですが、操作性重視ならこちらのモデルも良いかと思います。

■ INBYTE Fine Vu「CR-3000S」のレビュー、評価

車内撮影用の2カメラモデル

こちらは状況証拠や当て逃げ目的の本筋からは外れますが、1台の筐体の前後にレンズを搭載したドライブレコーダーも存在します。

これらのモデルのメリットは取り付けが簡単で価格が抑えられる点ですが、状況によっては車外が白つぶれしてしまう為、どちらかと言うと趣味利用、もしくは2カメラ目はオマケ程度に考えた方が良いかと思います。

セルスタートランセンドVANTRUE
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
CSD-690FHR
DrivePro 520
Transcend デュアルレンズカメラ/GPS/WiFi 対応ドライブレコーダー 2.4インチ液晶 300万画素 Full HD 画質 DrivePro520 / TS32GDP520A-J
「N2」
17.11?発売15.11発売16.11発売
参考価格 18.03.06
28,173円25,690円14,990円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
フロント:1920×1080/30fps
リア:1280×720/30fps
フロント:1920×1080/30fps
リア:1280×720/30fps
フロントのみ:1920×1080/30fps
フロント+リア
1440×1080/30fps+1280×720/30fps
全国LED信号LED信号対応状況は未確認LED信号対応状況は未確認
フロント:水平116°
リア:水平97°
リア:対角130°(レンズ)
フロント:対角110°(レンズ)
フロント 水平100°程度
リア 対角140°、水平不明
HDRWDRHDR
付属16GB付属32GB付属カードなし
最大64GB最大128GB最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSレーダー探知機吸出しGPS内蔵GPSはOP
駐車監視モード
動体検知駐車監視モードなし動体検知orタイプラプス
手動起動-手動起動
専用ケーブル
GDO-10
最大12時間
-専用ケーブル
VANTRUE(UPGRADE)
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

■ セルスター2カメラドライブレコーダー「CSD-690FHR」

■ VANTRUE 前後2カメラドライブレコーダー「N2」のレビュー、評価

前後に別個のモデルを装着する手もある

上述した2カメラタイプは、フロントでリア分の映像の確認や設定の変更が可能ですので利便性は非常に高いと思われます。

ただし、前後に別々にドライブレコーダーを設置した場合の方が、トータルのコストは安くなりますし、特にフロント側は最近では視野角や精細感に特化したモデルも発売されているので、どちらがおすすめかは一概には言えません。

私は3台保有している車ともに、現状では前後別々のドライブレコーダーを設置しています。

■ リア用 後方におすすめのドライブレコーダー8選

タクシーや教習車など、業務用の車への装着を考える場合

このケースに関しては、個人車両とはかなり条件が異なります。

タクシーや教習者への2カメラタイプのドライブレコーダーの取り付け目的は、お客様とのトラブルや事件発生の抑止が主たるものだと思います。

この場合は、サブカメラをリアガラスではなくフロントカメラに車内向けに取り付ける事になりますが、個人車両と比較すると画質よりも録画時間を重要視される傾向が強いです。

仮に1日12時間の録画が必要であるとして、現状の一般的な1カメラタイプのドライブレコーダーでの64GBのmicroSDカードを使用した録画時間は、フルハイビジョンで8時間程度、「1280×720」のハイビジョン画質で14時間程度です。

1週間分の録画データを保存しておかなければならない状況であれば、ドライブレコーダー1台につき、1日1枚のmicroSDカードが必要になり、1カメラタイプのドライブレコーダーを車外・車内向けに設置するとなれば、64GBのmicroSDカードが14枚必要になってしまいます。

microSDカードは消耗品ですので、毎日長時間使用し続ければ一定期間で壊れてしまいます。

出来るだけ使用するmicroSDカードの枚数は減らしたいところです。

少ない容量で画質を極端に落とさず長時間録画する為に

2カメラタイプのドライブレコーダーの多くは、車外向けのメインカメラ・車内向けのサブカメラの解像度を落として録画時間を稼いでいます。

そもそも、車内撮影用のサブカメラに関しては数メートル離れたナンバーを読み取れるほどの精度は不要で、車内の様子や人物の人相、音声が保存出来れば良いのではないでしょうか?

出来れば車外用のカメラはフルハイビジョンの解像度の物を選びたい部分もありますが、この条件を実現する為には64GBのmicroSDカードが1日2枚以上必要になります。

現状の車内・社外の撮影を意図した2カメラタイプのドライブレコーダーの最高録画時間は以下の表の通りとなります。

メーカー特徴アサヒリサーチトランセンドセルスター
》》》工賃が安い「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店の探し方
機種TW-1

DrivePro 520
Transcend デュアルレンズカメラ/GPS/WiFi 対応ドライブレコーダー 2.4インチ液晶 300万画素 Full HD 画質 DrivePro520 / TS32GDP520A-J
CSD-390HD
セルスター(CELLSTAR) ツインカメラ 衝撃センサー搭載 日本国内生産3年保証モデル CSD-390HD
発売日15.1114.11
参考価格29,800円前後27,800円19,320円
解像度メイン:1280×720
サブ:720×480
メイン:1920×1080
サブ:1280×720
メイン:1280×720
サブ:720×480
サブカメラセパレート/一体型セパレート一体型一体型
赤外線
西日本LED
信号消失対応
--
フレーム
レート 
メイン:28fps/14fps
サブ:30fps/15fps
メイン:30fps
サブ:30fps
メイン:30fps
サブ:30fps
水平視野角メイン:90°
サブ:75°
水平不明
対角メイン:130°
対角サブ:110°
水平不明
対角メイン:130°
対角サブ:110°
付属microSD16GB32GB8GB
microSD最大対応64GB32GB
32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
録画タイプ常時/Gセンサー常時/Gセンサー常時/Gセンサー
GPS機能OPOP
駐車監視機能モーションセンサー
衝撃センサー
モーションセンサー-
内蔵バッテリーなし
専用ケーブル付属
バッテリー保護
タイマーあり
内蔵バッテリーなし
専用ケーブル付属
バッテリー保護
-
録画時間メイン:1920×1080/30fps
サブ:1280×720/30fps
-4時間40分(32GB)-
メイン:1280×720/30fps
サブ:1280×720/30fps
-5時間40分(32GB)-
メイン:1280×720/28fps
サブ:720×480/30fps
12時間~40時間30分(64GB)
圧縮率に3段階あり
--
メイン:1280×720/14fps
サブ:720×480/15fps
20時間~40時間30分(64GB)
圧縮率に3段階あり
--
メイン:1280×720/30fps
サブ:720×480/30fps
--9時間30分~17時間
メイン:720×480/30fps
サブ:720×480/30fps
--19時間~27時間
(32GB)
圧縮率に3段階あり
常時録画の
容量割当
80%70%70%

アサヒリサーチのTW-1についてはフレームレートやビットレート(圧縮率)の調整で40時間の録画が可能です。

 

 

 

 

 

緊急録画分として20%の容量が割り当てられていますので、実質的には32時間程度になりますが、64GBのmicroSDカード1枚に、3営業日分近くの録画データを保存する事が可能です。

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダー後方録画ステッカーのすすめ

■ リア用 後方におすすめのドライブレコーダー8選

■ バックカメラと兼用のドライブレコーダー4選

■ ドライブレコーダーおすすめモデルをまとめて紹介!!

■ ドライブレコーダー トップメニュー

■ カー用品の持ち込み取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう