「HDR701」2024年向けコムテックアッパーミドルクラスの2カメラドラレコ

こんにちは!ドライブレコーダー専門家でLaBoon!!編集長の鈴木朝臣です。

コムテックから2024年向けのコムテックアッパーミドルクラスの2カメラドラレコ「HDR701」が発表されています。

ここ1年位の各社のドラレコは性能向上よりも価格を重視した製品が増えている傾向が強く見られますが、HDRシリーズに関しても最上位モデルの「HDR801」のモデル更新を行わずに、スペックを下げて下位の提案を追加する形となっているようです。

「HDR701」のスペックと特徴

「HDR701」のスペックはこちらの表の通りです。

HDR701
24.02発売
フロント:1920×1080/28.1fps/HDR
リア:1920×1080/28.1fps/HDR
レンズ視野角
フロント:水平115°
リア:水平115°
LED信号対応
microSD付属32GB/最大128GB
フォーマット不要
GPS内蔵
駐車監視モード
衝撃録画/常時録画+衝撃録画/タイムラプス
自動起動
専用ケーブル
HDROP-14
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

最上位モデルの「HDR801」は、従来の製品とは全く異なるマクセルの技術を使った「Recolize」と言うドラレコ内部での補正ソフトウェアが最大の特徴で、これにより夜間の飛び抜けた明るさを実現していました。

また、水平130°台の超広角の視野もその最上位モデルらしい特徴の一つでした。

「HDR701」ではこれら2つの特徴が無くなり、コンパクトさを売りにした普通のドラレコになってしまったようです。

「HDR701」は録画動画が公開されていませんので、どの程度の画質なのか想像がつきませんが、似たようなスペックの製品であれば「ZDR017」が存在していますので、車内での差別化要素と言った部分でも微妙な製品であると言えそうです。

自動車メーカーの純正品のベースにでもするのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました