この記事は2015年3月に書いたものですが、新しい製品が発売されているので色々試しながら記事を更新しています。

車にイタズラされる事が増えてきた

最近職場の駐車場に車を停めて帰る事があるのですが、駐車場の敷地自体が一般道路と全く隔てられていない構造になっている為に夜間にイタズラをされる事が増えて来ました。

まあ、珍しい車なので目立つと言えば目立つのでが、色々めんどくせーからヤメテクレヨ!と言いたい訳であります。

スポンサーリンク

ボンネットと屋根にカラーコーンを載せられたエボⅩ

※写真を撮っていなかった為、小学生並みの加工画像です

2013-12-08 13.29.01

おいおい・・・俺のエボは「シャア専用エボ」じゃないんだぜw

第一ボディが赤じゃないだろ?

載せるならシルバーに塗装したコーンにすべきだ。

スポンサーリンク

それなら「シンマツナガ・専用エボ」で許してやる。

MG 1/100 MS-06R-1 シン・マツナガ専用ザクII Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)
MG 1/100 MS-06R-1 シン・マツナガ専用ザクII Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)

全身に醤油を掛けられたエボⅩ

これも写真を撮っていないのですが、会社に出勤したらエボ10が醤油まみれになっていたのでありました。

車に醤油掛けてどないするんじゃ?食うのか?

まぁ、確かにランエボⅩは鮫に似ているので魚系と言えなくもないのですが・・・。

p8

2015y03m20d_162306370

世の中には建設的ではない事に無駄に手間と時間を掛ける方々がいるものですなぁ。

そんな時間があるなら、もそっと人生を有効にする為に時間を掛ければ良いと思いますが、そんなことをここに書いても無駄ですな。

そもそもランエボⅩには無駄に前後にドライブレコーダーが装着されており、実は駐車中の撮影モードにも対応しているのでありました。

実は居住場所から職場まではWiFi電波が届く程度の距離の為(あまりにも近いので車置きっぱなしにしてただけです)、やろうと思えば「監視カメラbyドラレコ」という対策も可能なのですが、このところ色々と忙しく時間があまり取れない為、素直に車を居住場所に移動させることにした方が良さそうです。

あまりしょうもない人相手に時間も掛けたくないのですが、相手から災厄をもたらして来るというのであればそれに対する防衛は必要でしょう。

スポンサーリンク

最強の車のイタズラ対策を本気で考える

さて、この記事を書いてから一年半が経ってしまいました。

仕事も変わり、今は自宅に戻っているのですが、新たに車を購入した為、ランエボXは青空砂利駐車場に格下げになってしまいました。

自宅周辺は治安の悪いところではありませんので、以前のようにイタズラの心配はそれほど大きくはないのですが、乗り掛けた船ですし、良い機会なので今一度車のイタズラ対策について真面目に考えてみました。

ドライブレコーダーでの録画は抑止力にはならない

ある程度光源がある場所であれば、ナイトビジョン対応のドライブレコーダであれば、夜間のイタズラの様子を動画に収める事が可能です。

電産商事のDorarecotがそれに当たります。

しかしながら、光がほとんど無い場所では流石にナイトビジョン対応のドライブレコーダーでも真っ暗になります。

また、ドライブレコーダーでの録画は、イタズラをされてから相手を特定する為の事後対応にこそ効力を発揮しますが、イタズラの抑止という部分では相手がドライブレコーダーの存在に気が付かなければ、限りなく無力に近くなります。

パイオニアのサイバーナビ2016年モデルでは、ドライブレコーダー機能も搭載されており、更に車両に異常を感知した際にはユーザーにメールで異常を知らせる機能があります。

もちろん、専用の通信モジュールが必要にはなるのですが、トヨタの純正上級ナビにも同じような機能が搭載されていますし、やはり異常を検知したらメールでスマホに知らせてくれるような機能は、イタズラを途中で止める効果や、現場を押さえて犯人を特定出来る可能性を高めてくれます。

とは言え、去年ナビを買い替えたばかりですし、その為にサイバーナビを購入しようとは思いません。

また、サイバーナビの機能では夜間の暗いところでは真っ暗になってしいますし、監視という部分では期待値は今一つです。

やはり最強のイタズラ対策は赤外線IPカメラ

以前からこの選択肢が最強だという事は分かっていたのですが、1年半ごしで実行に移したという感じです。

この方法は、モバイルルーター、モバイルバッテリー、赤外線IPカメラ、モバイルバッテリーの4つを使用します。

2016-09-14-22-57-44

因みに、モバイルルーターと聞くとお金がかかるイメージですが、スマホの○○を××して、実質的にはルーター代と通信量込みで、月間ほぼ0円で使用する方法があります。(後で詳しく説明します)

このシステムでは、動体検知機能付きの赤外線IPカメラが異常を感知すると、スマホのアプリにお知らせが来る事になっています。(音声やバイブ、アイコンバッジなど)

アプリを起動してリアルタイムに動画を確認する事が可能ですので、異常を検知した際には車に何が起きているのかがすぐに分かります。

現場からそれほど離れていないところにいるのであれば、急行も可能ですし、スマホのマイクから音声を送信する事も出来ますので、現在進行形のイタズラを制止する事も可能です。

赤外線も強力ですので、夜間でも状況の把握が可能です。

※赤外線が強烈過ぎて、細かいフロントガラスの汚れが目立ってしまっていますが…。

2016-09-15-00-28-07

また、何よりも夜間にこのIPカメラを設置すると青いLEDと赤い赤外線、白のカメラ本体が物凄く目立ちますので、これを見てイタズラをするような人はいないのではないかと思います。

2016-09-14-23-03-30

写真では分かりにくいのですが、肉眼だと赤外線がかなり明るく見えます。

2016-09-14-23-03-51

これは最強のイタズラ対策と言っても良いのではないでしょうか?

イタズラ対策におすすめのセット

では今回使用したアイテムをIPカメラ、モバイルバッテリー、モバイルルーターの順に紹介します。

IPカメラ

IPカメラはPLANEXの「スマカメ 話せるナイトビジョン」ですが、このスマカメにはいくつか種類があり、ナイトビジョンの個人向けとしては最上位のモデルに当たります。

こちらは12Vで駆動します。

PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ 話せる ナイトビジョン) 暗視撮影・音声双方向対応 CS-QR22
PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ 話せる ナイトビジョン) 暗視撮影・音声双方向対応 CS-QR22

■ スマカメ メーカー参考ページ

この一つ下のモデルに「スマカメ ナイトビジョン」という、スマホから音声を送信出来ないモデルがあります。

PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ) 暗視撮影・マイク内蔵・スマホ/パソコン/テレビ対応 CS-QR20
PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ) 暗視撮影・マイク内蔵・スマホ/パソコン/テレビ対応 CS-QR20

純粋に車のイタズラ対策だけを考えるのであれば、こちらの方が割安ですのでおすすめです。

私の場合は他の事にも使用してみたかったので、スマホから音声を送れるタイプにしました。

また、こちらのモデルは電圧が5Vとなっていますので、こちらのケーブルを使用すればモバイルバッテリーからの給電が可能です。

■ USB→DC(外径5.5mm内径2.5mm)電源供給ケーブル

因みに上位モデルの「スマカメ 話せるナイトビジョン」の方は12Vの駆動電圧ですので、ノートパソコン用のモバイルバッテリーが必要となります。(各種コネクタはバッテリーに付属している事が多い)

モバイルバッテリー

「スマカメ ナイトビジョン」を使用する前提であれば、大容量で安価なモバイルバッテリーがあります。

EC Technology 22400mAh モバイルバッテリー
EC Technology 22400mAh モバイルバッテリー

「スマカメ ナイトビジョン」は規格上では5V1Aとなっていますが、実際には0.5A程度しか流れていないようですので、こちらのバッテリーならモバイルバッテリーの充電分と合わせても30時間程度は駆動させられそうです。

上位モデルの「スマカメ 話せるナイトビジョン」を選んだ場合には、12v出力が可能なモバイルバッテリーが必要になります。

大容量の物は駆動時間も長くなりますが、価格もかなり上がります。

MAXOAK モバイルバッテリー 超大容量50000 6ポート,ノートパソコン
MAXOAK モバイルバッテリー 超大容量50000 6ポート,ノートパソコン

30,000mAhクラスの物であれば、こちらが最もコストパフォーマンスが高いと思います。

モバイルバッテリー 大容量 30000mAh ノートPC対応
モバイルバッテリー 大容量 30000mAh ノートPC対応

モバイルルーター

モバイルルーターは各社値引きが激しく、定額制で3,000円程度、本体無料というのがスタンダードとなっています。

3日で3Gの制限はありますが、「スマカメ」シリーズはスマホで動画を見ている時だけ通信が発生する仕様ですので、それほど通信量は食いません。

3,000円の月額をほぼ0円にする方法と言うのは、現状契約しているスマホのプランの変更です。

スマホのプランは5GBが最も契約数が多いようですが、これを家族2台分2GBに落としました。

2016y09m15d_011601365

不足する分はモバイルルーターで補う事にします。

従って1620円×2=3240円のスマホ通信料が下がる事になります。

ドコモのプランも基本的にはソフトバンクと大差ありません。

2016y09m15d_012124542

auもほぼ同様の料金となっています。

2016y09m15d_012229456

auユーザーの場合には、Wimaxを選択すると、更にモバイルルーターの月額費用から最大1000円近く割引が受けられますので、モバイルルーター導入のハードルはかなり下がると思います。

■ モバイルルーターの選び方

この記事が気に入ったらいいね!しよう