VIOFO「A139 Pro」の駐車監視の使い方とおすすめ設定について解説

こんにちは!ドライブレコーダー専門家の鈴木朝臣です。

VIOFO「A139 Pro」はWiFi対応の4K 3CH対応モデルですが、駐車監視の使い勝手も良い事から、この製品での駐車監視を検討している方も多いと思います。

そこでこの記事では「A139 Pro」で駐車監視をされる方向けに、「A139 Pro」の駐車監視の仕組みと使い方について解説します。

「A139 Pro」の駐車監視モードの仕組み

一般的なドライブレコーダーの駐車監視モードは、コムテックの「ZDR035」のようにエンジンのON/OFFを電流の流れによって検知して、駐車監視モードへの出入りを行いますが、「A139 Pro」も専用の駐車監視用3芯ケーブルを使用する事で同様の動作を行います。

・アクセサリー信号がOFFになると、予め設定しておいた駐車監視モードに入る
・アクセサリー信号がONになると、常時録画モードに戻る

「A139 Pro」の駐車監視モードの録画方式は、次のエンジンのON/OFFに連動する自動切り替えの4つのモードからの選択式となります。

・動体検知+衝撃検知
・タイムラプス(1/3/5/10fps)+衝撃検知
・低ビットレートの常時録画+衝撃検知

なお、低ビットレートモードでは録画画質が落ちてしまいますのでおすすめしません。

また、動体検知については周囲の明るさなどの条件による不確実性が残ります。

従って駐車監視を行う際には原則として次のタイムラプスでの運用をおすすめします。

「A139 Pro」の駐車監視行う為に必要な手順

「A139 Pro」で駐車監視を行う場合には、こちらのOPのの駐車監視用3芯ケーブルが必要です。

Amazon | VIOFO A139 3カメラ用 ACC HK3 ドライブレコーダー用 駐車監視ケーブル USB電源直結コード 4m 低電圧保護 24時間駐車監視 12V/24V対応 | 車&バイク | 車&バイク
VIOFO A139 3カメラ用 ACC HK3 ドライブレコーダー用 駐車監視ケーブル USB電源直結コード 4m 低電圧保護 24時間駐車監視 12V/24V対応が車&バイクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

このケーブルの

・赤線を車の常時電源ヒューズ
・黄線をACCヒューズ
・黒線をボディアース

に接続する事で、「A139 Pro」に常時電力が供給され、駐車監視モードの設定で「オフ」以外のメニューを選択しておくと、エンジンOFFに連動して選択したモードに切り替わります。

VANTRUEからタイマ―機能付きの降圧ケーブル発売
...

駐車監視用3芯ケーブルの取り付け方法

このケーブルはの3色のケーブルに分岐していますが、

これをこちらのようなヒューズ電源取り出しケーブルなどを使ってヒューズボックス内のヒューズに接続します。

created by Rinker
エーモン(amon)
¥545 (2023/02/07 16:47:05時点 Amazon調べ-詳細)
・赤:BATT、常時電源系統のヒューズ
・黄色:ACC(アクセサリー)系統のヒューズ
・黒:GND、ボディアース(車体の金属剥きだし部分に固定されているボルト)

※一般的なドラレコの駐車監視用ケーブルとは、赤と黄色の役割が逆です。

※ヒューズから電源を取る場合には、車によって異なるヒューズ電源ケーブルが必要になりますが、詳細に関しては以下記事にて解説しています。

ドライブレコーダーの駐車監視の配線方法について解説
...

このケーブルを使った上で駐車監視の設定をONにしておくと、エンジンのON/OFFに連動して自動で駐車監視に入り、常時録画モードに戻ります。

駐車監視の設定項目

「A139 Pro」の駐車監視には、録画モードの選択以外にも、いくつかの設定項目があります。

・衝撃検知の感度(3段階)
・動体検知の感度(3段階)
・駐車監視のタイマー(0.5/1/2/3/4/6/8/12/24/48時間/常時)
・降車キャンセルタイマー(90秒/OFF)
・カットオフ電圧(ケーブルのスイッチで設定、11.8/12.0/12.2/12.4V)
・衝撃検知の感度(3段階)

駐車監視中の衝撃感度を最高に設定した状態では、ドアの開閉で衝撃を検知したりしなかったり、という結果でしたが、初めは最高感度に設定し、検知し過ぎるようであれば徐々に感度を落としましょう。

・動体検知の感度(3段階)

動体検知の感度も最高が推奨ですが、検知し過ぎるようであれば徐々に感度を落としましょう。

・駐車監視のタイマー(0.5/1/2/3/4/6/8/12/24/48時間/常時)

こちらは駐車監視のタイマー設定です。必要な場所では常時ONが理想ですが、ドラレコの駐車監視は確実にバッテリーを傷めますので、バッテリー保護を優先する場合にはタイマー設定を活用して下さい。

・降車キャンセルタイマー(90秒)

降車の際のドアの開閉を検知させないようにするタイマーです。

好みでアクティブにして下さい。

・カットオフ電圧(11.8/12.0/12.2/12.4V)

車のバッテリーの充電量が減った事で電圧が下がった時に、バッテリー保護の為に強制的に電源をOFFにする機能です。

こちらはケーブルのディップスイッチからで設定します。

通常の場合には11.6V設定でもそうそうバッテリーが上がる事はないですが、車種や環境次第では11.6Vのカットオフ電圧でバッテリーが上がったとの報告もぼちぼちあります。

バッテリーの寿命が気になる方は、12.4Vに設定した方が良いでしょう。

高い電圧でカットオフすると駐車監視時間が短くなるというデメリットもありますので、バッテリーを傷めずに長時間の駐車監視をしたい方は、ドラレコ駐車監視専用の外部バッテリーを検討すると良いでしょう。

2年保証のドラレコ駐車監視用バッテリー iCELL「B6A/B12A」
...

タイムラプスモードによる駐車監視の運用手順

タイムラプスモードによる駐車監視を行う場合には、駐車監視の設定からタイムラプス、1fps/5fps/10fpsのフレームレートを選択します。(タイムラプス中にも衝撃検知録画を行います)

※おすすめは5fpsになります。

タイムラプスモードで録画を行う場合には、1fpsは1秒に1コマ撮影、5fpsは5コマ撮影したものを、1秒30コマの30fpsの動画として保存します。

従って動画再生時には1fpsは30倍速、5fpsは6倍速の映像として再生されます。

駐車監視をせず、ドラレコを強制シャットダウンさせる場合の操作

駐車監視の設定をONにしてある場合には、外出先などでエンジンをOFFにすると自動で駐車監視モードに入りますので便利ですが、自宅駐車場で駐車監視をしない場合にはエンジンをOFFにする前後に電源ボタンを長押しする事で、駐車監視をキャンセルしてドラレコをシャットダウンする事が出来ます。

このボタンを押し忘れると自宅駐車場でも延々と駐車監視を行い、無駄にバッテリーを傷める事になります。

その都度電源ボタンでの操作が面倒だ、という方には、こちらの「iZONE」との併用がおすすめです。

「iZONE」に自宅などの駐車監視が必要ない場所を登録しておくと、「A139 Pro」の駐車監視の設定がONであっても、その場所ではエンジンをOFFにすると自動的に電源が落ちるようになります。

GPSで自動で駐車監視のON/OFF LaBoon!!企画のガジェット「iZONE」
...

各モードでのmicroSDカードへの保存データサイズ

microSDカードは最大で256GBまでがサポートされていますが、手持ちのこちらの512GBカードでは1時間以上の録画と再生に異常は見られませんでした。

※データサイズが4K相当なので4K対応のU3規格でないとエラーが出る可能性があります

※おすすめは5fps、録画データサイズは6分当たり180MB、1時間当たり1.8GB程度となります。

駐車監視の消費電力

「A139 Pro」のタイムラプスモードの消費電力の計測結果はこちらの通りでした。(3CH録画時)

・5fpsタイムラプス(3CH録画時):6.4W

外部電源を使用した駐車監視

上述の消費電力から、ドラレコ専用の急速充電バッテリー「iCELL」ではこちらのような駆動時間の予測となります。(タイムラプスモードの6.4Wでシミュレーション)

iCELLB6AB12AB40A
容量76Wh153Wh422Wh
駆動時間10.6時間21.2時間59時間
満充電50分100分150分

ikeep「iCELL B6A/B12A」

ikeep「iCELL B40A」

iCELLと「A139 Pro」との取り付け方法は本来はこちらの3芯ケーブルパターンが該当します。

 

※駐車監視用のケーブルは一般的なものと赤・黄の配列が逆ですので注意して下さい。

・赤:BATT、常時電源
・黄色:ACC(アクセサリー)
・黒:GND、ボディアース

iZONEとの接続方法

「iZONE」との接続の際には以下のように指定の駐車監視用ケーブルを使用します。(外部電源なしの場合)

GPSで自動で駐車監視のON/OFF LaBoon!!企画のガジェット「iZONE」
...

「iCELL」、「iZONE」との組合せ

「iCELL」、「iZONE」との組み合わせの場合には、こちらの図の通りとなります。

まとめ

以上、「A139 Pro」の駐車監視モードの使い方、取り付け・設定方法について解説しました。

「A139 Pro」のレビュー本編についてはこちらの記事をご参照下さい。

実機レビューVIOFO「A139 Pro」の評価 STARVIS 2搭載!業界初の4K 3CHドライブレコーダー
...

コメント

  1. Q50S より:

    春節の影響もあるのかamazonでProの発売が2月のようで悩んでおりますが、画質のレビュー大変参考になりました。
    そのレビューで駐車監視向けとのコメントがあり、A139が消費電力が大きかったことから消費電力を懸念しておりましたが改善されているのですね。

    どちらかというと、SDカードの容量を大きくする必要があるといった感じでしょうか。
    Viofoは詳しくないのですが、常時録画と駐車監視の保存容量は上限がそれぞれ決められているのでしょうか?
    それとも共用でロックしていない古いものから上書きしょうか?

    よろしくお願いいたします。
    Vanture E3やM3も良さそうなのですがこうした新しいものにどうしても関心がいってしまいます(笑)

    • ドライブレコーダー専門家 LaBoon!!編集長 鈴木朝臣 ドライブレコーダー専門家 LaBoon!!編集長 鈴木朝臣 より:

      Q50S様
      5fpsのタイムラプスモードの消費電力は6.4Wとドラレコ全体としては高めですが、A139と比べると20%程度省電力となっています。
      一方でVANTRUEの3カメラは4W程度と、かなり省電力性に優れています。
      4K/3CHは、他社からの展開は難しいですし、ナンバー認識精度の面ではA139 Proに絶対的な優位性があります。

      ※おすすめは5fps、録画データサイズは6分当たり180MB、1時間当たり1.8GB程度となります。

      >ロックしていない古いものから上書きしょうか?
      未確認ですが、おそらくロック動画はロック動画でしか上書きされない、またはロック動画は上書されずに、常時録画の領域が減っていく、のどちらかだと思います。
      駐車監視するなら、256GBのカードが推奨です。

タイトルとURLをコピーしました