ドライブレコーダーの駐車監視用サブバッテリーのまとめ

こんにちは!Omiです。

このところドライブレコーダーの駐車用バッテリーで新しいものがいくつか出て来ていますが、この記事では2021年の最新情勢を踏まえておすすめのドラレコの駐車監視用バッテリーをいくつかご紹介します。

なお、人によってはそれ以前にそもそも駐車監視用のバッテリーが必要なのかどうか?と言う問題もあるかと思いますので、そのような疑問をお持ちの方はこちらの記事をご参照下さい。

 

ドラレコ駐車監視用バッテリーのタイプ

ドラレコの駐車監視用のバッテリーには

①内蔵電池の種類や容量、最大出力に依存する性能面
②入力・出力端子の形状などの機能面

の違いによっていくつかのタイプが存在します。

②の「入力・出力端子の形状などの機能面」については、製品によっては自社ドラレコの専用品の扱いであったり…など汎用性が低いものもあるのですが、配線の取り回しを工夫する事で他社ドラレコにも使えますので、まずは工夫しても変更する事が出来ない性能面について解説します。

性能を見分けるポイントは容量と充電速度

まずは自分の駐車監視の運用方法を考慮した上で、必要な性能を見極めましょう。

これを見誤るとオーバースペックな製品に無駄金を使うであるとか、考えていた目的が達成不能と言う残念な結果になる可能性があります。

容量=駐車監視の継続時間

駐車監視用のバッテリーを選ぶ際に一番最初に考えておきたいのが、駐車監視を最大でどれくらいの時間継続したいのか?と言うポイントです。

これによって選ぶべき製品が大きく変わってくるのですが、一般的な2カメラドライブレコーダーの駐車監視の消費電力は4.5W程度である事を理解しておきましょう。

ドライブレコーダーの消費電力についてのまとめ
...

駐車監視のバッテリーでこの4.5Wのドラレコを何時間駆動させる事が出来るのかは、バッテリーの容量(電力量)を表す「Wh」の数値を見れば分かります。

Whとは1時間当たりの電力量を表す単位で、4.5Wのドラレコを1時間駆動させた時の電力量は4.5Whです。

・W(ワット)=瞬間的なパワーの大きさ
・h(アワー)=1時間
・Wh(ワットアワー)=パワーを1時間継続して使った時のエネルギーの量

例えば、45Whの容量のバッテリーであれば、

・45Wh÷4.5W=10h

と言った式になるので、4.5Wのドラレコを10時間駆動させる事が出来ます。

WとWh、バッテリーの容量の関係がお分かり頂けましたでしょうか?

次に各社の駐車監視用のバッテリーの容量と、4.5Wの2カメラドラレコの駆動時間についてまとめたのが以下の表です。

メーカー型番容量4.5Whドラレコ
駆動時間
MEDIKUPS30028.8Wh6.4時間
UPS40028.8Wh6.4時間
UPS500115.2Wh25.6時間
ユピテルOP-MB400048Wh10.7時間
ikeepEN600076.5Wh17時間
B6A76.5Wh17時間
EN12000153Wh34時間
B12A153Wh34時間
B40A380Wh84.4時間

一度の駐車監視が6時間程度までであれば、一番容量が小さい「UPS300」「UPS400」で足りますが、それを超える時間の場合には目標に合わせて更に大きい容量の製品を選ぶ必要があります。

ただし、それだけではバッテリーは選べません。次の充電速度も考慮しましょう。

充電速度も重要

それぞれのバッテリーは走行中にカーバッテリー、または車のオルタネーター(発電機)からの電力で充電されますが、製品によって充電速度が大きく異なります。

具体的にはこちらの通りです。

型番容量4.5Whドラレコ
駆動時間
充電時間
UPS30028.8Wh6.4時間180分
UPS40028.8Wh6.4時間180分
UPS500115.2Wh25.6時間240分
OP-MB400048Wh10.7時間180分
EN600076.5Wh17時間50分
B6A76.5Wh17時間50分
EN12000153Wh34時間100分
B12A153Wh34時間100分
B40A380Wh84.4時間150分

この表だけだと何が良いたいのか良く分からないと思いますので、「1時間の充電で、4.5Wのドラレコが何時間駆動するか」をまとめたのが以下の表となります。

型番充電量/1時間充電1時間/4.5Whドラレコ駆動時間
UPS3009.6Wh2.1時間
UPS4009.6Wh2.1時間
UPS50028.8Wh6.4時間
OP-MB400016.0Wh3.6時間
EN600091.8Wh20.4時間
B6A91.8Wh20.4時間
EN1200091.8Wh20.4時間
B12A91.8Wh20.4時間
B40A152.0Wh33.8時間

一度の駐車監視が6時間程度であり、かつ次の駐車監視までそこそこ走る場合には「UPS300」「UPS400」で問題ないですが、駐車監視が長い上に走行時間が短い場合にはMYGHTYCELLやiCELLを選ぶ必要が出てきます。

最大出力について

2カメラドライブレコーダーの電力は概ね4~5W程度が標準的ですが、起動時などの高負荷時には通常時の2~2.5倍程度の電力を消費する事があります。

また、最近一般に普及しているスマートミラー型のドラレコも消費電力が大きくなりがちです。

従って最大出力の小さいバッテリーでは再起動を繰り返すなどの不具合が出る事もありますので、2カメラ以上のドラレコの場合には最大出力にも注目したいところです。

型番容量最大出力
UPS30028.8Wh12V/1A/12W
UPS40028.8Wh
UPS500115.2Wh
OP-MB400048Wh
EN600076.5Wh12V/3A/36W
B6A76.5Wh12V/2A/24W
EN12000153Wh12V/3A/36W
B12A153Wh12V/2A/24W
B40A380Wh12V/2A/24W

ユピテルのバッテリーは他社製品での使用はサポート外、MEDIKの「UPS300/400/500」は汎用品ですが、最大出力が12Wと低くLaBoon!!では各ドラレコとの適合を担保する訳ではありませんので、適合に関しては直接メーカーに問い合わせて下さい。

なお、24W~36Wと出力に余裕があるMIGHTYCELL、iCELLについては全てのドラレコで安定動作が可能です。(LaBoon!!も卸に入っている関係で積極的にサポートに介入していますが、適合機種は今のところ皆無ですし、仮に適合不可のケースが有った場合にはユーザー目線でしっかりサポートします)

それぞれのバッテリーでのカバー範囲

では、次に4.5Wの2カメラドラレコで駐車監視をする際に、それぞれのバッテリーでどのような運用が出来るのか?について個別に解説します。

「UPS300」「UPS400」

「UPS300」「UPS400」では、4.5Wのドラレコで駐車監視をした場合、駐車監視時間ごとの必要な走行時間は以下の通りとなり、これに満たない場合にはバッテリーが足りなくなります。

4.5Whドラレコ消費電力充電速度必要走行時間
1時間4.5Wh9.6Wh0.5h
2時間9Wh0.9h
3時間13.5Wh1.4h
4時間18Wh1.9h
5時間22.5Wh2.3h
6時間27Wh2.8h

これで充分足りる、と言う方はこちらの記事をどうぞ。

実機レビュー 「UPS300」の評価!
...
2カメラドラレコが24時間駆動可能な、ドラレコ駐車監視用バッテリーMEDIK「UPS400」「UPS500」の実機レビュー
...

「UPS500」

「UPS500」ではこちらの通りです。

4.5Whドラレコ消費電力充電速度必要走行時間
6時間27Wh28.8Wh0.9h
12時間54Wh1.9h
24時間108Wh3.8h

「UPS500」では最大24時間の駐車監視が可能ですが、その分の充電には3.8時間掛かります。

12時間ではその半分の1.9時間ですが、それくらいの走行時間は確保出来る、と言う方はこちらの記事をどうぞ。

2カメラドラレコが24時間駆動可能な、ドラレコ駐車監視用バッテリーMEDIK「UPS400」「UPS500」の実機レビュー
...

「OP-MB4000」

ユピテルのOP-MB4000は性能と価格のバランスから考えるとコスパが悪く、ユピテル専用品の様な立ち位置です。

4.5Whドラレコ消費電力充電速度必要走行時間
6時間27Wh16Wh1.7h
10時間45Wh2.8h

容量の割に充電速度が遅いので、日々の走行時間がそこそこ長い方向けの特性と言えます。

ユピテル マルチバッテリー「OP-MB4000」の取り付け、使い方
...

「EN6000」「B6A」

iKeepの「EN6000」「B6A」は全く同じ容量、同じ充電速度で保証期間の長さで差別化されている製品です。

これらの製品の最大のセールスポイントは1時間当たり91.8Whの急速充電ですので、ここまでの製品と比べると驚異的な充電速度を誇っています。

4.5Whドラレコ消費電力充電速度必要走行時間
6時間27Wh91.8Wh0.3h
12時間45Wh0.6h
17時間76.5Wh0.8h

駐車監視時間がそこそこ長い上に走行時間が短い方は、このグレード以上の製品を検討すると良いでしょう。

なお、「EN12000」「B12A」はそれぞれ「EN6000」「B6A」の容量2倍になったもので、充電速度は変わりません。

ドラレコ駐車監視用 急速充電バッテリー ikeep MIGHTYCELL「EN6000」「EN12000」
...
2年保証のドラレコ駐車監視用バッテリー iCELL「B6A/B12A」登場
...

「B40A」

iKeepのiCELL「B40A」は現状販売されているドラレコの駐車監視用バッテリーとしては最大容量、最速の充電速度を誇ります。

4.5Whドラレコ消費電力充電速度必要走行時間
6時間27Wh152Wh0.2h
12時間54Wh0.4h
24時間108Wh0.7h
36時間162Wh1.1h
48時間216Wh1.4h
60時間270Wh1.8h
72時間324Wh2.1h
84時間378Wh2.5h

一方で価格もそれなりにゴージャスですので、何日も連続で駐車監視をしなければならない、と言う止むを得ない事情を抱えている方向けの製品と言えるでしょう。

さらに最大・最速充電のドラレコ駐車監視バッテリー ikeep「iCELL」
...

まとめ

以上、ドライブレコーダーの駐車用バッテリーを選ぶ上でのポイントと条件に合わせたおすすめモデルをご紹介しました。

バッテリーの性能も重要ですが、ドラレコの消費電力を落とす事で条件が緩和されますので合わせてドラレコの省電力化も検討してみて下さい。(省電力のドラレコを選ぼうって事)

ドライブレコーダーの消費電力についてのまとめ
...

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

コメント

タイトルとURLをコピーしました