コムテックから2018年ドライブレコーダー第一弾「HDR-751G」が発表されています。

発売日については未確認ですが、2月末~3月上旬になるでしょうか?

スポンサーリンク

 

これまでのコムテックのドライブレコーダーはレーダー探知機連動の軽量モデル「ZDR-013」を除いて、機能・性能重視でデザインやサイズは朴訥で大き目の物が多かったのですが「HDR-751G」についてはコンパクト化がはかられ、レンズがフロントガラスに近づく構造の為に映り込みも軽減されそうなスタイルとなっています。

2018年は年始以降、ハイエンドモデルとしてはユピテルの「SN-SV70c」が発表されていますが(発売が3月9日頃にずれ込むようです)、このクラスのドライブレコーダーを検討している方の中にはコムテックの新モデルの発表を待ってから考えるつもりの方も多いかと思います。

2月~3月にかけてはLaBoon!!でもケンウッド「DRV-830」、ユピテル「SN-SV70c」、コムテック「HDR-751G」の実機比較レビューを実施する予定ですので、迷っている方は今しばらくお待ち下さい。

■ ユピテル 水平141° WiFi対応コンパクトドラレコ「SN-SV70c」発表

■ ケンウッド 水平視野角132°の超広角ドライブレコーダー「DRV-830」発表

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「HDR-751G」のスペック

「HDR-751G」のスペックは以下の表の通りです。仕様上は2017年モデルの「HDR-351」系とほぼ同様ですが、ハイエンドモデルの比較対象として「HDR-352GH」を合わせて掲載しています。

コムテック
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
HDR-751G

HDR-352GH

18.02?発売17.01発売
参考価格 18.02.14
25,897円22,670円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080
全国LED信号
29fps
水平130~132°?水平130~132°
HDR/WDR
付属16GB付属8GB
最大32GB最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃センサー
自動起動
専用ケーブル
HDROP-014
専用ケーブル
HDROP-05
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「HDR-751G」の特徴

仕様表に出ているスペックでは「HDR-352GH」との違いが良く分からないのですが、メーカー公式ページの表記を見るとオービス警報が新規に追加されています。(データ更新はしないそう)

因みに昨年末にオートバックスで先行発売されている「HDR-75GA」は、オービス警報の代わりに逆走防止警報が搭載されているようです。(レーダー探知機でのコムテックの測位の精度はあまりよろしくないので、精度が気になるところです)

■ レーダー探知機のメーカーごとの運用面などの違いについて

 

まあ、オービス警報に関しては他のメーカーも実装していますし、現状はスマホの無料レーダー探知機アプリやヤフーカーナビなどにもこれらの機能がありますので、あくまでもオマケ程度と考えた方が良さそうです。

■ オービス対応のドライブレコーダー

■ おすすめの無料レーダー探知機アプリ

■ カーナビアプリはどこまで便利に使えるのか?

固定のオービスだけではなくネズミ捕りなどの取締りポイントや、外付けでも構わないのでレーダー波の受信アンテナなどを装着できる仕様のドライブレコーダーが発売されれればコムテックは「神」だと思います。(笑)

駐車監視の仕様はどうなった?

2017年モデルの「HDR-351系」は、ハイエンドモデルのカテゴリーではNo.1の人気を誇っていましたが、ユーザーの不満がなかった訳ではありません。

私自身も発売当初から、駐車監視の利便性が下位モデルである筈の「ZDR-014」に劣る点がマイナスポイントだと感じていました。

スポンサーリンク

「ZDR-014」はタイマーやカットオフ電圧の設定が、ドライブレコーダー本体のメニューから操作可能であったのに対して、「HDR-351系」は分かりにくいディップスイッチからの操作でした。

「HDR-751G」については、専用ケーブルはドラレコ側の端子形状が異なるものの、運用面では全て本体側からの設定が可能となっており、「ZDR-014」に準ずる仕様となっています。

録画仕様は常時録画+衝撃録画、もしくはタムラプスとなっていますので、「ZDR-014」とほぼ同様かと思います。

画質が「HDR-351系」と同等ならかなり良いと思いますが

「HDR-351系」のおすすめポイントは①ダントツの視野角の広さ、②夜間も明るい強烈なHDR補正、③それなりの駐車監視の利便性の3点でしたが、既に発表されているユピテル「SN-SV70c」、は水平録画視野角141°でSTARVISによる夜間録画に対応しています。

また、コンパクトであるという点においても「SN-SV70c」は同等以上ですし、WiFi通信にも対応しています。

ただし、一方で「SN-SV70c」には「駐車監視モード」が存在せず、駐車中も走行中と同様に常時録画を行い、衝撃検知の感度も別途の調整は不可となっています。(駐車中の衝撃録画の告知もない)

従って今の段階では駐車監視重視なら「HDR-751G」、走行中の広範囲の証拠能力重視なら「SN-SV70c」を選ぶべきではないかと思いますね。

だだ、気になる点が一つあって、「HDR-751G」の画質が「HDR-351系」と同等以上であるという確信が今のところありません。

と言うのはコムテック公式のプロモーションビデオで、兄弟機である「HDR-75GA」の夜間の走行動画が紹介されていないからです。

 

ユーザーとして一番勘弁して欲しいのは更に上位のモデルとして「HDR-451系」を3月に発表する…と言う後出し作戦です。

昨年のレーダー探知機「ZERO 704V」の件もありますし、これをやられたら「コムテックの製品は年始には買ってはいけない」と言いたくなりますね。

何れにせよ、3月中旬までには実機の比較が出来るかと思いますので、このグレードのドライブレコーダーの購入は各社の新モデルがで揃う3月まで待った方が良いかも知れませんね。

(編集長 Omi)

この記事が気に入ったらいいね!しよう