※2020年5月19日更新~2020年の情勢に合わせて内容を見直しました。

こんにちは!Omiです。

このところコムテックのドライブレコーダーが人気の為か、駐車監視の仕様に関わる部分でのご質問が増えてまいりました。

コムテックの駐車監視の仕様は、モデル別に使用するケーブルが異なり、操作方法・機能面でも若干異なります。

ドライブレコーダーを使い慣れた私でもかなり分かりにくく辟易していますので、これからドライブレコーダーを購入される方にとっては更に分かりにくく感じるかと思います。(いつの間にか仕様変更しているものもありますし)

そこでこのページでは現行モデルのコムテックドライブレコーダーの駐車監視の仕様についてご説明します。

使用する常時電源ケーブルの違いと録画方式

コムテックのドライブレコーダーは使用するハードウェア、ソフトウェアともにモデルよって細かい部分が異なり、最凶のユーザー泣かせの分かりにくさであると感じています。

細かい仕様の違いは後ほど説明するとして、モデルごとに異なるポイントを列記します。

常時電源ケーブルの違い

2016~2020年モデルのコムテックのドライブレコーダーで駐車監視を行う為には、以下の3種類の常時電源ケーブルのうちの一つが必要となり、それぞれプラグの形状が異なる為に互換性はありません。

それぞれの対応モデル、端子形状、機能面が異なり、ざっくり表にまとめると以下の通りになります。

 HDROP-05HDROP-09HDROP-14
対応ドラレコZDR-012
HDR-351/2系
ZDR-013
ZDR-014
ZDR-015
ZDR-022
ZDR-024
ZDR025
ZDR026
HDR-951GW
HDR963GW
HDR360G
HDR360GW
HDR103/203G
HDR-751G
HDR752G
HDR852G
タイマー等の設定ディップスイッチドラレコ側のメニュー
衝撃センサーケーブルに搭載ドラレコ側のセンサー依存
端子形状DCプラグ3PINカプラー

録画方式と設定感度の違い

駐車監視モードの録画方式については、「常時録画+衝撃録画」がベースとなりますが、細かい部分はモデルによって異なります。

 録画方式Gセンサー感度タイマー設定方法駐車監視モード
ZDR-012走行時のままで常時録画+衝撃録画走行時のままで0.1G~1.0Gディップスイッチ無し
HDR-351/352系常時録画+衝撃録画専用に低・中・高有り
ZDR-013衝撃録画/常時録画+衝撃録画/タイムラプスドラレコメニュー
ZDR-014専用に0.03G~0.15G
ZDR-015
ZDR025衝撃クイック録画/常時録画+衝撃録画/タイムラプス
ZDR026
ZDR-022/024専用に低・中・高
HDR-751G
HDR752G
常時録画+衝撃録画/タイムラプス
HDR103/203G衝撃録画/常時録画+衝撃録画/タイムラプス
HDR852G
HDR-951GW
HDR963GW
HDR360G5fpsの常時録画+衝撃録画
HDR360GW

キャンセルタイマーの設定

コムテックのドライブレコーダーには乗車・降車時の衝撃イベント録画をキャンセルするタイマーがあり、製品により設定できる時間が異なります。

 復帰時イベント告知降車時キャンセル乗車時キャンセル
ZDR-015あり1分/3分1分/3分
ZDR025あり1分/3分1分/3分
ZDR026あり1分/3分1分/3分
HDR-951GWあり1分/2分1分
HDR963GWあり1分/3分1分/3分
ZDR-012-2分-
ZDR-013あり1分/3分1分/3分
ZDR-014あり1分/3分1分/3分
ZDR-022/024あり1分/3分1分/3分
HDR103/203Gあり1分/3分1分/3分
HDR-351/352系-2分-
HDR-751Gあり1分/2分1分/2分
HDR752Gあり1分/3分1分/3分
HDR852Gあり1分/3分1分/3分
HDR360G---
HDR360GW---

衝撃録画と衝撃クイック録画の違い

現行モデルでは①衝撃録画、②常時録画を+衝撃録画、③タイムラプスの3つから選択できるモデルと、①の衝撃録画が「衝撃クイック録画」に変更されているモデルがあります。

この「衝撃クイック録画」は、比較的新しい「ZDR022/025/026」の3機種に実装されている機能ですが、衝撃録画との違いは以下の通りとなります。

 衝撃録画衝撃クイック録画
micrroSDに録画開始衝撃の15秒以上前衝撃の数秒後
録画時の消費電力
待機時の消費電力極小
待機時の動作内部メモリに常時書き込みGセンサーのみがアクティブ

「衝撃録画」の場合

駐車監視モードの「衝撃録画」の設定では、microSDカードへの録画は行わないものの常に内部のメモリーに一時データを展開していますので走行時の録画モードと大して変わらない電力を消費します。

ただし、このモードでは常に内部のメモリーに一時データを展開してる事の恩恵で、衝撃の15秒以上前の録画データを内部メモリーから取り出してmicroSDに書き込む事が出来ますので、当て逃げの際の前後の録画データを保存する事が可能です。

「常時録画」+「衝撃録画」を選択した場合には、駐車監視中に合わせて「常時録画」も行います。

「衝撃クイック録画」の場合

「衝撃クイック録画」は駐車監視中の電力消費を抑える為に「ZDR022/025/026」の3つの製品に実装されている機能です。

通常の「衝撃録画」とは異なり、待機中はGセンサー以外の部分をスリープ状態にしておき、Gセンサーが衝撃を検知した際にスリープを解除し、録画を行います。

衝撃から録画開始までの時間は2~3秒程と短めになっていますが、衝撃前の様子が映らないのが弱点です。

コムテックの駐車監視の仕様のまとめ

コムテックのモデルごとの駐車監視の仕様の違いについて解説しました。

コムテックのドライブレコーダーは他社に比べると消費電力が大きい為、バッテリーへの負荷が気になるところですので、場合によっては「衝撃クイック録画」を上手く活用するか、またはドラレコ用外部電源などを使用する事で安心して長時間の監視が実施できるようになります。

ドラレコ駐車監視用 急速充電バッテリー ikeep MIGHTYCELL「EN6000」「EN12000」

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!