データシステムから「2304×1296」「2560×1080」の高解像度ドライブレコーダー「DVR3000」が9月末に発売されています。

データシステムと言えばどちらかと言うとテレビキットやセキュリティ関連など、カーアクセサリーの中でもニッチなカテゴリーの製品の取り扱いが多いというイメージですが、バックカメランなどの特定の分野では他社には見られないような興味深い機能を持った製品があり、私は最近注目しています。

スポンサーリンク

■ バックカメラの選び方 おすすめ18選

ドライブレコーダー関連に関しては、本体は今回が初めてのモデルになるようですが、周辺機器としては以前からドップラーセンサーによりドライブレコーダーの駐車監視中の電源のオンオフを管理するセンサースイッチコントローラーなどを販売しています。

データシステム ( Data System ) センサースイッチコントローラー SWC295II
データシステム(Data System)
売り上げランキング: 57,918

センサーで動体を検知してからのドライブレコーダー通電の為、起動時間が短いコムテックの「ZDR-012」「ZDR-014」などと組み合わせて使用すると有効なアイテムですが、「DVR3000」の起動時間がどれくらいなのかは今のところ不明です。

データシステムさんは東京モーターショーにも出展するみたいなので、軽く取材してみよかなーと考えています。

「DVR3000」のスペック

「DVR3000」のスペックは以下の通りです。

スポンサーリンク
データシステム
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
DVR3000
17.10発売
参考価格 17.10.23
19,244円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
2304×1296/27.5fps
2560×1080/27.5fps
1920×1080/30fps
全国LED信号対応(27.5fpsのみ)
水平125°(レンズ)
HDR(1920×1080/30fpsのみ)
付属16GB
最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
駐車監視モード
別売センサースイッチ必要
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「DVR3000」の大雑把な特徴は解像度の高さ、特に「2560×1080」に対応している点かと思います。

最近は「2560×1440」のモデルがかなり増えてきていますが、3.0型の大型液晶タイプですので運転席の上部に設置したい人向けですね。(ミラー裏に隠さない)

コンパクトなユピテルの「DRY-ST7000c」やTA-Creativeの「TA-010c」とは微妙にターゲット層が異なり、ガチで競合しそうなのは液晶大きめのケンウッド「DRV-830」、アーキサイトの「X-RUN M7」辺りになろうかと思います。

「DRV-830」の画質面での実力が未知数なのですが(解像度が高くでもナンバー認識力が高いとは限らないので)少し手が空いたら「DRV-830」のレビューも考えています。

■ ドライブレコーダーの仕組みと画素数、解像度のお話

 

スペックの詳細ですが、HDRによる補正は「1920×1080/30fps」モードのみとなっています。

ただ、最近のドライブレコーダーはハードウェアの性能が上がっているのでソフトウェアによる補正は入れなくてもダイナミックレンジが広く、運用上は問題ない物が多いです。

「DVR3000」がどうなのかは分かりませんけど。

 

なお、GPSユニットはおそらくマウント部分に収納しているのかと思います。

駐車監視モードはないですが

「DVR3000」には「駐車監視モード」と言うものはありません。

最初に紹介した同社のセンサースイッチコントローラーを使用して、異常時に自動で電源のオン/オフを行う方法が推奨されていますね。

スポンサーリンク

センサースイッチコントローラーの感度と、「DVR3000」の起動時間がどれほどなのか?と言う部分が分からないので、この組み合わせの良し悪しは今のところ判断出来ませんね。

このセンサースイッチコントローラーを使用するメリットは、主に車のバッテリーの保護とmicroSDカードの容量節約な訳ですが、2~3日車を放置する場合などは以下の外部バッテリーなどと組み合わせる事でひょっとすると面白い使い方が出来るのかも知れません。

■ ユピテル「OP-MB4000」は上手に使うと面白い

■ ドライブレコーダー駐車監視用バッテリー ベセトジャパン「UPS300」が便利過ぎて泣けた

「DVR3000」のまとめ

視野角や画質の部分では実際に使用していないと実力は分かりませんし、駐車監視についても起動時間が気になるところですね。

肝心な2点が不明なので良いのか悪いのかが良く分かりませんが、少なくとも駐車監視を自社のセンサースイッチコントローラーと併せて使用する事を前提としている為、万人向けに提案しているドライブレコーダーではなさそうです。

このセンサースイッチコントローラーはドア信号線から配線を取ったりと取り付けが結構マニアックですし、コストが高めになる事から、特殊な事情でかなりの長時間駐車監視をしなければならない人を狙ったニッチな商品かも知れません。

今のところ良く分からない点が多いので、東京モーターショーに言った際に確認してきます。(起動時間が早ければサンプルを貸してもらう事も考えます)

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーおすすめモデルをまとめて紹介!!

■「1万円程度で買えるドライブレコーダー」おすすめ6選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう