「AR-47LA」セルスターから一体型2021年モデルレーダー探知機発表

こんにちは!Omiです。

セルスターから2021年モデルの一体型レーダー探知機「AR-47LA」が発表されています。

同社の新Kバンド対応製品は先行して発売されている「AR-33」に続いて2機種目となります。

「AR-47LA」の特徴

「AR-47LA」は「AR-33」の一体型バージョン、と言う事で基本機能は「AR-33」と同様でこちらの通りとなっています。

・レーダー式小型オービス、センシスSSS/MSSSの新Kバンドの受信に対応
・新型レーザー式小型オービスLSM-310の受信に対応
・フレデリックレンズに対応
・フルマップレーダースキャンに対応
・ドライブレコーダーとの相互通信に対応
・ジャイロセンサーに対応
・WiFi通信には対応しない
・リモコン付属でタッチパネル操作には対応しない

2019年以降のセルスターの製品は、レーザー受信部のセパレート構造の製品が増えたお陰で、型番が従来のAR-○○LAから、AR-○○に変わっていたのですが、本機は久々の一体型と言う事で「AR-47LA」と言う型番になっています。

数字の部分が40系なので、WiFiなしのエントリースタンダードグレードになりますね。

「AR-47LA」の基本性能

2021年のセルスターレーダー探知機は初の新Kバンド受信対応と言う事で期待していましたが、受信性能2倍アップと謳われているフレデリックレンズのレーザー受信距離が伸びず、Kバンドの誤報もやたらと多かった事から、全くの期待外れでした。

具体的なテスト結果はこちらの通りです。

・レーザー受信性能は3社の最新モデルで最低、しかも旧モデルの「AR-7」にすら負けている。

・Kバンドの探知距離は他社と同レベルである

 

・誤報が多すぎて都内では警報が鳴りっぱなしな印象

因みに最近はYouTubeなどで「セルスター嫌いですよね?」とかコメント頂くのですが、個別の製品の好き嫌いはありますけど特にメーカーとして嫌い、と言う事はないです。

ただ、過去のサポートの回答が事実と違っていたり、レーダー探知機については製品の実用性が他社製品と比べて明らかに劣っていたり、これはガチで他社と勝負する気がないんじゃないかと感じたのでそのままストレートな感想を述べてるだけです。

ドラレコなどの他社と比べて優れている製品はべた褒めしてるので、あくまでも相対的な商品の評価と印象を述べています。

…という訳で、「AR-47LA」をおすすめする理由が見当たらないので、レビューもしません。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

【2021年版】実機レビューの結果に基づくおすすめレーダー探知機
...
この記事を投稿した人
管理人Omi

LaBoon!!の管理人です。2015年に趣味が高じてLaBoon!!の運営をはじめました。変態・奇人・変人扱いされるのはむしろ名誉な事だと考えています。(昔から)

LaBoon!!をフォローする
レーダー探知機最新情報
この記事をシェアする
LaBoon!!をフォローする
ドライブレコーダーの専門サイト LaBoon!!(ラブーン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました