こんにちは!Omiです。

ユピテルから2020年モデルのレーダー探知機、「LS100」が発売されています。

この製品については2019年秋の上位機種「LS310」の機能限定版であり、2020年向けに新機能が追加された訳ではありません。

ユピテルのレーダー探知機はGPSデータの更新費用が高く、エントリークラスとしてはコスト面での競争力が他社製品と比べて極端に落ちる為、ユーザーの関心は薄いと考えていましたので華麗にスルーしようと思っていたところで本機に関するご質問を頂きました。

フルマップを重視していないので先日出た新機種のLS100が気になっているのですが、LS310から色々引き算したような感じなので、大事な性能面ではどうなのでしょうか?

そこで今回は「LS100」と「LS310」の違いについて解説しようと思います。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「LS100」のスペック

「LS100」と「LS310」の主なスペック表上の違いはこちらの通りです。

A360α LS310 GS203 Z110LLS100
19.10発売20.06発売
3.6型モニター3.2型モニター
静電式タッチパネルボタン操作
ジャイロセンサー-
気圧センサー-
自動更新OP-
情報共有OP-
フルマップレーダースキャン-
可搬式・半可搬式識別探知識別不可
レーザー光線照射探知
無線受信14バンド
GPS16.2万/取締5.7万GPS16.3万/取締5.8万

レーダー探知機としての取り締まり探知能力に関しては、レーザー受信部が同一のエスフェリックレンズとなっている上、センシス製のKバンド小型オービスのレーダー波を探知可能となっている点、GPSデータも差別化されていない点から「LS310」とほとんど同等かと思います。(「LS310」同様にレーダーの警報感度カスタム機能もあり)

「LS310」にあって「LS100」にない機能

「LS310」にあって「LS100」にない機能は以下の通りです。

①フルマップレーダースキャン

②画像による警報

③ジャイロセンサー

④気圧センサー

⑤照度センサー

⑥標高データを活用した測位

⑦GPS測位間隔1.0秒(LS310は0.5秒)

⑧WiFi通信機能

⑨Kバンド識別警報

⑩レーダー探知の最高感度がエクストラ(LS310はスーパーエクストラ)

カットされているのはデータ更新の便利機能とユーザー間の情報共有、測位に関わるセンサー類がメインですが、一つ気になる部分でレーダー探知の最高感度がエクストラまでしか設定できない点が挙げられます。

ベースとなる感度が「LS310」と「LS100」で異なるのかどうかは分かりませんが、これはあまりよろしくないような気がします。

スーパーエクストラとエクストラの探知距離の差を検証した訳ではありませんが、最高感度が下がる事を是とする気にはなれなないので個人的には「LS100」は微妙な立ち位置の製品かと感じます。

レーザーが探知出来るレーダー探知機の性能比較テスト

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!


SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!