こんにちは!Omiです。

2019年に引き続き、レーザー対応のレーダー探知機もモデルチェンジが続いていますが、今回セルスターから発表されている「AR-8」は、従来は同社のラインナップには存在しなかった液晶なしタイプのGPSレーザー&レーダー探知機です。

ここ数年ではこの液晶なしのレーダー探知機のカテゴリーはコムテックがレーザーには非対応の「ZERO 105L」1モデルを継続展開しているのみで、この製品の最後のモデル更新は2018年9月です。

今回発表されているセルスターの「AR-8」は、現時点では業界唯一の液晶なしの本体+別体のレーザー&レーダー受信部を組み合わせたセパレートタイプの製品です。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「AR-8」のスペック

「AR-8」のスペックはこちらの表の通りです。

AR-7AR-8
20.05発売20.07発売
3.2型モニターモニターなし
静電式タッチパネル
フルマップレーダースキャン
自動更新-
情報共有
レーザー探知
無線受信
GPS19万/取締5.2万

レーダー&レーザー受信部については液晶ありのセパレートモデル「AR-7」と全く同一のようです。

【AR-7】

【AR-8】

また、GPS&取締データに関しても同一の19万/5.2万件となっている事から、探知機の基本性能部分では最上位の「AR-7」と同等という事になりそうです。

おそらくKバンドのレーダー波を使用するセンシス製の小型オービスの探知は不可であると考えられます。

液晶ありモデルとの相違点

「AR-8」とスタンダードな液晶ありタイプとの相違点は、液晶の表示の有無はもちろんですが、WiFi通信によるデータの自動更新に対応していない点などが挙げられます。

本体にはLED表示もありますが、表示内容は限られていますのでこの表示を見て何かを判断するようなシチュエーションは少ないように思います。

レーダースキャン表示がありませんので、警報対象と自社との位置関係が把握しにくいと言うデメリットはありますが、探知の基本性能は液晶モデルと同等ですので車内に余計なものを置きたくない方は本機を検討してみても良いかも知れません。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

レーザーが探知出来るレーダー探知機の性能比較テスト

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!