こんにちは、sugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、スズキ「イグニス」がマイナーチェンジして発売がスタートされたので詳細をまとめてみました。

イグニスは、スズキが販売している普通自動車のなかでもコンパクトなサイズ感が特徴で、今回のマイナーアップデートで変更されたポイントが気になっている方も多いのではないでしょうか。イグニスの購入を検討中の方は必見です!

スズキの小型自動車「イグニス」をマイナーチェンジして発売へ

スズキ株式会社は、小型乗用車「イグニス」の一部仕様変更し、SUVテイストを強めた新グレード「HYBRID MF」を設定して、2020年2月4日から発売を開始すると発表しました。

スズキ イグニスのマイナーチェンジされた変更点

今回の一部仕様変更では、力強い印象のエクステリアデザインへの変更に伴い内装の配色も一部変更になりました。

さらに、夜間乗降時に一定時間周囲を照らすガイドミーライト機能付オートライトシステムなど、快適装備がより充実してきたのもポイント。

また、専用フロントバンパーとリヤバンパー、ルーフレールや防汚タイプラゲッジフロアなどを採用し、アウトドアを楽しむユーザーへ向けた新グレード「HYBRID MF」を設定するなど、イグニスの新しいマーケティングが展開されています。

イグニス HYBRID MG、HYBRID MX、HYBRID MZはデザインを一新

イグニス HYBRID MG、HYBRID MX、HYBRID MZでは、内外装のデザインを一新しています。

エクステリアは、5スロットグリルをモチーフとした新しいデザインのフロントグリルが採用され、ボディーと同色の新デザインのリヤバンパーを採用したことで、先代モデルよりも全体的に力強い印象に仕上がっています。

インテリアでは、シート表皮やメーター盤面のデザインを変更したほか、センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色ブルーとガンメタリックが新たに加わりました。※HYBRID MGはブラック内装

イグニスの新グレード「HYBRID MF」の特徴

イグニスに新しく加わった「HYBRID MF」グレードの特徴は以下のとおり。

エクステリアは、SUVテイストを強めた仕上がりになっており、フロントグリルのデザインが新しくなっているほか、スキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーと一部シルバー塗装を施したリヤバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモールなどが採用され、よりクールな印象になっています。

インテリア面では、メーター盤面のデザイン変更と↓

 

タフで高級感のあるレザー調シート表皮が新たに採用されたほか、アクセントカラーにカーキとガンメタリックの2色がラインナップ。

ボディーカラーは新色タフカーキパールメタリックを加え、ブラック2トーンルーフを含めた全16パターンが用意されました。

さらに、汚れをふき取りやすい防汚タイプラゲッジフロアが採用されています(リヤシートバック背面、スライドラゲッジボード)

快適装備がより充実!

スズキとしては国内初となる、夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯し周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合も、自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用した「オートライトシステム」を全グレードに標準装備されました。
また、4WD車は従来より標準装備だった「助手席シートヒーター」を2WDモデルを含む全車に標準装備されたほか、助手席のシートサイドポケットを採用(※HYBRID MGを除く)されるなど、車内の快適装備がより充実する形となりました。

スズキ セーフティ サポートを標準装備

イグニスにはデュアルカメラブレーキサポートをはじめとする充実の安全装備「スズキ セーフティーサポート」を全車に標準装備されています。

イグニスは高い安全装備も魅力!

さらに、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ベーシック+」と、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当しており高い安全装備も魅力の1つです。

スズキ イグニスの価格

スズキ イグニスの価格は、ハイブリッドMG(FF)が1,522,400円。

最上位のハイブリッドMF(4WD)が1,975,600円となっています。

4WDの最安グレードは、ハイブリッドMG(4WD)で1,658,800円となっており、イグニスをよりアウトドアで楽しもうと考えている方はぜひ4WDモデルも視野に入れて検討されてみることをおすすめします。4WDになると雪道やオフロードでの走りはだいぶ変わってきますので。

まとめ

いかがだったでしょか。

今回はマイナーチェンジして新しく発売されるスズキ「イグニス」について紹介してみました。

イグニスは日本の道路を走るには最適な大きさの車で、燃費や走行性能の評価も高いクルマです。

今回はエクステリアやインテリアデザインと一部の機能が追加されるアップデートとなったほか、新しいグレードも発表されたので購入を検討されている方はもう1つ選択肢が増えて喜ばしいところではないでしょうか。

機会があればぜひ近くのスズキディーラーで実車をチェックしてみてください。

では

■ 【公式】スズキ イグニス 製品ページ

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!