最近見掛けるNextbaseのドライブレコーダーは欧州・米国でのシェアNo.1らしい

※2024年2月24日更新:amazonでのレビュー状況の傾向について追記しました。

こんにちは!ドライブレコーダー専門家でLaBoon!!編集長の鈴木朝臣です。

最近、WEB広告でNextbaseと言うブランドのドライブレコーダーをよく見掛けるようになったのですが、どうやらこのブランドは欧州・米国でのドラレコシェアがNo.1であるようです。

■Nextbase公式サイト

弊社は世界最大規模のドライブレコーダーメーカーであり、本社のある英国では市場の80%以上のシェアを獲得し、欧州・米国でもNo.1シェアを獲得しています。

ざっくりと製品の特性を見る限り、VIOFOやVANTRUEのハイエンドモデルのようなスペックですが、通信系の機能が充実しているように見受けられ、画質に関してもさらにアクションカム寄りの美麗さに振った特性のように感じています。

まだ日本向けにはフルラインでの展開には至っていませんが、今後VIOFOやVANTRUEと並ぶ注目メーカーになる可能性がありますので、先行して同社のハイエンドモデルの特徴を見て行きます。

最上位モデルの「622GWR」

こちらは日本では未発売となっていますが、、VANTUREの「X4S」とよく似た仕様の4K+FHDリアカメラ、または4K+FHDインナーカメラの最大2カメラモデルです。

622GWR
23.??発売
フロント:3840×2160/30fps
2560×1440/60fps
1920×1080/120fps
リア:1920×1080/30fps
LED信号対応不明
レンズ視野角
前:水平140°
後:対角140°
リアカメラケーブル?m
microSD付属なし?/最大128GB?
GPS対応
駐車監視モード
録画方式不明
専用ケーブルはOP
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

プロダクトページには詳しい機能説明がないのですが、カメラ仕様の部分では録画視野角は前後カメラとも超広角の水平140°となっている事から、単純なハードウェア仕様の面では、VANTRUEの製品よりも更に実用的であると判断されます。

リアカメラの他にもインナーカメラのOPも存在しますが、コネクタはリアカメラ端子を使用する為、リアカメラとは排他の関係になるようです。

 

なお、この製品にはドラレコとしては珍しい…と言うよりもむしろ不要とも言える手振れ補正機能が実装されており、アクションカム的な特徴が強いと言えそうです。

【手振れ補正OFF】

【手振れ補正ON】

ドラレコとして普通にフロントガラスに取り付ける場合には、手振れ補正は不要ですので、通常とは異なる設置方法での撮影も想定しているのでしょうか?

なお、この製品はWiFiに対応し、Alexa、SOS機能をサポートしていると書かれていますが、詳細については今のところ不明です。

イメージセンサーはOmnivision製との記述も見られますが、こちらも詳細不明です。

ただし、公式プロダクトページに公開されている動画を見る限りでは、景色撮影に特化した画質であるように見受けられました。(ドラレコで1080P/120fpsは使い道がない気がしますが)

アッパーミドルの「522GWR」

こちらはNextbaseの上から2番目のグレードに当たる製品で、フロントカメラの解像度が2.5Kまでとなっています。

622GWR
23.??発売
フロント:3840×2160/30fps
2560×1440/60fps
1920×1080/120fps
リア:1920×1080/30fps
LED信号対応不明
レンズ視野角
前:水平140°
後:対角140°
リアカメラケーブル?m
microSD付属なし?/最大128GB?
GPS対応
駐車監視モード
録画方式不明
専用ケーブルはOP
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

基本的な構成は上位モデルの「622GWR」と同様のようですので、実用性を重視するのであれば「622GWR」を選びたいところですが、景色撮影目的である場合、2.5K/60fpsよりもフルハイビジョン/60fpsの方が編集の負荷が軽くなる為、景色撮影目的の1点買いで「522GWR」を選ぶのもアリですね。

因みに更に下のグレードである「322GWR」でもフルハイビジョン/60fpsはサポートされていますので、「322GWR」を選ぶのもアリですね。

因みにamazonのレビューでは高評価ですが、レビューのほとんどが「Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー」となっています。

おそらく、このクラスの機種の原価は50$以下だと思いますので、粗利をガッツリ取りながらガンガンamazonの公式サクラレビューを使って行く方向性のように見受けられます。

公平性を重視するなら、「Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー」なんてない方が良いですね…。

少し落ち着いたら、これらの製品が価格に見合った機能・性能を持ち合わせているのか検証したいと考えています。

因みに私はボランティアでVANTRUE、VIOFOの製品に対して改善のアドバイスを継続的に行っています。

これらのメーカーと比べて高画質であると確認出来るなら、Nextbaseが非常に優れたメーカーである事を認めるしかないですね。(それにしてもこの構成では価格が高過ぎですが…)

「622GWR」のレビューを検討していますが

最近は景色撮影の目的においては、ドラレコではなくGoProを使うようになりましたので、私自身は景色を綺麗に撮影できるドラレコを必要としてはいません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました