※2019年7月8日更新~最新のラインナップに合わせて内容を見直しました。

AUKEYはモバイルバッテリーなど、スマホ関連のガジェット類を幅広くamazonでグローバルに展開する中国のメーカーです。

ここ2~3年でその存在感が急速に増していますので、amazonでスマホ関連のガジェットを購入した事がある方は、その名前を一度は目にした事があるのではないでしょうか?

ドライブレコーダーについても2017年から「DR01」と言うモデルで市場に参戦しており、現在では5モデルを展開するに至っています。

いずれも1万円未満~1万円台前半と非常にリーズナブルな上に、性能や安定感はそこそこを維持していますので、魅力的なメーカーの一つとなっています。

今回はAUKEYのドライブレコーターの各モデルについての特徴を解説します。

AUKEYのドラレコ処女作「DR01」

「DR01」は2017年半ばに発売されているAUKEYとしては初のドライブレコーダーです。

価格は1万円を大きく割る激安の部類に入りますが、イメージセンサーはSONYのExmorを搭載し、チップセットはNT96655とスタンダードクラスまでの定番的なハードウェア構成です。

録画視野角は水平106°とスタンダードレベルでナンバー読み取り精度や夜間の明るさもそこそこですので、価格を考えると非常にお買い得なモデルと言えるでしょう。

AUKEY ドライブレコーダー「DR01」のレビュー、評価

夜間特化型の「DR02」「DR02D」

「DR02D」は2017年末に発売されたAUKEY初の2カメラドラレコで、「DR02」の方はその1カメラバージョンです。

「DR02D」はフロントとリアカメラに「DR01」と同じSONYのExmor、IMX323と言うイメージセンサーを搭載してます。

このセンサーを使用しているドライブレコーダー他社でも非常に多く、ハードウェア的な特徴は薄いのですが、価格が2カメラで1万円台前半、またフロントカメラが夜間の明るさ重視の調整となっており、デビュー当時は爆発的に売れたモデルです。

現在では1万円台のドラレコも増えてきた事から、以前のような人気はなくなりましたが、相変わらずコスパは高いモデルである事は間違いないでしょう。

AUKEYドライブレコーダー「DR02/DR02D」の修正モデル発売

2カメラドラレコ第二弾「DR03」

「DR03」は2018年モデルのAUKEYの2カメラドラレコで、リアカメラについては「DR02D」と同一の物を使用しています。

フロントカメラについてはイメージセンサーなどのハードウェア構成は「DR02D」と同様で、筐体デザインが液晶大き目の吊り下げマウントタイプとなっています。

現時点では価格的に「DR02D」との差はありませんので、ドラレコ全体から見るとコスパが高いモデルと言えそうです。

AUKEY 2カメラドラレコ第2弾「DR03」のレビュー、評価

500万画素の高解像度モデル「DR02J」

「DR02J」は2018年初頭に発売された500万画素のイメージセンサーを搭載した高解像度モデルです。

デザイン的には「DR02」とほとんど同様で、最高解像度は「2880×2160」となっています。

確かにナンバー読み取り精度は高いものの、夜間の明るさのバランスなどの面を考えると「DR02」が非常に優秀だった為、こちらはイマイチ売れていないようです。

500万画素ドライブレコーダーAUKEY「DR02J」のレビュー、評価

ミラー型2カメラモデル「DRA2」

「DRA2」はAUKEYのドラレコでは最新の2カメラモデルで、フロントがフルハイビジョン、リアがハイビジョンの廉価モデルです。

ミラー型の2カメラモデルとしては価格帯的にかなり安い部類に入りますが、使用されているイメージセンサーやチップセットが廉価モデル向けのそれなので、画質的にはイマイチかも知れませんね。

AUKEYから激安ミラー型2カメラドラレコ「DRA2」発売!

まとめ

以上、AUKEYのドライブレコーダー各モデルについてご紹介しました。

最もおすすめなのは夜間が非常に明るい2カメラモデルの「DR02D」で、このモデルの出来の良さを考えると他のモデルが微妙に感じてしまいます。

「DR01」も価格がかなり下がっていますので、1カメラモデルなら「DR01」ですね。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう