ランエボXの純正タイヤ、ADVAN A13C(2回目)がやはり15,000キロくらいで溝がなくなってしまったので、韓国タイヤの「NEXEN N9000」に交換してみました。

ADVAN A13Cの評価

スポンサーリンク

韓国製タイヤについては、スタッドレスでもNEXENのタイヤを使用しており、サーキットにでも行かない限り特に問題点は感じませんでしたので、同じ「NEXEN」のコンフォートプレミアムタイヤ、「N9000」を試してみる事にしました。

購入先はこちらで、今回は車検に合わせて行きつけの車屋さんに直送です。

■ 「NEXEN N9000」

「NEXEN N9000」はサイドウォールが軟らかい?

ランエボ10の純正タイヤに比べると、「NEXEN N9000」はサイドウォールが軟らかく、ステアリングを切り始めてから曲がり始めるまで若干遅めとの評価を見かけますが、普通に街乗りしているややそう言った兆候はありますが、問題に感じる程度ではありません、

そもそも、こういった車に乗っる人たちはサーキットを走る人から街乗りオンリーの人まで様々なので、ネット上で都市伝説のように言われている事は乗り方によっては真実であり、誤りでもあります。

スポンサーリンク

ランエボ10のブレンボパッドは2万キロで交換などという情報も見かけた事があるのですが、街乗りオンリーでガッツリブレーキを踏む機会がないような乗り方をしていると、7~8万キロ程度は持ちそうな感じの減り方です。

話が逸れましたが、まあランエボ10なんて言う車に乗っている人は、やはり車の性能を100%引き出せるようにであるとか、スタイリングの面で韓国製タイヤはカッコ悪いなどの理由からブリジストンのポテンザやダンロップのディレッツァなどを履いている方が多いようですけれども、私には「NEXEN N9000」の限界ですら引き出す事は出来ないでしょう。

因みにNEXENのタイヤは、トヨタ、三菱、フォルクスワーゲン、フィアットなどで新車への採用実績がありますので、安全性がどうのこうのという話は、もはや都市伝説のレベルになっていると思います。

「NEXEN N9000」の評価

まだ変えたばかりでほとんど乗っていませんので、グリップ・ウェットグリップ・高速安定性・静粛性・乗り心地・耐摩耗性などの評価が出来ませんが、今後このページにこれらの評価を追記して行きます。

もちろん、サーキット走行をする訳ではないので、常識の範囲で街乗りや高速道路、峠を流した時の感想になります。

一般道、高速道路を300km程度走ってみましたが、元の純正タイヤA13Cに比べると乗り心地がマイルドになったと感じます。

これは車に何を求めるかにもよりますが、A13Cは路面の凹凸に敏感に反応し、そこそこゴツゴツした感じがありましたが、「NEXEN N9000」についてはA13Cに比べるとその点がマイルドな感じになっています。

ややロードノイズが小さくなり、乗り心地も良くなった感じがします。高速安定性についても特に問題はなく、前よりも静かになった分快適になりました。

やはりサイドウォールがA13Cよりも柔らかいのか、感覚的にステアリングの遊びが増えたようなフィーリングでステアリングの応答性が下がった感じですが、街乗りにしか使わない車なので特に問題はありません。

「NEXEN N9000」の通販価格の比較

「NEXEN N9000」はどうも日本国内ではオートウェイの専売となっているようです。

Amazon楽天市場経由でもオートウェイから出品されていますが、よそのサイト経由で購入すると取り付けまでの手続きが面倒なので、オートウェイから直接購入したほうが面倒臭くありません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう