★☆★期間限定~お得なセール・クーポン情報のまとめ★☆★

スリップサインが出たので、走行距離58,000kmでランエボXのタイヤ交換です。しばらく溝を見ていない間にツルツルになっていました。

この「YOKOHAMA ADVAN A13C」は純正タイヤなのですが、減りが早い上にグリップはイマイチという評判です。

スポンサーリンク

普通に走ってても20,000km前後で溝が無くなるので一部では「消しゴムタイヤ」と呼ばれています。

純正オプションで「YOKOHAMA ADVAN A13A」というハイグリップタイヤも選べるようですが、こちらもグリップは良いものの、減りは同様にかなり早いとのことです。

もともと履いていたのも「YOKOHAMA ADVAN A13C」で交換後と同じタイヤですが、基本ストリートしか走りませんのでグリップのイマイチさは私には分かりません。

峠を流している程度では鳴きすらしませんし、限界を引き出す前に恐怖心に負けるでしょうw

このタイヤのメリットは何と言っても値段が安い事です。

ディーラーで頼めばそれなりの金額になりそうですが、ヤフーオークションで4本送料込みの4万円強で落札し、持込の工賃込みで総額5万円弱で組み替えまで出来ました。

スポンサーリンク

交換作業は古河市の「タイヤショップブレイブ」さんにお願いしました。

同一品からの交換でしたが、新品になってゴツゴツした感じがなくなり、よりしなやかな乗り心地になっています。

追記インプレッション

2014年12月にスタッドレスに履き替えた為、前回の交換から7,500km走行でタイヤ交換しました。

今回は高速道路の走行がかなり多かった為か、やたら減りが早く既に5分山まで溝が減っていました。

advan a13c 7,500km

いやはや、このADVAN A13Cは値段こそアジアンタイヤと変わらないくらいに安くて、純正の安心感はありますが本気で消しゴムタイヤですわ。

今回アジアンスタッドレスに履き替えたので、来年3月上旬くらいにADVAN A13Cに戻す予定ですが、このままのペースで走ると来年末のスタッドレス履き替えまで持つかどうかギリギリのラインになって来ました。

結局15,000キロで溝がなくなりました

スタッドレスタイヤから再びADVAN A13Cに戻してから7,500キロ程度走ったところで、あえなく溝がなくなってしまいました。

まあ、安かったので良いのですがやはりADVAN A13Cは間違いなく消しゴムタイヤでした。

NEXEN N9000の評価、レビュー ランエボ10編

この記事が気に入ったらいいね!しよう