この記事では私自身の経験から、いくつかのスキルを身に付ける事で「中古車を随分安く買える可能性がある車種もある」と感じた内容を説明しています。

誰にでも簡単に…という事ではないですが、車が好きな人ならある程度はどうにかなるかと思います。

スポンサーリンク

そもそも中古車を安く買える人ってどんな人?

ここでは中古車を安く買う事が出来る人について、分かり易くする為に職業別で考えます。

中古車を安く買う事が出来るのはどんな人でしょうか?

中古車販売・買い取りに従事している人

まあ、これは極めて単純な理屈ですが、中古車の販売や買取をしている人は安く買って高く売る事で利益を出していますので、同じ個体を買う前提ならばユーザーから直接買い取りをしている人、次にオークションや買取業者から車を仕入れている人、という順番になりますね。

ただし、一般人がオークションで車を仕入れる為にはそれなりの初期コスト・ランニングコストが必要になります。

また、ユーザーから直接買い取るのもヤフオクなどの個人売買を除けば難しいかと思います。

因みにヤフオクで出品されている車はオークションや買取経由のものが多いので、個人売買のケースに比べるとかなり高くなります。

スポンサーリンク

個人としてヤフオクの車の売買で得をするのはむしろ出品する側です。買取に出すよりも高く売れますから。

ただ、ある条件を満たせればはヤフオクの個人出品であるものを見極める事で他所よりも安く中古車を買う事が出来る可能性があります。

自動車整備士はかなり強い

これは特に低年式、もしくは過走行の車において力を発揮するスキルだと思いますが、一般的には中古車は低年式よりも過走行車の方が嫌われますよね。

確かに車は一定の走行距離で交換しなければならないパーツが多いので、大部分の人にとっては過走行の車はかえってお金が掛かる可能性があります。

ただし、パーツそのものの価格はそこまで高いものではなく、掛かるお金はほとんどが技術料などの工賃です。

従って自分で整備をする自動車整備士さんは、狙える弾が増えるのでかなり中古車を安く可能性があります。

因みに国内の中古車市場には20万キロを超えた車は一部の希少価値のある旧車を除くとほとんどありませんよね?

それは20万キロを超えるような車は、国内では維持費が高い為に敬遠されてしまいますが、人件費の安い海外では直して乗るにはメンテナンスさえしっかりやれば壊れない日本車が大人気だからです。

部品代は安いのですから、人件費が安い国ではお買い得になりますよね。

最近の日本の中古車の相場は、軽自動車やハイブリッドなどの国による規制があるカテゴリーを除いては、8割は海外バイヤー主導の相場で決まっているそうです。

個人が中古車を安く買うにはどうすれば良い?

この記事を見ている方はまず間違いなく上記で説明した2つの職業に従事していない方でしょう。

ではどうすれば良いのか?と言うと、出来る限り上で紹介した2つの職業の人たちの真似をすれば良いという事になります。

スポンサーリンク

購入ルートは全てをテーブルに載せてみる

車の購入先はカーセンサーなどの広告媒体、ガリバーなどの買取&販売店、もちろん個人売買も大きく得をする可能性があるので外せませんから、ヤフオクもアリです。

ただし、他のルートからの購入パターンも含めて、現車を確認し試乗が出来るものでなければならないと言うのが基本原則です。

ヤフオクの場合には詐欺に遭う可能性もありますから、現車確認&試乗が出来ないのは中古車の程度以前の問題になると思います。

 

因みに車検切れの車は試乗が出来ませんので不可ですし、遠隔地のものも移動や陸送でお金が掛かるのでよろしくないですね。

従って近県で現車確認が可能で車検が残っており、試乗が可能なもの…と言うのがあらゆる購入パターンでの条件になります。

年式や走行距離で出てくる不具合をネットでチェックする

これは車種によって若干変わる部分でもありますが、年式が古くなれば塗装の劣化やサビ、内装の色あせなどが出てきますし、走行距離が10万キロ近いものに関しては多くの消耗パーツの交換が必要になります。

不具合…と言うよりも消耗パーツの交換時期を見極める必要があるという事です。

例えばタイミングベルト・各種ベルト類・ラジエーター・オルタネーター(発電機)・エアコンコンプレッサー・各種ホース類・プラグ・サーモスタット・O2センサー・クラッチ・ブレーキパッド・サスペンション・ダンパーなどがこれに当たりますが、一部の物を除いてパーツ自体はそこまで高いものではなく、問題となるのは工賃です。

10万キロを超えていても、これらの消耗パーツを交換すれば問題なく走ることが出来ます。

5万キロで何の交換が必要か、10万キロではどうか?など、とにかく情報収集しましょう。

調べ方は「〇〇(車種)+交換」などのキーワードが良いかと思います。

…で、そこでついでに頑張れば自分で交換する事が出来るかどうかを考えて、パーツの価格も調べておきます。

そうすれば大体追加でどれくらいのお金が掛かるか把握できるでしょう。

 

因みにネットで中古車の選び方を調べると、ほどんどが年式は古くても走行距離の少ないものを選べと書いてありますよね?

それがほとんどの人にとっては正解の車の選び方だと思いますが、それ故に中古車相場は年式よりも走行距離の方が価格に反映され易いです。

みんなと同じ事としていると得するのは難しいので、敢えて大半の人の逆をつく形で攻めましょう!

 

ここでは通常とは逆に年式が新しく走行距離が多いものを狙っていく方法を推奨します。

守りじゃなくて攻めるんです!出来る事は全て自分でやるって事ですね。

 

なお、走行距離の伸びによる消耗パーツは出来だけ安く交換する事が出来ますが、年式が古く青空駐車の車は塗装が剥げていたり、錆が浮いてしまう事もあります。

塗装が必要なケースはパーツの交換という訳にはいかないので、年式の古い車は消耗パーツを交換し続けても最後はボディがサビサビになって修復にはかなりのお金が掛かる事になるかも知れません。

従ってパーツの交換をDIYでやる前提ならば高年式で走行距離の多い物が狙い目となり、一般の人とは逆を突く形になります。そうすると安く買えるわけですね。(ネットで調べてパーツ交換にどれくらい費用が掛かりそうかシミュレーションした上で比較しましょう)

 

そんなの絶対無理!と言う人は、代替策として信頼のおける安い整備工場を探しましょう。

出来ればチェーン展開しているところではなく、個人運営の工場がおすすめです。

そういうところは経営者=整備士であったり、商売っ気はないが腕は良い人が多いので普段から仲良くしておきましょう。

試乗の際にチェックしておきたいポイント

では次にDIYで整備をする前提で試乗の際にチェックしておきたいポイントを説明します。

エンジン・ミッションは直せないので最重要ポイント

足回りや各種消耗品はどうにか安く直すことができると思いますが、エンジンやミッションなどの重要パーツは自分で交換が出来ません。

因みにエンジンオイルをしっかり3000~5000kmごとに交換している車は20万キロ走っても元気ですが、3万キロでもエンジンオイルを全く交換していない車はエンジンブローする可能性があり、そうなると最低でも20~30万の出費になります。

エンジンが元気かどうかは試乗で確かめる方法、エンジンオイルのキャップを外してキャップ周辺にドロドロのエンジンオイルが付着していないか確認する方法があります。

また、整備履歴などが保管してあればそれを確認する方法もあります。

車好きな人が選ぶような特殊な車なら大事に扱われていた可能性が高いですが、そうでない車はエンジンのメンテナンスに関しては大外れを引く可能性が高くなりますね。

ミッションは判断が難しいですが、ATやCVTなら変速のショックや振動、ノッキング、異音、タコメーターの異常な動き、空転の有無など、MTなら異音やシフトの入り易さなどをチェックすべきだと思います。

特にCVTの方は交換費用が高くなり易いので注意深く観察した方が良いと思います。

CVTは分解修理不可なので、MTの方が低年式・過走行の車では維持費が安くなりますね。

ハンドルがセンターの状態でまっすぐ走るかどうか

これはチェックは簡単ですが、真っすぐ走らなかった時の原因の切り分けは難しいです。

車のアライメントは車止めを乗り越えてしまったり、強めにホイールをぶつけてしまうと狂ってしまうので、真っすぐ走らないとダメという訳ではありません。

原因によっては簡単に直せますので、販売店に確認して出来る限り原因を特定した方が良いでしょう。

電装品も正常に動くかチェック

電装品も消耗品と言えば消耗品ですが、エアコンのコンプレッサーが壊れていると(いつかは壊れますが)いきなり多額の出費になりますので、エアコンの効きだけは確認した方が良いと思います。

後はパワーウィンドウの動作、ラジオやカーナビの動作状況などですね。

まあ、オーディオ類はいらない人もいますし、乗せ換え前提の場合もありますのでお好みで(笑)

その他チェック項目

後は内装や外装のチェック、トランク・ボンネットの開閉具合、警告灯の点灯状況などをチェックし、先に調べておいた車種ごとの弱い部分を出来る範囲で見ておきます。(交換方法は分かればどの場所についているか分かる)

 

まあ、全てに完璧を求めると高くなってしましますので、予算と相談しながら妥協ポイントを探る感じになりますね。

因みに私が選んだのは16万キロ、14.5年落ちのコペン

今の段階ではまだ納車されていませんが、私が購入したのが16万キロ、14.5年落ちのMTコペンです。

因みに乗り出し価格は34万円で一般的な相場よりもかなり安いです。(安い理由はありますが、その理由が私の目的にマッチしていた)

因みに車検は4ヶ月付の現車渡しですが、DIYで整備する気満々なので整備はいらないですし、いざとなれば気軽にお願いできる個人運営の整備工場があるので好きにいじくれます。しかも歩いて行ける場所に(笑)

 

ネットでどこが壊れやすいのか、交換方法とコストなどを徹底的に調べて主要部品の位置も頭に入った状態で現車確認しましたので、年式と走行距離の割に意外と元気?という印象でした。

塗装はかなり錆が浮いているのでパテ埋めや自家塗装でどうにかするつもりですが、エンジンはかなり元気だったのが決めたポイントです。(まぁ価格帯からしてエンジンさえ無事なら良いという考えでしたが)

修復歴はアリですが、20~30分間一人で好きに試乗させてもらったので、大きな問題はないと判断出来ました。

 

この車、車両本体は26.5万円だったのですが、実は法人経費の問題で車両本体価格が30万円以下と言うのが私の最大の目的でした。

そして色が黒・紺・緑などの濃色系であるという点です。(コーティング剤の実験の為)

 

そもそもこの型のコペンはシルバー、ATの弾数が圧倒的に多く、MTは30%程度で特に黒は超希少色になっており、比較的年式が新しく程度の良いものは現行モデルの中古車両よりも高いものもあるくらいです。

15年落ちで初期のモデルだと走行距離が6万キロ程度で100万円を超えるものもあります。

ただ、16万キロで内装・外装が痛んでいたとしても、エンジン・ミッションが問題なければ時間と気合と少しのお金を掛けるだけで交換したパーツは新品になる訳です。

また、6万キロでも交換が必要なパーツも出てきますので、その部分を13~14万キロの時点で交換していれば走行距離が多い個体の方が安くなる箇所もあります。

まあ、まだ納車すらされていないので最終的に維持費がどれくらい掛かるかは分かりませんが。(笑)

中古車を安く買う方法のまとめ

他のサイトでは中古車を安く買う方法や故障や修理費用について調べると、かなりの高確率で買い取りの紹介に誘導されますが、今回は自分の最近の経験を踏まえて思いついた事を書いてみました。

必要なのは、事前の相場・車種の故障や消耗品の交換時期・メンテナンス方法を知る事、また必ず試乗を行い車両の状態を確認する事です。

 

楽しみながら修理やメンテナンスを学ぼうとする気持ちがあれば誰でもできる事だと思いますので、やる気のある人はチャレンジしてみては如何でしょうか?

 

因みに今回私が購入したのはカーセンサー経由で見つけた、1時間程度の距離にある販売店です。

そのお店は今までは買取業務だけを行っていたのですが、最近は一般ユーザー向けの販売も試験的に始めたようで、カーセンサーへの掲載は今回が初めてだそうです。

結構こまめにカーセンサーGoo-netやヤフオクをチェックしていたのですが、ダントツに価格が安く目立っていた上に1時間くらいで行ける場所だったのでソッコーで見に行って契約してしまいました。

実はヤフオクで狙っていたものもあったのですが、競合が激しく最低でも乗り出し50万円くらいは必要な感じでしたのでどうしようかなぁ~と考えていた矢先だったんですよね。

良いタイミングでズバリ目的に合う個体が見つかったので運が良かったと思います。

その他、買い取りや保険の話

今回の私のケースでは増車だったので買取はありませんでしたが、今乗っている車を売却するのに最も高い値が付く可能性があるのは間違いなくヤフオクに出品する方法だと思います。

ただし、個人間のやり取りになりますのでそれなりに知識が必要になる部分があり、素人にはちょっとハードルが高いかも知れませんね。(私はやったことないです)

今回買う側と売る側に視点で色々調査してみた結果、次はガリバーフリマなどに出品するパターンかな?と感じています。(買う側には安く感じられないので、いずれ価格は下げるかも知れないが)

因みに手数料は以下の通りで、20%程度を出品者と落札者で折半する感じになっています。(結構高い)

後はガリバー買取や、一括査定に申し込んだりする方法もありますね。

 

また、自動車保険を代理店型から通販型に切り替える事で随分と保険料を抑える事も可能です。(条件をいじるとかなり安くなることもある)

私は車両入れ替えの度に見積もりを取り直していますが、今まで代理店経由の保険を契約していたなら、一度見直す価値ありです。

■ 通販型の自動車保険のメリットとデメリット

■ アルファードの自動車保険を安くした

 

整備も下取りも保険も同じですが、やはり手間を掛けなければ安くはなりません。

逆にツボを押さえて手間を掛ける事で随分と効果がある事もありますので、中古車の購入を考えている方は一度検討してみては如何でしょうか?

(編集長 Omi)

この記事が気に入ったらいいね!しよう