こんにちは!Omiです。

最近は煽り&殴り事件の影響で360°ドラレコと車内撮影が出来るドラレコに人気が集まっていますが、じっくり考えて選ばないと後で後悔する事になりますよ。

まず、私は煽り&事件対策としては安易な360°ドラレコの導入はおすすめしておらず、ナンバーをしっかり記録出来る2カメラモデルをベースとして考えた方が良いと思っています。

何故なら普通の360°ドラレコは車内の様子は映っても、前後の車のナンバーは全く読み取れないからです。

 

ナンバーが映ってないと警察は動かない可能性激大…なのである!

まず、今回の煽り&殴り事件の容疑者は

・7月23日~愛知県・静岡県で煽り運転

・8月10日~常磐道で煽り運転&殴り

と事件の2週間以上前に他所で同様の行為を行い、そのうち愛知県の煽り運転については被害者が警察に通報しています。

動画にナンバーは映っていた筈なのに警察は動かずでしたし、しっかりその時点で警察の捜査が入っていれば常磐道の事件は起きなかったかも知れません。

ナンバーがしっかり映っていてもこの有様で、マスコミの報道で炎上した途端に全力で捜査を開始したようですので、この一件は警察は自らの保身でしか動かないと言う事の証左ですね。

まぁ、皆さんの回りにも自分の保身しか考えてない人はたくさんいると思いますので、警察を恨んではいけません。

恨むなら政治家を!

ナンバーが映らないなら、煽り運転では肝心な証拠が残せない

煽り運転の被害だけの場合には、ナンバーが映っていても捜査をしなかった訳ですから、ナンバーが映っていなければほとんどの県警は捜査はしないでしょう。

まぁ、警察はスタンドプレー的な煽り運転の一斉取り締まりなどには熱心ですけど、

■ 朝日新聞 高速道あおり運転1000件超検挙 初の一斉取り締まり

車間距離を極端に詰めたり無理な追い越しをしたりする「あおり運転」について、全国の警察が1~7日に高速道路で初の一斉取り締まりを実施し、道路交通法の車間距離保持義務違反で1088件を検挙した。警察庁が8日発表した。

肝心の悪質極まりない煽り運転に対しては面倒臭くて動かないようですので、ナンバーが映っていても警察が動くとは限りませんが…。

何れにしてもナンバーが映ってない場合に警察が捜査する確率が1%くらいだったとしたら、ナンバーが映っていた場合には10%くらいの確率で捜査してくれるかも知れませんので、少しでも確率を上げたいなら前後のカメラはフルハイビジョン以上の2カメラドラレコを選ぶべきです。

煽り運転対策向けとして考えるなら、車内カメラには夜間に赤外線の照射が可能なものを選びたいところですね。

3カメラタイプのドラレコがおすすめ

そんな訳で煽り運転対策としては、フロントガラス・リアガラスにはフルハイビジョン以上のカメラ、車内側には30~100万画素以上の赤外線搭載カメラが理想となります。

ただし、今のところこのスペックを満たしている3カメラドラレコは日本では販売されていません。

スペックがしょぼい、以下のようなモデルなら随分前からありますが、これではリアのナンバー認識が落ちますし、室内カメラも赤外線対応ではないので物凄く中途半端です。

おそらくなのですが、今はまだ本格的な赤外線対応3カメラモデルはありませんが、この情勢を受けて1年以内にはそのようなモデルも発売されるのではないかと予測しています。

現時点では2カメラドラレコをベースに+1で3カメラ化がベストな選択と言えそうですね。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう