※この製品は技適認証について確認中です。確認が取れるまで購入はお控えください。

WiFi通信ドライブレコーダー購入にあたっての注意事項

■ WiFi対応のドライブレコーダーより

スポンサーリンク

最近、WiFi通信機能を搭載したドライブレコーダーが増えていますが、これらのモデルを購入するに当たっての注意事項があります。

それは電波法で定められている事項ですが、電波を発する機器のうち、その大半が製品・もしくはその製品に使用されている通信モジュール単体のいずれかが、総務大臣の登録を受けた認定機関の検査により「技術基準適合証明」を取得した物以外をユーザーが日本国内で使用してはならないと言う事実です。

また、「技術基準適合証明」を取得したモジュール・製品に関しては、本体・外箱・取扱い説明書・アプリ・その機器に使用されているWiFiモジュールのいずれかに「技適マーク」の表示が必要となっています。

■ 総務省 電波利用ホームページ

ユーザー個人でも製品の認証を受ける事は可能ですが、コストや手間を考えると現実的ではありません。

スポンサーリンク

問題は上記の条件を満たしていない製品を「日本国内で使用する」事が禁止されている点であって、その製品の販売に関しては規制されていない点です。

仮に技適マークが表示されていないWiFi機器の通信機能を日本国内で使用してしまった場合について、総務省のホームページには以下のように記載されています。

技適マークが付いていない無線機を使用したらどうなりますか?

A:一部の無線機を除いて、技適マークが付いていない無線機を使用すると、電波法違反になる恐れがあります。

また、技適マークが付いていても無線局を開設するためには総務大臣の免許を受けなければならない無線機(アマチュア無線、パーソナル無線など)がありますので、使用には十分ご注意下さい。

(免許を受けずに無線局を開設若しくは運用した場合は電波法違反となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象となります。また、公共性の高い無線局に妨害を与えた場合は、5年以下の懲役又は250万円以下の罰金の対象となります。)

違法か合法かをユーザーが判断するのは困難なケースも多い

罰則規定はあるものの、対象機器・外箱・説明書・アプリに表示があれば確認が可能ですが、内部のWiFiモジュールに表記があるケースも存在する為、合法である事を判断する事は可能ですが、違法である事を判断するのは極めて困難です。

また、「技適マーク」の表記の有無を製品購入前に確認する事も容易ではありません。

そもそも法令では「技術基準適合証明」を取得したモジュールを使用した製品においては、ユーザーに分かり易いように対象機器・外箱・説明書・アプリへの表記を認めているというだけで、強制力はありません。

※そもそも表記しなくても責任は100%ユーザーにある為、知らないで日本で使ったユーザーが悪いという考え方

NH Technologyさんより「innowa」というブランド名で2タイプのドライブレコーダーが10月27日に発売されたようです。

既にレビュー依頼を頂いているのですが、10月上旬に幕張メッセで開催されたCEATEC JAPANにも「innowa」のドライブレコーダーが出展されていた模様です。(行けませんでしたが)

スポンサーリンク

【CEATEC JAPAN】

また、香港でも同様に10月中旬に開催された世界最大級のエレクトロニクス製品展示会、香港エレクトロニクス・フェア(秋) 2017にも出展しているそうです。

因みに会社もブランドも出来立てホヤホヤですが、ここの社長は香港の超やり手のカーエレクトロニクスのコンサル&マーケターのようで、かなり時間を掛けて日本のマーケットを研究して開発したのが「innowa」ブランドの「Journey」シリーズのドライブレコーダーだそうです。

そのマーケティングの成果は如何ほどなのか見てみましょう。(笑)

広告がオシャレで可愛い!

 

ドライブレコーダーの型番は無機質なアルファベットと数字の組み合わせが多いですよね。

普段、機械ばかり眺めているおじさんにとっては、この「Journey」と言うネーミングセンスやウェブサイト・スマホのアプリのイメージは女性の感性で作っている印象で何か新鮮さが感じられました。

 

 

NH Technologyさんに確認してみたところ、広告部門の責任者はやはり女性であるとの事です。

この猫が車にイタズラする絵はおじさんにはちょっと思いつかなかったな。(笑)

「innowa」ドライブレコーダーのスペック

今回発売された「innowa」のドライブレコーダーのスペックは以下の通りです。

innowa
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
Journey
Journey Plus
17.10発売
参考価格 17.11.06
15,980円24,980円
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080/27.5fps
フロント:1920×1080/27.5fps
リア:1280×720/25fps
LED信号対応
水平120°(レンズ)フロント:水平120°(レンズ)
リア:水平98°(レンズ)
WDR
付8GB付属32GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
WiFi対応
駐車監視モード
動体検知or衝撃検知動体検知or衝撃検知(フロントのみ)
手動起動
内蔵バッテリーあり
専用ケーブル
2芯OP
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

この2つのモデルの違いはリアカメラの有無だけの模様です。

ただし、本体ユニットも単体モデルの「Journey」にはリアカメラ用の接続端子がありませんので、「Journey」にリアカメラを繋げれば「Journey Plus」になる訳ではなさそうです。

ファームウェアも微妙に違うのでしょうね。

録画視野角については比較的広そうな印象ですが、これは実際に計測してみなければ分かりません。

CMOSセンサーにはSONYのExmorが使用されています。

まあ、見た目Exmorっぽい動画ではあります。(笑)

リアカメラはバックカメラ形状だが車内にも設置可能

「Journey Plus」にはリアカメラが付属し、フロントがフルハイビジョン・リアはハイビジョン画質となるようです。

形状はバックカメラと同様ですが車内にも設置が可能となっています。

バックカメラとしての運用も可能なようですが、今のところ仕様の詳細は未確認です。

駐車監視について

駐車監視については、内蔵バッテリーによる衝撃検知、常時給電による動体検知+衝撃検知で録画はフロントカメラのみのようです。

 

画質や駐車監視の使い勝手はテストしてみないと分からない部分ですので、テスト後に所感を追記します。

手元にサンプルはあるのですが、色々やる事が増えすぎて死にそうな感じなので少し時間がかかるかも知れません…。

価格帯を考えるとコムテックの「ZDR-015」とガチ競合モデルとなり得るので影響力が大きそうなモデルですね。

(編集長 Omi)

■ フロントとリアを録画できるドライブレコーダー

■ ドライブレコーダーおすすめモデルをまとめて紹介!!

■「1万円程度で買えるドライブレコーダー」おすすめ6選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう