側面・横方向が撮影できるトライブレコーダーのまとめ

※2020年12月9日更新~最新の情勢に合わせて内容を見直しました。

こんにちは!Omiです。

最近は前後2カメラタイプのドライブレコーダーの普及率が上がっているようですが、それでも側面からの衝突に関しては万全ではないので、全方位の録画を検討している方が増えています。

私の知り合いでも交差点で対向車に横からぶつけられた方がいますが、横方向が映っていなかった為、動いた動いていないの水掛け論になり、事故処理は揉めに揉めたそうです。

身近でこのような話が出てくるとやはりドライブレコーダーで全方位を撮影したくなりますが、この記事では事故の際の幅広い証拠を押さえる事を目的とし、360°ドライブレコーダーを始めとしていくつかの方法で横方向を撮影する方法について解説します。

一番手っ取り早いのが360°ドラレコ、でも弱点もあるよ?

横方向を撮影できるドライブレコーダーうち、最もリーズナブルで取り付けも簡単なのはやはり360°ドライブレコーダーです。

通常はこのような魚眼タイプのレンズを下に向けてフロントカメラに設置します。

コムテックなどの大手メーカーの製品であれば、以下の動画ようにPCビュワーやWiFiアプリなどで録画映像の視野を変更出来るため、明るい昼間であれば横方向の状況認識が可能です。

360°ドラレコ コムテック HDR360G

ただし、360°ドラレコには次の2つの弱点があります。

①前後の車のナンバーが読みとれない
②後方の状況がイマイチ掴みにくい

前後の車のナンバーが読みとれない

ドライブレコーダーのナンバー認識精度はイメージセンサーの画素数と録画ファイルの解像度に依存します。

360°モデルではないスタンダードなドライブレコーダーの場合、200万画素のイメージセンサーを使って「1920×1080」のフルハイビジョンの解像度で録画を行いますので、よほどおかしなハードウェアを使わない限り数m先の車のナンバーは読みとれます。

【全てフルハイビジョン】

ところが360°ドライブレコーダーの場合には通常のドライブレコーダーの10倍程度の視野の範囲を200~400万画素程度の限られた画素数の中に無理矢理収める為、ナンバーの読み取り精度の面では絶望的です。

【400万画素のHDR360G 至近距離】

従って当て逃げや煽り運転の証拠を押さえる目的は果たせない可能性が高くなります。

後方の状況がイマイチ掴みにくい

360°ドラレコは後方の情況も撮影する事が出来ますが、前方に比べて距離がありますので後続車両の様子が掴みにくいと言う弱点もあります。

大体の動きは分かりますが、距離感が掴みにくくナンバーも映りません。

リアカメラ付きの360°ドライブレコーダー

前述のように一見最強のように感じられる360°ドライブレコーダーには2つ弱点がありますが、これらの弱点が改善されたモデルも発売されています。

それがコムテックの「HDR360GW」などの、360°モデルにリアカメラが付属した2カメラ録画タイプです。

「HDR360GW」はリアカメラが200万画素のフルハイビジョン録画となっていますので、通常のセパレート型の2カメラドラレコと同じく、後続車両のナンバー認識も可能です。

ただし、フロントカメラの解像度は変わりませんので、前方車両のナンバーを読み取る事が難しい事には変わりありません。

360度の全方位録画が出来るおすすめドライブレコーダーのまとめ
...

フロントダブル録画の360°ドライブレコーダー

こちらはリアカメラ付きとは発想が逆になるのですが、カーメイトのd’Action360Sは全天球録画と合わせてフロント側の一部をフルハイビジョンで録画するダブル録画を行い、前方のナンバー認識精度が高めている360°モデルです。

本機はアクションカメラとしても使用が可能で、映像もなかなか綺麗に感じますが価格が、やたらと高く後方車両のナンバーは映らないと言う弱点が克服されていないと言う問題点が残されたままですので、ドラレコ用途だけではコスパを考えるとかなり厳しくなります。

カーメイト全天球ドライブレコーダー+アクションカメラ「ダクション360S」のレビュー、評価
...

前後+車内側の3カメラドライブレコーダー

最近ようやく本格的に展開され始めたのが前後のセパレートタイプの2カメラドラレコに、車内向けのカメラを追加した3カメラモデルです。

MAXWINの「DVR-D022」

MAXWINの「DVR-D022」はフロントカメラで「2560×1440」、車内向けのインナーカメラ、リアガラス用のリアカメラでそれぞれ「1920×1080」の3カメラ録画を行い、横方向の撮影能力とナンバーの認識能力の両立を行っています。

360°ドラレコと比べると斜め前方の視野が狭いので弱点もありますが、煽り運転やドアパンチも含めた駐車監視に特化したモデルと言えそうです。

実機レビュー、煽り運転対策に最強の3カメラドラレコ MAXWIN「DVR-D022」の評価
...

VANTRUEの「N4」

VANTRUEの「N4」も2020年4月発売の3カメラドラレコです。

前述の「DVR-D022」と似たような構成で、フロント+リアカメラと赤外線LEDを搭載したインナーカメラが付帯する3カメラの高解像度STARVISモデルですが、ほぼ全ての面で「DVR-D022」の画質を上回っていますので3カメラドラレコの本命と言えます。

実機レビュー VANTRUEの3カメラSTARVISドラレコ「N4」の評価
...

AKEEYO「AKY-X3GTL」

AKEEYOの「AKY-X3GTL」は10型のスマートミラーにサイドカメラ、またはインナー撮影用のカメラが付いた3カメラのスマートミラー型ドラレコです。

3カメラともに高い夜間撮影能力・暗視能力を誇り、リアカメラの防眩能力も高い為、スマートミラーとしての性能も高評価の製品です。(リアカメラは車内・車外の2種類あり)

実機レビュー、3カメラスマートミラーAKEEYO「AKY-X3GTL」の評価
...

PORMIDO「PRD50」

PORMIDOの「PRD50」も「AKY-X3GTL」と同様の3カメラスマートミラーですが、フロント・インナー・リアともに500万画素の夜間特化型イメージセンサー「IMX335」を採用しています…と書かれています。(が、これは嘘くさい)

未テスト品でイメージセンサーの表記も怪しいので実力は未知数ですが、1~2月くらいにはテストしたいと考えています。

3カメラスマートミラー型ドラレコ PORMIDO「PRD50」発売!
...

最強の4カメラドラレコ

ここまでにご紹介した3つのタイプのドラレコはどれも横方向の撮影は可能ではあるもものの、一長一短でそれぞれ得手不得手があります。

これらの弱点をすべて克服可能なのが4カメラタイプのドライブレコーダーです。

MAXWIN「SMDR-B001」

MAXWINの「SMDR-B001」は前後200万画素のスマートミラー型2カメラドライブレコーダーをベースに、左右に30万画素のサイドカメラが付属する4カメラタイプのドライブレコーダーです。

基本はドアミラー下からサイドカメラで後方を映す仕様ですが、OPのサイドカメラを使用することで撮影範囲を任意に設定する事が可能ですので、車両後方から前方を映すことでほぼ全方位を撮影するが出来るようになります。

アプデで各種安全運転支援を実装!4カメラスマートミラー型ドラレコ MAXWIN「SMDR-B001」のレビュー、評価
...

GARMIN「46Z」と「mini」

GARMIN「46Z」は最大で4台までのカメラを管理できるBluetoothとWiFiに対応したネットワーク2カメラドラレコです。

2カメラタイプの「46Z」のリアカメラと同じものが「mini」として販売されており、miniを2台まで追加して4カメラ体制を構築できるという塩梅です。

「mini」は液晶なしの超コンパクトなデザインですので、サイドカメラとしてもなかなか汎用性が高い上、それぞれが200万画の解像度になりますので、状況証拠、ナンバー認識のいずれの面からも最強の環境を構築出来るでしょう。

4カメラまで追加可能なネットワークドラレコ GARMIN「Dash Cam 46Z」が便利すぎた!
...

まとめ

以上、横方向を撮影できるドライブレコーダーについていくつかご紹介しました。

それぞれ価格帯も、見た目も、取り付けの手間も大きく変わりますので予算と目的に合ったモデルをお選び下さい。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました