MIRUMO eyeはディーラー向けのドライブレコーダーのブランドですが、その最新2カメラモデルの「DRC-32ST」が何故か安値で叩き売られています。

MIRUMO eyeのドライブレコーダーはヒューレットパッカードのドラレコと同一のデザインで、ソフトウェア、説明書なども共用されている部分が多く、おそらく同一のODM工場などで生産されている可能性が高いのですが、「DRC-32ST」のスペックを詳しく見てみると実はハードウェア構成が完全にオリジナルであるような気がしてきました。

スペックを見る限りはネットでは2万円台後半、ディーラーでは4万円程度が適正価格になると思うのですが、何故かは理由は分かりませんが、1万円台で叩き売られています。

※未使用中古品なので新品ではありませんが、ディーラーなどでのキャンセル品なのでしょうか?

多分すぐに売り切れると思いますが、良い機会なのでざっくりと「DRC-32ST」の特徴を見ておきます。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「DRC-32ST」のスペック

「DRC-32ST」のスペックは以下の表の通りです。

DRC-32ST

18.11発売
フロント:1920×1080/27.5fps/HDR
リア:1920×1080/30fps
LED信号対応
録画視野角
フロント:水平115°
リア:対角91°
リアカメラケーブル5m
microSD付属16GB
microSD最大32GB
GPS内蔵
駐車監視モード
動体検知/自動起動
衝撃検知/自動起動
タイムラプス/自動起動
専用ケーブルOP
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

なお、本機には「★ナイトモード機能【SONY STARVISセンサー搭載】」との表記が見られ、動画を見てもフロントカメラはSTARVISらしい夜間の明るさとなっています。

また、STARVIS機の弱点としては昼間のトンネル出口付近や、夜間のヘッドライトが反射した状態のナンバーの白飛びが顕著に表れる点が挙げられますが、本機のHDR補正はなかなか上手く白飛びを押さえらえている気がします。

※昼間はナイトモードOFF、夜間はONにしている可能性があるので、STARVIS機能を有効にした場合には、こうはならないかも知れません。

画質の設定は以下のパターンからの選択式なので、昼間はSTARVISを切った状態で撮影した可能性もあります。

①1080p/27.5fps

②1080p/27.5fps/HDR+WDR

③1080p/27.5fps/ナイトモード

④1080p/27.5fps/ナイトモード+HDR

録画視野角はリアが少し狭いのが気になりますが、1万円台なら安いですね。

因みにリアカメラにナイトモードの設定はありませんし、イメージセンサーのサイズが1/2.9ですのでSTARVISではないと思います。(フルハイビジョンのSTARVISセンサーは1/2.8サイズしかなかった気がしますので)

「DRC-32ST」の駐車監視について

「DRC-32ST」の駐車監視は、①衝撃検知、②動体検知、③タイムラプスからの選択式で、エンジンOFFで自動で駐車監視に入る仕様との事です。

■ 「DRC-32ST」取扱説明書

駐車監視の使用には専用のケーブルが必要との事ですが、もともとディーラーモデルの為、このケーブルはネットでは見当たりませんね。

まとめ

以上、「DRC-32ST」の特徴の概要についてご紹介しましたが、スペックからするとやはりネットでは2万円台後半、ディーラーだと4万円くらいしそうなモデルです。

何か訳アリっぽいですが、未使用品の中古で1万円台は安いですね。(笑)

気になる方はどうぞ!

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう