※2020年5月21日更新~2020年向けに内容を見直しました。

こんにちは!Omiです。

かつてのドライブレコーダーは、私のように車やガジェット好きの限られたユーザー向けのニッチなカテゴリーのアイテムでしたので、説明書が英語で分かりにくかったり、少しくらい操作性が悪かろうともそれほど製品の評価には影響しないものでした。

ところが最近はドライブレコーダーが一般化した事で、ガジェットが苦手な年配者や女性にも扱い易い製品の人気が上昇しており、通常であれば2週間に一度程度の頻度で必要な定期的なmicroSDカードのフォーマットが不要な製品も増えています。

そこでこの記事では2020年5月の段階で発売されているフォーマットが不要なドライブレコーダーのうち、画質が一定の水準をクリアしているおすすめの製品をご紹介します。

セルスター「CS-91FH」

セルスターの「CS-91FH」は2019年11月に発売された同社の2カメラドライブレコーダーのフラッグシップモデルです。

本機はフォーマット不要機能の他にも以下の付加機能を搭載しており、機能面では最も充実しているドライブレコーダーの一つです。

①オービス・事故ポイントアナウンス

②災害・危機管理通報表示

③4種類の安全運転支援機能

また、物理ボタンを廃して2.4型のタッチパネル液晶による分かり易い操作が特徴的で、現行の2カメラドライブレコーダーの中では初心者にも最も扱い易い製品と言えるでしょう。

画質の面では前後もスタンダードなフルハイビジョンの解像度ですが、国内メーカーの製品としては唯一SONYの最新の夜間特化型イメージセンサー「IMX327」を採用しており、抜群の夜間撮影能力を誇るなど、画質の面でも死角はありませんが、価格が他社同クラスの製品よりも1~2ランク高いのが難点です。

実機レビュー セルスター夜間最強のSTARVIS2カメラドラレコ「CS-91FH」の評価

なお、セルスターの現行ドライブレコーダーはほとんどがフォーマット不要機能を実装していますので、下位モデルや1カメラモデルが気になる方がこちらの記事をどうぞ。

セルスターのドライブレコーダー 各モデルの違いとおすすめモデル

コムテック「ZDR025」

コムテックの「ZDR025」は2019年12月に発売された同社の2カメラドライブレコーダーのスタンダードグレードのモデルで、日本国内の2カメラドライブレコーダーとしてはでダントツNo.1の人気を誇った「ZDR-015」の正当後継モデルです。

本機はコムテックの2カメラドライブレコーダーとしては上から3番目のグレードになりますので、フォーマット不要機能以外の付加機能はそれほど多くはないのですが、以下の5つの安全運転支援機能を搭載しています。

①後続車接近お知らせ機能

②先行車発進お知らせ機能

③前方信号お知らせ機能

④ドライブサポート機能

⑤車速アラーム機能

コムテックの2カメラドライブレコーダーの中でも、録画視野角も非常に広く、逆光補正能力が高く、スモーク車でもリアカメラが明るく映る、と言う特性を持っている上に価格も2カメラドライブレコーダーとしてはそれほど高くないリーズナブルな設定となっていますので、2カメラドライブレコーダーとしては最も万人におすすめし易い製品です。

やはり最強だった! コムテック2カメラドラレコ「ZDR025」の実機レビューと評価

コムテック「HDR963GW」

コムテックの「HDR963GW」は2020年4月に発売された同社の2カメラドライブレコーダーのフラッグシップモデルです。

本機はセルスターのさ「CS-91FH」と同様にフォーマット不要機能以外の付加機能も充実しており、以下の機能を搭載しています。

①オービス・事故ポイントアナウンス

②5種類の安全運転支援機能

本機は前後に200万画素のイメージセンサーを搭載したスタンダードなフルハイビジョンの解像度となっていますが、画質に関しては未テストの為、今のところ実力は未知数です。

前後とも超広角のHDRとなっていますので一定以上のものが期待出来ますが、「ZDR025」よりも優れているかどうかは不明となっています。

コムテックからまさかの最上位2カメラドライブレコーダー「HDR963GW」発表

コムテック「ZDR026」

コムテックの「ZDR026」は2019年1月に発売された同社のアッパーミドルクラスの2カメラドライブレコーダーです。

本機のフォーマット不要機能以外の付加機能は次の7つの安全運転支援機能となっています。

①後続車接近お知らせ機能

②先行車発進お知らせ機能

③先行車接近お知らせ機能

④前方信号お知らせ機能

⑤車線逸脱お知らせ機能

⑥ドライブサポート機能

⑦車速アラーム機能

本機は前後に500万画素のイメージセンサーを搭載し、「2560×1440」の高解像度録画を行うナンバー認識特化の高解像とモデルです。

視野角はそれほど広くはなく、夜間の撮影能力は下のグレードの「ZDR025」の方が高いので駐車暗視専用モデルと考えた方が良さそうです。

実機レビュー コムテック STARVIS対応 前後370画素2カメラドライブレコーダー「ZDR026」の評価

SEIWA「PDR800FR」

SEIWAの「PDR800FR」は液晶なしのWiFi対応2カメラドライブレコーダーです。

ここまでに紹介した2カメラドライブレコーダーは、スタンダードな箱型タイプで2.4型以上の液晶を搭載していますが本機はスマホでの操作・動画の確認が前提のWiFiモデルですので、ガジェットが苦手なユーザー向けと言う訳ではありません。

前後に夜間特化型のSONYのSTARVISセンサーを搭載し、フルハイビジョン録画を行う高画質モデルですので、WiFi対応の高画質ドラレコを希望するユーザー向けの製品と言えます。

セイワ 前後STARVIS搭載 2カメラドライブレコーダー「PDR800FR」のレビュー、評価

ケンウッド「DRV-830」

ケンウッドの「DRV-830」は同社の単体ドライブレコーダーでは最新最上位の超広角で超高解像度モデルとなります。

他のケンウッドのドライブレコーダーはバランスには優れるものの、他社と比べて特徴が薄く、機能・性能的にここが良い!と言う部分が見当たりませんが、「DRV-830」もバランス型ではあるものの、水平132°の超広角、「2560×1440」の超高解像度、HDRによる比較的高めの白飛び耐性、夜間の暗所での明るさを兼ね備えており、非常に高レベルなバランスの取り方となっています。

また、インターフェイスが特徴的で画面上でメニュー項目の説明の表示もあり、初心者や年配者の使用を前提とした新設せ計となっているのが特徴です。

このモデルのフォーマット不要機能はユーザー層を考えて良いところを突いている感じがしますので、好印象ですね。

ケンウッド 水平視野角132°の超広角ドライブレコーダー「DRV-830」のレビュー、評価

フォーマット不要のドライブレコーダーのまとめ

以上、フォーマット不要のドライブレコーダーで画質が一定以上の水準をクリアしているおすすめモデルについて6つご紹介しました。

なお、フォーマット不要ではあってもmicroSDカードのデータが絶対に壊れないと言う事はありません。

「なんだそりゃ?」と思うかも知れませんが、これらのモデルはファイルの断片化を防ぐ保存方式を採用している為、フォーマットをしなくても不具合は起きない事になっていますが、microSDカードは消耗品ですので繰り替えして使用するといつかは壊れます。

また、熱によっても各部が傷む可能性もありますので、何か月かに一回気が付いた時にでもフォーマットをしてあげるとカードの寿命は延びると思います。

大概はこう言ったフォーマットフリーのモデルには、メーカーもこっそり高耐久のmicroSDカードを付属させていたりしますので、普通のカードよりは壊れにくい筈ですが、定期的では無くても良いので時々フォーマットしてあげると更に幸せになれるでしょう(笑)。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!