ユピテルからドラレコ+レーダー探知機のセットモデル「Z810DR」が発売されています。

このモデルは指定店舗専用モデルなので、Amazonや楽天市場などの通販サイトでは販売されていません。

スポンサーリンク

取付店舗での受注発注という事になると思います。

■「Z810DR」取扱店舗

「Z810DR」がある程度売れるようなら一般モデルのおそらく「A810DR」?も追加で発売になるかも知れません。

「Z810DR」と「A800DR」の違い

「Z810DR」は2015年末に発売された「A800DR」の後継モデルになりますが、基本構造と機能面では「A800DR」とほぼ同じです。

最近発売されたセパレートタイプのレーダー探知器「A720」のジャンクションユニットにドライブレコーダーを接続するようなイメージでしょうか。

スポンサーリンク

■ セパレートタイプのレーダー探知機

上の図では直接電源ケーブルとなっていますが、もちろんOBDⅡアダプターを接続する事も可能です。

この辺りは「A800DR」と変わらない部分です。

「A800DR」から変更になっている点は、レーダー探知機機能が2017年モデルに準拠して小型移動オービスのレーダー波への対応、ガリレオ衛星補足、ファームウェアの自動チェックといった機能が搭載された点です。

ドライブレコーダー機能については、解像度はフルハイビジョンに下がっていますが、CMOSセンサーは「DRY-ST7000c」と同様の400万画素となっています。

先代のA800DRは2304×1296と400万画素CMOSセンサーだったので、精細感よりも景色の映り方を重視した変更かと思います。(microSDカードの容量対策もあるかも知れません)

 

また、「Z810DR」では西日本LED信号にも対応しており、ドライブレコーダーのスタンダード機能は全て網羅しています…と言いたいところですが、残念ながら駐車監視機能がありません。

現状のコムテックのレーダー探知器、ドライブレコーダーの人気を見るとこの部分が最重要ポイントだと思うんですが、いかがなものでしょう。

 

価格帯的には明記されていないのですが、おそらく5~6万円くらいになると思いますので車好きの人向けのモデルだと見受けられますが、それだと駐車監視機能がない事によってかなりユーザーを絞る事になりそうです。

ただし、駐車監視に関してはジャンクションユニットへの入力端子をOBDⅡアダプターから直結ケーブルに挿し変える前提であれば、常時録画の状態を維持する事も可能でしょう。(自己責任で)

その場合、ユピテルの駐車監視ユニット「OP-VMU01」かマルチバッテリーの「OP-MB4000」を使用する事になります。

スポンサーリンク

「Z810DR」に同梱されている直結ケーブルをキボシ処理して上記のユニットと接続すれば動くと思います。(試してません)

モバイルバッテリーでの駆動に関しては結論から言うと可能だと思います。

最近知ったのですが、USBの5Vを12Vに変換するケーブルが発売されていますので、これらのパーツを使えばモバイルバッテリーでの駆動も可能なのではないかと考えています。

 

 

ユピテル レーダー探知機用ミニプラグ変換コネクター OP-8U
ユピテル(YUPITERU) (2011-02-15)
売り上げランキング: 8,952

「Z810DR」の消費電力がどれくらいなのかにもよりますが、一般的なドライブレコーダーが実質的には5Vの0.5Aで2.5W、レーダー探知機は計測した事がないですが5Wくらいでしょうか?

余裕を見て合わせて10Wあったとしても5V換算なら2A出力出来れば動くはずだと思います。

モバイルバッテリーのUSB出力は1ポート当たりMAXで2.1A程度の物が普通なのできっと動く筈だ(笑)

アクティブセーフティ機能は3種類

「Z810DR」の連動機能の一つであるアクティブセーフティの画面出力は次の3種類になります。

  • スタートインフォメーション
  • レーンキープアシスト
  • 前方衝突アラート

ただ、他社も含めて単眼カメラによる距離や速度の計測には限界がありますし、加えて車種によってフロントガラスの角度、ドライブレコーダーの設置位置も異なります。

パイオニアのサイバーナビにも同様の機能がありますし、車種専用モデルではカメラの設置位置と角度を明確に決められていますが、それでも「おや?」と思う時があります。

これは全てのドライブレコーダーに言える事ですが、単眼カメラで全車種対応、取り付け位置、角度はユーザーや設置業者任せで…となってくると高精度は難しいと思いますので、この手の機能はオマケ程度で過度な期待はしない方が良いと思います。

※満足の行く反応精度になるまで設置位置や角度を調整する根気がある人は良いかも知れませんが、普通は一度設置したらあまり調整しませんし、画面を見ながら角度を調整するにもこれは走行中なら一人は出来ません。(これはユピテルだけでなく、全てのメーカー共通の問題)

道路の真ん中に車を止めて調整する訳にも行かないですからね。

従って現実的には走っては路肩に停車→調整→走っては路肩に停車→調整を繰り返す事になる訳です。

なお、ユピテルの「Z810DR」「A800DR」に関しては、OBDⅡアダプターでブレーキとウィンカーの操作信号を吸い出しますので、ブレーキーを踏んだ状態や車線変更時の誤報はカット出来る点では他社のものよりもアドバンテージがあると言えます。

スタートインフォメーションについては説明書に特にそのような記載が見つけられないので、アクセルを踏んでいても警報が出るかも知れません。

他社も含めてこの手の機能でうるさく感じるのは、前の車が動いた状態でこちらも発進していても、前車との距離が開くと警報がなる点ですので、ここもどうにかして欲しいところですね。

ポイントは駐車監視の可否とアクティブセーフティの精度

レーダー探知機としては2017年6月現在、小型移動オービスのレーダー波探知に対応しているのはユピテルとコムテックだけですので、レーダー探知機とドライブレコーダー連動モデルで高機能となるとこの2つのメーカーから選ぶことになります。

コムテックのレーダー探知器・ドライブレコーダーは最近はかなり売れているようですが、コムテックのレーダー探知器は誤報が気になる人もいると思います。

そんな人におすすめになり得るのが「Z810DR」な訳なのですが、やはりポイントは駐車監視の可否(特にモバイルバッテリーを絡めた)とアクティブセーフティの精度かなと思います。

現在ユピテルさんにサンプル貸し出しが可能どうか確認中ですので、貸して貰えるようならこのページにレビューを追記します。

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーとレーダー探知機の連動モデル

■ レーダー探知機 メニュー

■ ドライブレコーダー メニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう