「HDR967GW」コムテックからWiFi対応の2カメラドライブレコーダー発表

こんにちは!ドライブレコーダー専門家の鈴木朝臣です。

コムテックのHDR900系は、ディーラーなどの指定店舗向けの製品が多い品質重視のシリーズですが、今回は「HDR967GW」と言う型番でWiFi対応の2カメラモデルが発売されています。

ディーラー向けの販路ではこのようなWiFiモデルの需要は薄いと考えられますが、商品解説を見る限りこの製品は個人向けの他に、法人用途も意識して作られているようです。

「HDR967GW」のスペックと特徴

「HDR967GW」のスペックはこちらの表の通りです。

HDR967GW
21.10発売
フロント:1920×1080/27.5fps/HDR/WDR
リア:1920×1080/28fps/HDR
レンズ視野角
フロント:水平136°
リア:水平130°
LED信号対応
microSD付属32GB/最大128GB
GPS内蔵
フォーマット不要
駐車監視モード
衝撃録画/常時録画+衝撃録画/タイムラプス
自動起動
専用ケーブル
HDROP-014
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店

レンズ視野角やフレームレートなどのカメラ仕様の表記は、「HDR965GW」と全く同じですので、ベースは「HDR965GW」と考えられますが、リアカメラの録画技術が「ブライトナイトビジョン」から「PURECEL Plus-S」に改められています。

SONYでは夜間撮影に特化した技術をSTARVISと呼んでいますが、Omnivisonではこのような技術を「PURECEL Plus-S」と呼んでいるようです。

実際には「ブライトナイトビジョン」と「PURECEL Plus-S」は同じ技術と考えられます。

HDR900系は、一般向けのZDR系に比べると前後ともに夜間の影像が暗いと言う特徴があり、私は積極的におすすめはしていません。

「HDR967GW」に関しても、おそらくフロントカメラは歴代の900系と同様に、あまり明るくないと予測しています。

本製品はコムテックとしては珍しいWiFi対応機ですが、WiFi対応機そのものは他社から出尽くした感があります。

今さら画質があまり良くないと予測される、HDR900系のWiFiモデルをおすすめする気にもなれませんので、WiFi対応モデルを検討しているならこちらの製品をおすすめします。

【2022年版】WiFi対応のおすすめドライブレコーダー
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました