※2017年11月27日~現状に合わせて記述を見直しました。 

セルスターはユピテル・コムテックと並ぶレーダー探知機の三大メーカーの一社ですが、ドライブレコーダーに関しても数年前から法人・一般車両向けの販売を継続しています。

スポンサーリンク

2015年には初のレーダー探知機連動モデルが大ヒットしたものの、2016年以降には連動モデル自体が業界で一般化した事、それに代わる他のモデルの特性がスタンダード過ぎた事で2017年現在でもドライブレコーダー市場での存在感は薄くなっています。

他社が視野角・解像度・駐車監視の利便性など、それぞれのオリジナリティの強い特価モデルを販売している状態で、セルスターのドライブレコーダーは掴みどころがない良くも悪くも普通のモデルと、価格の割に画質と機能がイマイチのモデルが多くなっている気がしますね。

このページではセルスターのドライブレコーダーをスタンダードタイプ、セパレートタイプ、液晶なしのレーダー探知機連動タイプ、2カメラタイプの4つのカテゴリーに分けてご紹介します。

 

 

スタンダードタイプ

セルスタードライブレコーダーのスタンダードタイプは、以下の2モデルです。

セルスター
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
CSD-670FH
CSD-660FH
17.01発売
参考価格17.11.27
21,814円19,750円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920x1080
LED信号対応
30fps
水平107°
HDR
16GB
最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵GPS非対応
駐車監視機能
衝撃センサー
専用ケーブル
GDO-10
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「CSD-660FH/670FH」の違いはGPSの有無になります。

ナイトビジョンモードを搭載し、価格帯的にはハイエンドクラスになるのですが、画質面での処理が被るコムテックの「HDR-352GHP」などに比べると録画視野角で大幅に狭い上に、駐車監視の利便性も悪く、解像度も強制的されてしまう仕様の為、この2モデルはオンリーワンの特徴がなくあまりおすすめしていない状況です。

セパレートタイプ

このゾーンは中堅以上のメーカーではほぼセルスターのみからの販売になっています。

セルスター
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
CSD-610FHR
セルスター セパレート型 ディスプレイ搭載ドライブレコーダーCSD-610FHR CSD-610FHR
CSD-620FH
セルスター セパレート型 ハーフミラータイプ ドライブレコーダーCELLSTAR CSD-620FH
CSD-630FH
CELLSTAR CSD-630FH セパレート型ハーフミラータイプ ドライブレコーダー【フルHD画質】
16.05発売16.04発売
参考価格17.11.27
27,421円18,650円22,000円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920x1080
西日本非対応の可能性あり
30fps
水平107°
HDR
付属16GB
最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSはレーダー探知機より受信可GPS内蔵
駐車監視機能
衝撃センサー
専用ケーブル
GDO-10
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

この3モデルはGPSの有無の差や、本体がミラー型などの形状の違いはありますが、レンズやCMOSセンサー、チップセットなどは同様であると思われます。

カメラ部のセパレートは発想としてはなかなか良いとは思うのですが、録画視野角が中途半端である点、画質ににじみが感じられる点などから、主にリア用としておすすめしています。

フロントのこれらのモデルを設置するメリットは少ないと感じますね。

 

■ セルスター「CSD-610FHR」のレビュー、評価

液晶なしのレーダー探知機連動モデル

液晶なしのレーダー探知機連動モデルは、2015年モデルと2016年モデルが各1つずつとなります。

セルスター
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
CSD-600FHR
セルスター(CELLSTAR) コンパクトドライブレコーダー レーダー相互通信対応 microSDメンテナンスフリー パーキングモード搭載 日本製3年保証モデル CSD-600FHR
CSD-500FHR
セルスター(CELLSTAR) コンパクトドライブレコーダー レーダー相互通信対応 Full HD画質 パーキングモード搭載 日本製3年保証モデル CSD-500FHR
16.12発売15.06発売
参考価格17.11.27
17,790円11,248円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920x1080
西日本非対応の可能性あり
30fps
水平107°水平102°
HDR-
付属16GB付属8GB
最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSはレーダー探知機より受信可
駐車監視機能
衝撃センサー
専用ケーブル
GDO-10
専用ケーブル
GDO-05
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

レーダー探知機との連動性に関しては、2015年の時点で「CSD-500FHR」の発売により、ドライブレコーダーからの動画の取り込みだけでなく、ドライブレコーダー側からレーダー探知機にGPS信号や操作信号を送るなど、双方向の通信を実現しています。

2015y06m18d_173348864

このモデルはHDRなどの逆光対策はありませんでしたが、衝撃センサーによる駐車監視モードも搭載しており、液晶とGPSをレーダー探知機に依存する事で価格もリーズナブルでしたので、2015年時点ではかなり売れていたようです。

2016年5月時点では、業界全体で以下の3つの機能が搭載されているモデルがスタンダードになってきていますが、「CSD-500FHR」にはこれらの機能が無い為、2017年の最新モデルに比べると性能・機能面でやや物足りなく感じます。

「CSD-500FHR」に搭載されていない機能

スポンサーリンク
  • 西日本LED信号への対応
  • HDRなどの逆光対策
  • モーションセンサーによる駐車監視

このうち2017年モデルの「CSD-600FHR」では西日本LED信号への対応とHDRなどの逆光対策が実装されていますので、スペック表記だけ見れば割とおすすめ出来る仕様となっています。

ただし、2016年モデルでかなりぼやけた画像がどれだけ改善されているかは不明ですし、レーダー探知機との連動性を考えるとコムテックの「ZDR-013」と変わりません。

従って、レーダー探知機の部分で誤報が多いコムテック製品が嫌でなければ「ZDR-013」の方をおすすめしますし、レーダー探知機のトータルの機能や性能を考えるのでればドライブレコーダーとの連動モデルは避けて、ユピテルのレーダー探知機を軸に考えた方が良いような気がします。

■ ドライブレコーダーとレーダー探知機の連動モデル

2カメラタイプ

セルスタードライブレコーダーの2017年最新モデルは、以下の2カメラモデルです。

セルスター
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
CSD-690FHR
17.11?発売
参考価格 17.11.27
39,400円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
フロント:1920×1080/30fps
リア:1280×720/30fps
全国LED信号
フロント:水平116°
リア:水平97°
HDR
付属16GB
最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSレーダー探知機吸出し
安全運転支援
駐車監視モード
動体検知
手動起動
専用ケーブル
GDO-10
最大12時間
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「CSD-690FHR」は本体の裏表に2つのレンズを搭載した2カメラモデルですが、CMOSセンサーにドライブレコーダーとしては最上級グレードと思われる裏面照射型のExmor Rを使用しています。

フロントカメラの水平録画視野角は116°となっており、ナイトビジョンモードも搭載していますので走行中の証拠能力はそこそこ高いように思われます。

サブカメラに関してはタクシーな教習車に搭載されるような解像度と色数を落とした赤外線照射タイプのようですので、後方撮影というよりも車内撮影向きだと思います。

駐車監視に関しては録画解像度が強制的に35万画(640×480)に落とされてしまうので、ちょっと微妙な感じですね。

個人的には興味を持っている部分もあるモデルですが、スペックの割に価格が高すぎる印象です。

■ セルスター2カメラドライブレコーダー「CSD-690FHR」発表

セルスターのドライブレコーダーのまとめ

セルスターのドライブレコーダーをざっと見てみると、ターゲットが広そうなスタンダードタイプは他社のモデルに機能や性能が下回っており、なかなか良いかもしれないレーダー探知機連動モデル「CSD-600FHR」は、肝心のレーダー探知機の2017年モデルが微妙なのでセットでのおすすめはしにくい状況です。

セパレートタイプに関しては滲みの問題さえなければ積極的におすすすめ出来たのですが、価格帯を考えてもちょっとどうかな…と言った感じです。

2カメラモデルの駐車監視の仕様を少し見直してもらえれば…と残念に感じています。

スポンサーリンク

スタンダードモデル以外のカテゴリーのモデルは、良いところもあるけどそれを打ち消すくらい残念な部分も際立つので勿体ないですね。

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーおすすめモデルをまとめて紹介!!

■「1万円程度で買えるドライブレコーダー」おすすめ6選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう