トヨタ純正ディスプレイオーディオについて解説

こんにちは!Omiです。

アフターパーツのディスプレイオーディオはパイオニアが数年前からコツコツと展開してきたカテゴリーで、昨年からはアルパインが本格的に市場に参入するなど、ポストカーナビとして盛り上がりを見せています。

このような状況の中でトヨタ純正品にも2019年からディスプレイオーディオのラインナップが加わり、2021年1月現在では17車種と対応車種も増えてきていますね。

トヨタのディスプレイオーディオの機能構成はアフターパーツの製品と比べても参考になる部分も多く、今後パイオニアなどのアフターパーツ製品でもこのような構成の製品が出てくる事も考えられますので、今回はトヨタの純正ディスプレイオーディオの特徴について見ていきます。

ディスプレイオーディオ

ディスプレイオーディオとは?

ディスプレイオーディオは2019年頃から盛り上がりを見せているポストカーナビとして注目を浴びているガジェットです。

原則としてカーナビソフトは搭載せずに、CarPlay・Android Autoなどの機能を使ってスマホのナビアプリを使う前提です。

詳しくは以下記事をご参照下さい。

2021年におすすめのディスプレイオーディオのまとめ
...

ただし、ここでご紹介するトヨタのディスプレイオーディオについては、OPでカーナビソフトのインストールも可能となっています。

トヨタ車向け汎用のディスプレイオーディオ

トヨタ車全般向けの汎用ディスプレイオーディオはこちらです。

と言っても車種別にデザインや液晶サイズ、選べるOPが異なり…

例えばヤリスの場合にはこのフローティングデザインで8型液晶ですが(7型もある)

アルファードではビルトインタイプの9型になります。

ポイントをまとめるとこちらの通りです。

・ディスプレイオーディオ標準装備車は、原則として従来型のカーナビ機能のみ、またはオーディオレスと言う選択肢はない
・ディスプレイオーディオの筐体は車種別に異なる
・ディスプレイオーディオにも従来型のカーナビソフトをインストール出来る

なお、これは車種によって組合わせに制限があり、例えばライズとルーミーでは「従来型のカーナビ機能+ディスプレイオーディオ機能」と言う選択肢はありません。

適合車種はこちらから確認できます。

■ ディスプレイオーディオ対応車種一覧

ディスプレイオーディオとしての機能

ディスプレイオーディオとしての機能はスタンダードなものとなっており、以下の通りです。

・ラジオ
・Bluetooth
・USBメディア再生
・フルセグ(OPで33,000円)
・CarPlay/Android Auto(USB接続)
・バックカメラ

これ以外にもスマホ連携のオリジナルの機能として「SmartDeviceLink」と「Miracast」があります。

「SmartDeviceLink」はUSB接続によりオーディオのディスプレイにスマホのアプリのアイコンを表示して操作が可能になる機能です。(CarPlay/Android Autoと似たような機能ですが対応アプリが異なります)

対応アプリはこちらの通りです。

■「SmartDeviceLink」対応アプリ

「Miracast」はスマホのWiFiポートを使用して他のディスプレイに無線ミラーリングを行う汎用のシステムです。

有料の動画アプリなどは著作権の関係で再生できないものがあるかも知れません。

 

ディスプレイオーディオとしての機能性はパイオニアやアルパインなどの市販品と大差ない感じですね。

ただし、これらの市販品はHDMI INポートを搭載していますのでFire TVやChromecast、iPhoneの優先ミラーリングなどとの相性も良いですが、トヨタの純正ディスプレイオーディオについてはHDMIの記述が探せません。

カーナビでミラーリングする方法のまとめ
...

CarPlay、Android Autoについては別記事にて解説していますので、気になる方はそちらをご参照ください。

■ CarPlayの対応アプリ、使い方と使用感について
■ Android Autoの対応アプリ、使い方と使用感について

T-connectのエントリー機能も標準でサポート

標準装備のディスプレイオーディオでは、ナビキットなしでもこちらのT-Connectのエントリー機能もサポートされています。

・ヘルプネット:事故や病気の際に緊急通報が利用できる
・eケア(走行アドバイス):警告灯点灯時にオペレーターがアドバイス
・マイカーサーチ(うっかり通知/カーファインダー/リモート確認・操作のみ)

※基本料金は5年間無料、翌年から3,630円/年

なお、これだけでは物足りないと言う方向けにはOPで以下の機能も追加する事が出来ます。

・マイカーサーチ Plus:アラーム通知/車両の位置追跡/警備員の派遣/エンジン始動通知/リモートイモビライザー(2,420円/年)
・リモートスタート:乗車前にエアコンを付けることで快適な温度に調節(2,420円/年)

エントリーの3つの機能だけでは物足りないと感じる方は、防犯系便利系を個別にチョイスして追加する事が出来るという事ですね。

これにエントリーナビキットを付けるとカーナビソフトが、さらにT-Connectナビキットを付けるとT-Connectの幅広い機能がサポートされます。

価格的にはどうなのか?

次に市販品とのコスパの比較をやろうと思ったのですが、ディスプレイオーディオ自体標準装備になってしまったので単純な比較が出来ません…残念ですが。

※地デジはOPで+3.3万円です。

この時点で既にアフターパーツのディスプレイオーディオへの換装と言う選択肢はない気がしますね。

…と思っていたら、どうやらディスプレイオーディオ標準搭載の車は原則としてアフターパーツへの換装自体が不可のようです。(RAV4、C-HR、プラドなどの一部車種ではカーナビレスの選択肢も出てきているようですが)

これは残念ですね。

仮に私が40系のアルファードを新車購入する事になった時には、ディスプレイオーディオは車両価格に含まれますから、11万円のT-Connectナビキットにするのか15万円以上が相場のアフターパーツのハイエンド品にするか迷うところです。

既に30系の後期型からアフターパーツへの換装は不可になっているので、40系でもダメでしょう。

せめてHDMI入力ポートくらいは付けてほしいですね。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

コメント

  1. 冷奴 より:

    トヨタのディスプレイオーディオですが、去年ヤリスクロスが出た際に確認しましたが、やらならせ解像度はVGAのようです。
    普通に使う分にはHDナビと大差ないかもしれませんが、バックカメラの画像とか見てどうもショボく感じました。
    なので個人的にはトヨタ車を買うならディスプレイオーディオレスにしてサイバーナビか楽ナビ辺りを自分で取付したいと思います。
    純正ナビは無くなると言われたのでディスプレイオーディオの標準化はともかく、マツコネ以下の解像度(マツコネも縦は新型でも480ですが)とかその辺は色々と残念に思います。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      冷奴様
      どうも色々調べていると、DA標準搭載の車種は社外品カーナビの取付はNGである事が分かりました。
      おそらく、全ての車種でT-connectの運用が想定されたケーブル類の取り回しになっており、ソフトウェアで機能のON/OFFを制御しているだけのようなので社外品の選択肢すらないという悲しい事になっているようです。
      …と思ったら、T-connectは基本機能+上位機能+OP機能に分けられていて、基本機能はカット出来ないみたいです。

      • 冷奴 より:

        https://news.yahoo.co.jp/articles/2749548602802e50fcd93ccb3e3d4cd5b68d484e?page=2

        RAV4は去年の年次改良でオプションにオーディオレスが追加され、社外ナビの装着が可能になったとディーラー聞いていたので、全車そうなのかと思ってたらそうではないのですね。
        RAV4にしても、オーディオレスにしたら様々な純正オプションが着けられなくなるオマケ付きですが…

        https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_navi_202008.pdf

        *6個とか、何処ぞのKDDIの新料金プラン見たいです。
        あ、トヨタの関連と言うか協力会社だったなKDDI…

        T-CONNECT普及を狙ってディスプレイオーディオの標準化を企図したのかは分かりませんが、不評も多いようではあるみたいですね。
        マツダのマツコネみたいに全車標準固定化するよりは選択の幅を持たせた方が良いのではないかと思うのですが、トヨタ的にはやはりディスプレイオーディオ固定の方が儲かるんですかね…

        • 管理人Omi 管理人Omi より:

          冷奴様
          車種によってはオーディオレスが可能なんですね。ややこしいなあぁ(笑)
          将来的には車もソフトウェアの更新が重要スマホのような特性になると言われてますし、色々試したいんでしょうね。
          長期的に見ると車外ナビが介在する余地はなくなって行くように思います。

  2. ママさん より:

    トヨタのディスプレイオーディオの記事
    言葉が微妙に違う気がして

    ディスプレイオーディオはナビの機能はエントリーキットをつけな使えんくないですか?

    ディスプレイオーディオだけだとラジオなど使えるだけでナビを使うにはエントリーキットを必ず装着しないかんから、それらもインストール出来ると言う文章はちょい違う気がしました。

    DVD、CDを聞くにはそのキット
    テレビを見るには33000円払わないとみれないし

    アルファードを買いましたが、ディスプレイオーディオって何やねん?!
    と怒りすら覚えましたが、メーカーオプションだと70万程するので、我が家はディスプレイオーディオにオプションに継ぐオプションで後席モニターも含め45万だか払いました。

    • 管理人Omi 管理人Omi より:

      ママさん様
      ご指摘ありがとうございます。ご指摘の通りディスプレイオーディオにはナビ機能はありません。

      私としてはディスプレイオーディオ=「カーナビソフトのない液晶付きのオーディオ」と言った具合に、カテゴリーとして確立しているという解釈です。なので敢えて注釈は入れませんでした。
      https://car-accessory-news.com/display-audio/

      LaBoon!!のファンの方は40代以上のマニアックな男性の方が多いので、敢えてそういった方向けの表現とさせて頂いてましたが、冒頭にディスプレイオーディオの解説を入れさせて頂きました。

      この記事自体はトヨタのディスプレイオーディオに対する雑感なので、車種別ではこのように詳しく書いて行くつもりです。
      https://car-accessory-news.com/carnavi-alphard/

      確かに今のトヨタの方式は割高になりますね。リアモニターなども入れると相当に…。こう言ったご意見はメーカーに伝えた方が良いと思います。
      ただ、メーカーとしては売上と利益が正義なので、売れなくならない限りは方向転換はしないかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました