ドライブレーダーを通販で購入しても自分で取り付けが出来ない、何かあった時に困るので取り付けはお店でやって貰いたいという人向けのおすすめの「ドライブレコーダー取り付け店舗の探し方」について説明します。

自分で取り付けにチャレンジしてみたいと思っていいる方は、こちらのページを参照して下さい。

スポンサーリンク

 ドライブレコーダーの取り付け方法

ドライブレコーダーの取り付け工賃は、1万円~1.5万円とも言われていますが、実際のところドライブレコーダーの普及率や、取付店舗によって工賃は様々で、一概にどれくらいと言うのは難しいです。

kangaeru

ドライブレコーダーはどこで取り付ける?

まず、一般的に思い浮かぶのは、1.カーディーラー、2.オートバックスなどのカー用品量販店、3.町の車屋さん、などだと思います。

ドライブレコーダーの取り付け自体は、非常に簡単な部類に入る作業なので、どこで頼んでもそこまで大きな差は出にくいと思いますが、ざっくり特徴をあげると以下の通りです。

取付の精度や工賃を考えれば、最も信頼性も工賃も高いのは「カーディーラー」、工賃はそれなりで取り付け精度にやや幅があるのが「カー用品量販店」、工賃が安い代わりに取り付けの精度の幅が物凄く大きいのが「町の車屋さん」でしょう。

スポンサーリンク

カーディーラーでの取り付け

カーディーラーは保証の問題などから、通販で購入したドライブレコーダーの取付自体をやってくれない場合が多いです。(運営会社の系列によります)

接客レベルも高い傾向にありますし、資格を持った整備士さんが取付作業に当たりますので工賃は高めになります。

オートバックスでの取り付け

オートバックスなどのカー用品店では、自社購入の商品と他社で購入した商品では実質的に取り付け工賃が異なります。(直営店・フランチャイズ店舗など、営業形態が様々なので一定ではない)

Amazonで購入したドライブレコーダーは、指定店舗では6,500円からの取り付けと直送が可能になっています。(Amazonマーケットプレイス以外で購入した商品、国産車のみが対象、マーケットプレイスの商品とは、楽天市場のように他社がAmazonのサイトで販売している商品です)

ただし、この方法はかなり処理が複雑で、管理人はちょっとやる気が起きませんので、オートバックスでの取り付けにこだわるのでなければあまりおすすめ出来ない方法です。

興味の無い方はこの項目は読み飛ばして、次の「町の車屋さんでの取り付け」に進んでください。

オートバックスで取り付けをしたい方は↓のリンクをどうぞ。

■ オートバックス Amazonで購入した用品の取付・交換サービス

下の画像の赤丸に、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と記載されている商品が、オートバックスでの取り付け可能商品です。

2016y02m20d_220601086

【スマホの場合】

2016-02-20 22.21.19

スポンサーリンク

マーケットブレイスの商品の場合は、他の小売店などの名称が記載されています。

2016y02m20d_220647921

購入から取り付けまでの流れは以下の通りです。Amazonで購入する前に近くに取り付け可能な店舗があるかを確認します。

STEP.1 

上記のページから取り付けを「希望するパーツ」を選択、または下の方の「予約フォーム」というボタンを押します。(どちらでもリンク先のページは同じ)

2016y02m20d_185417303

2016y02m20d_185429931

STEP.2

商品ジャンルから「ドライブレコーダー」にチェックを入れて、「交換・取付可能店舗を探す」ボタンを押します。

2016y02m20d_190412059

スマホ用のサイトでは入力不要な部分にカーソルが入ってしまう不具合が発生しますが、黄色の枠の部分は入力しません。

STEP.3

取付可能な店舗の全国一覧が表示されますので、都道府県を選択します。

2016y02m20d_191916550

すると該当都道府県の取付可能店舗の一覧が表示されます。

近くの店舗があればAmazonのサイトを開きます。

STEP.4

マーケットプレイスの商品ではなく、Amazonが直接販売している商品である事を確認し、レジに進みます。

店舗への直送は入力作業がやや面倒ですし、スマホからだとかなり難解に感じますので、タイヤなどの大物以外は自宅に配送してもらい、店舗に持ち込む方法をおすすめします。

一応、直送の方法も説明しますが、持ち込みの場合は読み飛ばして5.に進んで下さい。

赤丸で囲った、お届け先の住所の「変更」ボタンを押します。

2016y02m20d_215936761

【スマホの場合は、「お届け先住所」の枠内をタップ】

2016-02-20 22.19.57

「新しい届け先住所を追加」をクリックして、取り付け店舗の情報を入力します。

2016y02m20d_215950597

スマホの場合は【住所を追加する】をタップ

2016-02-20 22.20.13

お届け先として、取付を希望される店舗の住所および電話番号を入力してください。なお、お届け先の欄内の「氏名欄」には、店舗名及びご注文者氏名を入力ください。(例:店舗名「オートバックス豊洲店」、ご注文者様氏名「音場久寿夫」の場合は、お届け先の氏名欄を「豊洲店 音場久寿夫」に修正)

とありますので、このように入力します。

2016y02m20d_224738603

STEP.5

先程と同様に、以下のリンクから取り付け店舗を探す画面に進みます。

■ オートバックス Amazonで購入した用品の取付・交換サービス

都道府県別の店舗を検索して、該当店舗をクリックします。

2016y02m20d_233119075

「この店舗に作業予約する」ボタンを押します。

STEP.6

取付店舗情報の欄が埋まりますので、Amazonの注文番号と商品名、数量を入力、お客様情報を入力します。

2016y02m20d_233928516

Amazonの注文番号は、アカウントサービス⇒注文履歴と進めば確認出来ます。

2016y02m20d_234229970

2016y02m20d_234440097

スマホの場合は、左上のメニューから「注文履歴」⇒該当商品の「注文内容を表示」をタップします。

2016-02-20 23.48.31

2016-02-20 23.48.40

2016-02-20 23.48.46

 

STEP.7

車検証を用意して、取り付ける車の「メーカー」「車種名」「グレード」「ナンバーの下4桁」「年式」を入力します。

2016y02m21d_000919440

STEP.8

「送付先の情報」「店舗到着見込み日(直送の場合)」「ご来店希望日」「希望連絡時間」を入力して、ページの一番下の「確認画面」へを押し、内容に誤りが無ければ確定します。

2016y02m21d_001011665

※Amazon以外での購入の場合、原則としては該当店舗に直接問い合わせになります。

ただし、オートバックス通販で購入したこれらのドライブレコーダーは一定な様です。

町の車屋さんでの取り付け

町の車屋さんについては、直接電話で確認が必要で、基本的に相手は接客業ではないので、中には全く商売っ気のない不愛想なおじさんもいたりします。(そういう人に限って腕が良かったりするのですが)

ただし、工賃が圧倒的に安くなる可能性があるのがこの方法です。

慣れない人にはやや敷居が高いように感じますが、最近ではそういう人の為に、「GooPit」という 持ち込みパーツの取り付け店舗検索サービスがあります。

GooPitの使い方

自分が住んでいるエリアをクリックします。

2016y01m30d_134512994

「パーツ持ち込み取り付け」の該当する都道府県をクリックします。

2016y01m30d_134719192

STEP.1

「その他電装系」にチェックを入れます。

2016y01m30d_134915688

STEP.2

該当する市区町村をクリックします。

2016y01m30d_135048056

検索するエリアの半径を指定して検索ボタンを押します。

2016y01m30d_135226770

該当するお店の一覧が表示されますので、作業実績や評価を確認して、気になるお店があれば店舗名のリンクをクリックすると、店舗の詳細ページに進みます。

2016y01m30d_135454034

こちらから電話での問い合わせか、メールでの見積もりが可能ですが、ここまで来たら電話で問い合わせた方が楽です。

2016y01m30d_135859098

評価の欄には接客レベル・作業時間・工賃などについての評価がありますので、こちらを参考にすれば自分にあった取り付け店舗が見つかるでしょう。

2016y01m30d_141722607

申し込む前に必要な部品を確認する

ドライブレコーダーの取り付けの申し込みや見積もりを依頼する前に、追加で必要になる部品がないか確認しましょう。

付属のシガープラグを車のシガーソケットに挿し込んで電源を取るだけなら付属部品は必要ありませんが、配線を隠す為にヒューズボックスから電源を取るのであれば、ヒューズ電源取り出しのソケットが必要になります。

エーモン 1554 電源ソケット 1穴
エーモン 1554 電源ソケット 1穴

また、駐車監視モードを搭載するモデルで、内蔵バッテリーがないタイプのドライブレコーダーは、メーカー指定の常時電源ケーブルと合わせて、ヒューズ交換用のケーブルが1~2個必要になります。

参考ページ

■ 参考~ドライブレコーダーの取り付け方法

上記のソケットと合わせて、取り付け店舗に必要な部品も合わせて持ち込むのか、先方で用意してくれるのかも確認した方が良いでしょう。

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーおすすめモデルをまとめて紹介!!

■「1万円程度で買えるドライブレコーダー」おすすめ6選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう