■Amazonで使用出来るユピテル限定割引クーポン発行中!

国内初の車載WiFiルーターの評判はどうなんでしょうか?

2015年の3月に「404HW」が発売されてから既に1年が経過しますが、それ以降車載WiFiに関しての新しい話題は耳にしません。

発売当初には大手メディアで一斉に取り上げられましたが、「使い道は回線契約していない子供用のタブレットなどを車内で使えるようになる」などに限定されていました。

スポンサーリンク

私自身、この「404HW」が発売された段階で一応購入を検討してみた経緯があるのですが、全く必要性を感じる部分がなかったので購入を見送りました。

あれから1年が経過しましたが、車載WiFiを活用できるようなデバイスは発売されたでしょうか?

現状発売されている電子デバイスと車載WiFiの必要性について考えてみました。

車載WiFi「404HW」

この「404HW」という車載モバイルルーターはシガーソケットに差し込むプラグタイプの形状で、電源のオンオフが車のACCに連動します。

main

ACCとはアクセサリー電源でキーを捻って一段階目の状態です。

また、本体に給電用のUSB端子を備えている事が通常のモバイルルーターとの相違点です。

従って通常のモバイルルーターとの使用上のメリットの差は、別途設置位置を考える必要がない点、ルーター本体への充電ケーブルが不要になる点の2点となります。

車載WiFiが必要となるシチュエーションは?

肝心の車載WiFiが必要となるシチュエーションですが、以下の4つが挙げられます。

スポンサーリンク

①スマホの使用(通信量に余裕がないケース)

②カーナビやレーダー探知機などのデータ受信

③ノートパソコンやデータ通信を契約していないタブレット端末の使用

④IP監視カメラの使用

このうち①~③に関してですが、最近ではiPhone7の発売に伴って、ソフトバンクから標準の5Gプランに1,000円を追加して20GBまで使用が可能なギガモンスターというプランが登場しています。

また、ドコモやauもソフトバンクに追従する形で同様のプランを発表していますので、①~③の用途に限っては別途車載WiFiをせずとも、スマホのデザリングを使用した方が断然お得です。

ただし、20GB以上のプランに関してはデザリングは2017年5月以降別途1,000円が掛かる意地悪仕様ですので、デザリングを使用するのであれば車載WiFiについて一考の価値はあります。

2016y09m19d_150401211

スポンサーリンク

とは言え、自宅では固定回線からのWiFi、スマホは外出時のみの通常使用で通信量に余裕があるのならば、車載WiFiの導入はほとんどメリットがないでしょう。

従って、車載WiFiを導入するメリットがある人は、スマホの5GBのプランを契約していて、なおかつデザリングを使用し、通信料が足りなくなる月がある人のみとなります。

この場合はギガモンスターを契約する事で、5GBのプランから20GBのプランに変更する事で+2,000円の出費で問題が解決出来ます。

車載WiFiを検討する上で、この2,000円というのがポイントになりますので良く覚えておきましょう。(状況によっては、ほぼ0円で車内でWiFiを使用出来る場合があります)

車載WiFiの導入、運用コストについては後で説明しますので、次は④IP監視カメラの使用について考えてみましょう。

車載WiFiをIP監視カメラとして使う

カーセキュリティを考える上で、最近では当て逃げや車へのイタズラに対する証拠能力として、ドライブレコーダーが注目を浴びています。

また、トヨタの「T-Connect」やサイバーナビなどの上級カーナビには、付属のカメラでリアルタイムに車両の状況を監視し、異常を検知した際にユーザーにメールで知らせつつ、画像を確認出来るシステムを搭載しているモデルもあります。

これらのシステムは証拠能力だけでなく、現在進行形で発生しているイタズラの抑止という効力も併せ持ちます。

ただし、これらのシステムは導入コストが数十万円という、極めてゴージャスな価格設定となっている為、現在直面しているイタズラ野郎の撃退という目的の達成を考える上では現実的ではありません。

そこで考えられるのが、WiFi対応のIPカメラを使用しての車両の監視です。

2016-09-14-23-03-51

スマホアプリで閲覧可能なWiFi IPカメラ「スマカメ」

これから説明するPLANEXのスマカメは、周辺のアクセスポイントからインターネットに接続し、離れた場所からスマホで動画の閲覧が可能なIPカメラです。

本体のmicroSDカードに動画を録画するだけでなく、動体検知により異常を感知した際には、スマホにインストールしたアプリからアイコンや音声でユーザーに異常を知らせます。

通知を確認してアプリを開くと、数秒で現場の動画がスマホに映し出され、スマホのマイクから音声を送信する事も可能ですので、現在進行形のイタズラを抑止する効果も期待出来ます。

また、強力な赤外線を備えていますので、夜間の光源が少ない状況でも撮影が可能です。

PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ 話せる ナイトビジョン) 暗視撮影・音声双方向対応 CS-QR22
PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ 話せる ナイトビジョン) 暗視撮影・音声双方向対応 CS-QR22

通信データ量の方も、ほぼ異常の通知を受けてスマホから動画を見ている際にのみしか掛かりません。

ただし、車の電源がオフになっている状態では、車載WiFi「404HW」が作動しない為、通常のモバイルルーターをモバイルバッテリーで駆動させた方が良いという結論に至ります。

車載WiFiとモバイルルーターはどちらが実用的か

先ほど述べたように、車載WiFi「404HW」の運用上のメリットは、通常使用においては電源オンオフが車のキーと連動する点と、別途電源コードを必要としない点です。

逆にデメリットは車から給電出来ない場合には使用不能である、車外で使用する事が出来ない点です。

また、料金体系に関しては現状「404HW」を取り扱っている以下の2つのプロバイダーでは、月間1Gまでで1,980円、7Gまでで3,696円とかなり割高です。

》》》ワイモバイル

プランによりけりですが、ワイモバイルの回線を既に使用している場合は端末代金込みで1ヶ月の使用料金が540円となっています。(1ヶ月の通信データの上限は1GBまで)

2639504633_5f4e50ef98

そもそも既にモバイルルーターを契約しているのであれば、車載WiFiは必要ないでしょう。

車内でのWiFi利用を検討するならWiMAX

料金的にメリットが感じられない「404HW」ですが、問題なのはワイモバイルの料金体系です。

モバイルルーターを車内で使用するという前提で考えるのであれば、「WiMAX」の方が断然コストパフォーマンスが高く、先ほど述べたように状況によってはほぼ0円の追加費用で、月間30GBまでモバイルルーターを使用する事が可能です。

最近のモバイルルーターは軽量薄型で設置場所には全く困りません。

2016-09-14-22-57-44

因みに料金的には、月間で3,000円程度になるのですが、これは現状契約しているスマホのプランを見直すことである程度捻出が可能です。

ソフトバック、ドコモ、auともに標準となっている5Gパックは5,000円(税別)ですが、これを2Gパックに落とす事で3,500円までスマホの通信料を下げる事が出来ます。

例えば夫婦二人で、車の監視が必要ない状況では、可能な限りスマホはモバイルルーター経由で通信を行うように心掛ければ、どうにか2Gでも足りるようならば、スマホ2台分で3,000円の節約になりますので、ほぼ0円でモバイルルーターが使用出来るという算段です。

》》》モバイルルーターのキャンペーンと料金の比較

車内でのIPカメラとモバイルルーターの詳しい運用方法については、こちらの記事もご参照下さい。

》》》車のイタズラ、防犯対策に最強のアイテム

ワイモバイルも法人向けのサービスを前面に打ち出している?

「車載WiFi」で検索するとワイモバイルの有料広告がトップに表示されるのですが、バスやタクシー向けに車載WiFiはどうですか?的な内容です。

もちろん、このような新しい試み自体は必要だと思いますし、話のネタとしては面白いのですが、実際のところ接続台数が10台までというのは他のモバイルルーターでも変わりませんし、バスで10台というのは少なすぎるように感じます。

タクシーにしても、乗車中にわざわざセキュリティーパスを入力してWiFiに接続するのは面倒です。

個人の集客が難しい為に苦し紛れに法人に売り込もうとしているような感じでしょうか?

車載WiFiの未来はどうなる?

「404HW」が発売されてから、丸々1年が経過しているにも関わらず、他社が追随しないのはやはりまだまだ需要が少ないからでしょう。

いや、需要があるが料金が高すぎると言った方が正しいかも知れません。

スマホの進化が早く機能面で優秀過ぎる事から、車載WiFiを普及させたいのであれば、利用料金を通常のモバイルルーターの7割程度以下まで落とさなければ難しいと思います。

モバイルルーターに比べて車の中でしか使えないと言うデメリットが大きいのですから。

(編集長omi)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!しよう