※2020年7月1日更新~最新の情勢に合わせて内容を見直しました。

こんにちは!Omiです。

ここ2~3年のアフターパーツのドライブレコーダーは前後が録画できる2カメラドライブレコーダーが主流ですが、最近は自動車メーカーの純正ドライブレコーダーも2カメラ化が進んでいます。

その中でスズキの純正ドライブレコーダーは、2カメラモデルと言う扱いではなく、フロント用とリア用で別々に販売されており、純粋な2カメラモデルはありませんので今回はスズキのドライブレコーダーのうちフロント用の4機種・リア用の1機種を個別にご紹介します。

スズキ純正ドライブレコーダーのフロント用

他の自動車メーカーは純正ドライブレコーダーについて生産メーカーを絞り込む傾向が見られますが、スズキに関してはこちらの4つのメーカーの製品を取り扱っています。

①パナソニック

②パイオニア

③ケンウッド

④デンソーテン

パナソニック製 CA7X

パナソニック製のCA7Xは「CA-DR02SD」がベースとなった製品です。

CA7X
工賃込み 37,290円
1920×1080/28fps/HDR
LED信号対応
録画視野角 水平117°
microSD付属16GB/最大16GB
GPSはカーナビ吸出し
駐車監視モード
衝撃検知/自動起動

本機はスズキの純正カーナビ連動モデルとなってますが、ベースとなる「CA-DR02SD」自体がパナソニックの2018年モデルとなり、型落ち扱いです。

最近は他の自動車メーカーでもパナソニック製のドライブレコーダーを採用するところが増えていますが、ほどんどが最新モデルの「CA-DR03D」「CA-DR3TD」をベースとしていますのでスズキはモデル更新が遅れている印象ですね。

特にアフターパーツ製品と比べてしまうと画質的には厳しいのではないかと予測します。

工賃込みとはいえ3.7万円は高すぎますね。ベースモデルの「CA-DR02SD」は1.8万円くらいです。

パイオニア製CA88

パイオニア製の「CA88」は「VREC-DS600」がベースとなった製品です。

CA88
工賃込み 34,980円
1920×1080/27.5fps/WDR
LED信号対応
録画視野角 水平107°
microSD付属8GB/最大8GB
GPSはカーナビより受信
駐車監視モード
衝撃検知/自動起動

本機はパナソニック製と同様に純正カーナビ連動タイプですが、カメラ部分と本体部分がセパレートタイプとなっているのが特徴です。

なお、ベースとなる「VREC-DS600」は2018年10月発売となる製品ですが、これは2015年3月に発売された「ND-DVR1」のマイナーチェンジモデルで基本設計は変わっていないように見受けられます。

従って基本設計が古い点、ベースモデルの「VREC-DS600」の流通価格が1.6万円程度である点を考えると、「CA88」は高すぎる印象です。(そもそも純正品とはそんなものですが)

ケンウッド製CA68

ケンウッド製の「CA68」は「DRV-N530」がベースとなった製品です。

CA68
工賃込み 37,730円
2304×1296/27fps/HDR
LED信号対応
録画視野角 水平117°
microSD付属16GB/最大16GB
GPS内蔵
駐車監視モード
衝撃検知/自動起動

本機はもともとケンウッドの彩速ナビとの連動モデルとして開発されたいる製品ですが、残念ながらダイハツ純正カーナビとは連動せず、AVケーブルによる映像入力のみに対応しています。

本来はカーナビで操作する事が前提のモデルですし、基本設計は2016年ベースとなりますのでこちらもあまりおすすめ出来るようなものではありません。

なお、スズキのドライブレコーダーとしては唯一リア用となっている「CA6B」については液晶なし・WiFi非対応にも関わらず、カーナビに映像出力すらできないのでこちらも論外ですね。

デンソーテン製「C9XW」

デンソーテン製の「C9XW」はベースとなるアフターパーツ製品はありません。

C9XW
工賃込み 37,950円
1920×1080/27fps/HDR
LED信号対応
録画視野角 水平117°
microSD付属16GB/最大8GB
GPS対応
駐車監視モード/なし

デンソーテン自体がドラレコのアフターパーツ市場で戦っていける競争力を持ち合わせていませんので、ほとんど純正製品しか取り扱いはありません。

この製品はマツダ純正としても取り扱いがあるWiFiタイプですが、3年前から継続して取り扱っている製品ですのでこちらも性能的には微妙なものであると予測されます。

スズキ純正ドライブレコーダーのまとめ

以上、スズキの純正ドライブレコーダーについてご紹介しました。

どれも性能面で微妙な上に価格は同一市販品よりも随分高く、2カメラモデルも存在しませんのでこれらの製品を選ぶよりはアフターパーツの製品を選んだ方が良いと思います。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ 完全版!ドライブレコーダー メニュー入口

■ 初心者必見!ドライブレコーダーを選ぶ上で押さえておきたい7つの重要なポイント

■ ドライブレコーダーの取り付け方法をまとめて解説

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!