ホンダのディーラー純正オプションのドライブレコーダーは「液晶を搭載しないカーナビ連動タイプ」・「液晶搭載のスタンダードタイプ」の2つのタイプが発売されています。

このページではカーナビ連動、スタンダードタイプの2つに分けてホンダの純正ドライブレコーダーの機能や特徴について説明します。

カーナビ連動タイプ

カーナビ連動タイプは次の2モデルです。

ホンダ純正ディーラーオプション
VXM-184VFi / 184Ciナビ用
その他ディーラーOPナビ用
取扱説明書は掲示されてない?
32,400円27,000円
1920×1080/28fps
1280×720/28fps
イベント20件までイベント?件まで
LED信号対応
水平117°(レンズ?)水平115°(レンズ?)
HDR-
付属・最大16GB付属・最大8GB
GPS対応(カーナビ吸出し)
駐車監視モード
衝撃検知-
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

この2つのモデルは機能面での違いもありますが、前提として連動するカーナビの種類が異なります。

また、車種専用設計となっている模様で車種ごとに微妙に仕様が異なる模様です。

駐車監視モデルが「VXM-184VFi / 184Ci」用、駐車監視なしモデルがその他のDOPナビ用となります。

ホンダの純正ディーラーOPのカーナビ「ギャザズナビ」シリーズはケンウッド製となっていますが、これらのドライブレコーダーはケンウッドらしくなく、見た目や機能面はイクリプスブランドを展開しているデンソーテン(旧富士通テン)のような感じがします。

実際にはどこのメーカーが作っているのかは分かりません。

いずれのモデルも液晶がありませんので、カーナビからの操作・動画の視聴が可能です。

駐車監視に関しては衝撃検知によるもので、録画件数は20件までとの事ですが、衝突前の状況は記録できませんので万全ではないですね。

Amazonなどでもこれらのモデルは販売されていますが、価格帯は1.9~2.7万円程度ですので、同クラスのアフターマーケットのドライブレコーダーと比べると価格は3倍程度になります。

■ Amazon ホンダ純正ドライブレコーダー

そもそも今時フルハイビジョン未満のドライブレコーダーは見つけるのが難しいです。

スタンダード液晶タイプ

液晶搭載のスタンダードタイプは次の1モデルのみです。

ホンダ純正ディーラーオプション
VXM-184VFi / 184Ciナビ用
その他ディーラーOPナビ用
取扱説明書は掲示されてない?
32,400円27,000円
1920×1080/28fps
1280×720/28fps
イベント20件までイベント?件まで
LED信号対応
水平117°(レンズ?)水平115°(レンズ?)
HDR-
付属・最大16GB付属・最大8GB
GPS対応(カーナビ吸出し)
駐車監視モード
衝撃検知-
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

このモデルは解像度はが「1280×720」、フレームレートが30fpsで西日本LED信号への対応状況については不明です。

駐車監視も搭載していないようですのでコスパ的にはかな~り微妙ですね。

スペック的には5年位前のスタンダードと言ったところではないでしょうか。

ホンダ純正ドライブレコーダーのまとめ

カーナビ連動モデルも同様ですが、かなり値引きが効くなら新車購入時にディーラーでお願いするのも手だと思いますが、最近はアフターマーケット用のカーナビも価格がかなり下がっています。

まぁ、車種別設計となると高いですが、ガチでディーラーでカーナビを取り付けようと考えているなら、パナソニックの9インチナビ+専用ドライブレコーダーのセット辺りも検討してみては如何でしょうか?

ディーラーのナビを見ているとアフターマーケットハイエンドカーナビが安く見えてしまいます。(笑)

私が次にカーナビを買うならストラーダの大画面ナビを買いますね。(サイバーナビとケンウッドは現状使用している為)

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダー メニュー

■ 最新版 おすすめドライブレコーダーのまとめ

■ ドライブレコーダー人気ランキング

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう