こんにちはライターa-kunです。

このたびボルボV70 25T (BB5254W)のヘッドライトが故障したので直してみました。

ハイビームが点かない

故障は突然やってきました。ある日の夜道、右折対向車に譲ろうと思い「お先にどうぞ」の短いパッシングをした時にそれは起きました。短めのパッシング操作でしたがスイッチの動作よりももっと短い点灯だった気がします。

違和感を確認すべく、単独走行になってからハイビームに切り替えましたが点きません。。。ヒューズが切れたのかな?

症状

ヘッドライトLowは正常に動作するのですがHiのみが点灯しません。このV70は4灯でLowは2灯点灯しHiで4灯点灯するのですが、Hi4灯全部点きません。

もしヘッドライトのバルブ切れなら1灯だけ点かなくなるはずですが、4つ同時に点かないとなるとバルブでは無さそうです。なんだか大げさになってきたぞ(泣)

点検してみました

早速翌日ヒューズボックスを開けてハイビームのヒューズが切れているか確認しました。しかしヒューズは正常です。ちなみにメーターパネル内のハイビームインジゲーターは作動していました。

そうなると、ヘッドライトスイッチとバルブの間に故障の原因がありそうです。

ヘッドライト点灯を構成する部品

基本的にヘッドライト点灯は以下の順で作動します(HIDヘッドライト)

①ライトスイッチ(Hi/Low切り替えスイッチ)
②ヒューズ
③リレー(ボルボではヘッドライトコントロールユニット)
④バラスト
⑤バルブ(バナー)

故障部品を特定

出ている症状は4灯同時に点かなくなるということです。この条件に当てはまるのは

①ライトスイッチ
②ヒューズ
③リレーですが…
・ライトスイッチはメーターインジゲーターが反応しているので生きている
・ヒューズは切れていないとなると③のリレーが逝ってしまったと考えられます。

そこでリレー(ボルボ部品名はヘッドライトコントロールユニット)を交換することにしました。

取り付け位置はどこ?

リレー(ヘッドライトコントロールユニット)はヤ〇オク等ですぐに見つかり調達できるのですが、車体のどこに付いているか情報が全くありません。

ネットにもボルボの取説にも書いてありませんでした。

何軒かのディーラーに電話で探りを入れてみましたが、どこも「現車を見ないとわかりませんねぇ」となしのつぶて。そんな時に気さくな某地域の営業マンが「カウルトップカバーの下にあるヨ」とヒントをくれました!

さてカウルトップとはなんでしょう?答えはフロントガラス下に付いているプラスチック製のカバーでした。これを外すと目当ての部品にたどり着けるか?

早速外してみました!

これがカウルトップカバーです。クリップで留まっていて、ワイパーも外す必要がありそうです。そんなに難しくなさそうです。

サクサクと取り外しは出来ました。お目当ての部品リレー(ヘッドライトコントロール)はどこ?

これがリレー(ヘッドライトコントロール)です。2本のボルトナットで留まっており、カプラーを抜くだけで外すことが出来ました。

今回の故障の犯人はコイツでした(笑) ボルボ部品名はヘッドライトコントロールユニット、一般的なリレー部品と思われます。

秒で交換しました!

ヘッドライトの動作確認するとOK!ちゃんと直りました♪

ついでにリペア

ワイパーやカウルトップは既に10年経過し、白化が目立っていました。急遽手持ちの塗料でリフレッシュしてみました。今回はこの作業で見た目が若返ります!この塗装だけでもオススメです。

リレー(ヘッドライトコントロールユニット)を交換し、各パーツを元に戻して完了です。

よくある輸入車の電装系トラブルですが、約4,000円で直りました。情報が少ないので苦労しましたが、作業自体は至って簡単、安価で復活することが出来ました。

低年式輸入車のススメ

低年式の輸入車は安いけどトラブルが心配。。。とためらう方も多いと思いますが、私は2年間乗って高額なトラブルには見舞われていません。こればかりは運次第ですが、国産車には無い作りこみの良さなどに興味のある方は格安輸入車に一度乗ってみてはいかがですか?

(ライター:a-kun)

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!