※2018年5月9日更新~2018年モデルが発表された為、内容を見直しました。

パナソニックのポータブルナビ、ゴリラシリーズは、ポータブルナビの中ではアッパーミドル~ハイエンドの位置付けです。

パイオニアがポータブルナビ市場から撤退しているっぽいので、現状はエントリー~ミドルクラスがユピテル、ミドルクラス~ハイエンドがパナソニックという感じになったかと思います。

2015年モデル以降、パイオニアのポータブルナビが発売されていないので、ゴリラナビは機能や価格面でややアッパーに振ってきた感があります。

このページではゴリラナビの2018年モデルの詳細について説明しています。

パナソニック ポータブルナビ ゴリラ2018年モデル

ゴリラナビは2016年のフルモデルチェンジで最上位モデルではポータブルとしては唯一となるVICS WIDEに対応し、渋滞情報の変化によって代替ルートに変更する「スイテルート」機能が追加されています。

また、この年度から最上位モデルに3年間の地図更新の無料期間が付帯されています。

2017年モデルでは全モデルに「道幅優先探索」「Gロケーション」とナビ機能の根幹にかかわる案内と測位の精度に改良が加えられており、個人的な印象としては行きつくところまで来てしまった感があります。

最新の2018年モデルでは最近各ガジェットで流行りの高速道路での逆走防止警報が追加されていますが、ゴリラの測位精度はそこそこ高い印象なので、比較的適切に警報を発してくれるのではないかと期待しています。

基本的にはゴリラナビは高齢者や運転初心者向けのモデルで、目的地到達時間よりも走り易いルートを選択する事を重視したアルゴリズムになっています。(2017年モデルテストで体感)

メーカーパナソニック Gorillaナビ 2017年モデル
工賃が安い「カーナビの持込取り付け」が出来るお店の探し方
メーカーサイトCN-G520D
CN-G720D
CN-G1200VD
発売日18.06
参考価格
18.05.09
最新価格amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
amazon
楽天市場
Yahoo!
知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
モニターサイズ5型7型7型
渋滞回避--VICS WIDE
地図データ2018年度版
地図更新有料有料2021年7月31日まで無料
カーナビ機能メディアSSD/16GB
住所検索3,850万件
電話番号2,700万件
周辺検索340万件
るるぶDATA3.7万件
ジャイロセンサー
OBDⅡ対応--CA-CS10D
バックカメラ接続
--パナソニック リヤビューカメラ 高画質CMOSセンサ搭載 CY-RC90KD
パナソニック リヤビューカメラ 高画質CMOSセンサ搭載 CY-RC90KD
1DIN取付キットCA-PT71D
AV機能地デジワンセグワンセグワンセグ
SDカード音楽/動画音楽/動画音楽/動画
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

その他、ゴリラ2018年モデルの主な機能は以下の通りです。

道幅優先探索

道幅優先検索とは、広い道路を優先してルート検索を行う機能で一部のインダッシュナビにも搭載されています。

公式サイトには運転の初心者向けとの説明がありますが、24V車にも対応していますし車幅の広いトラックなどにもおすすめの機能ではないかと思います。

Gロケーション

Gロケーションとは、GPS・みちびき・グロナスの3種類の衛星とGジャイロと最新のCPUを組み合わせた高精度の測位システムです。

まあ、3種類の衛星とジャイロセンサーによる測位自体には、特にこれと言って特徴がある訳ではないと思いますが、ユピテルのポータブルナビがジャイロセンサーなしなので、他社との差別化として測位の部分を強化してきたかな?という印象を受けました。

 

観光情報は「るるぶDATA」3.7万件

これは全モデル共通になりますが、3.7万件の「るるぶDATA」の中から、行きたい観光スポットを検索が可能になっています。

操作系についてはスマホの様にはいかない

最近はスマホのサクサクした自由自在の操作感に慣れている人が多いと思いますが、スマホのようにピンチで拡大縮小が出来ませんので、その点は理解が必要かと思います。

「CN-G520D」「CN-G720D」「CN-G1200D」の違い

「CN-G520D」「CN-G720D」「CN-G1200D」の3つのモデルの違いは以下の通りです。

  • 「CN-G520D」~5インチ、「CN-G720D」「CN-G1200D」7インチ
  • 「CN-G1200D」のみ、VICS WIDEとスイテルート案内あり(渋滞を加味して途中で新ルートに切り替え)
  • 「CN-G1200D」のみ、地図の無料更新が3年分付属
  • 「N-G1200D」のみ、Bluetooth通信に対応(スマホアプリでの目的地検索→送信可能)
  • 「CN-G1200D」のみ、OBDⅡに対応
  • 「CN-G1200D」のみ、バックカメラに対応

簡単に言えば「CN-G520D」「CN-G720D」は液晶の大きさの違い、「CN-G720D」「CN-G1200D」は機能面での違いになります。

「CN-G1200D」についてはAV機能を除いてはインダッシュナビのミドルクラス程度の性能と考えても良いと思います。

なお、実機テストについては2018年モデルとほぼ変わらない2017年モデルにて実施しています。

■ パナソニック ゴリラ「CN-G1100VD」のレビュー、評価

ゴリラナビ2018年モデルのおすすめポイント

ポータブルナビの競合は主にユピテルになりますが、パナソニックのゴリラナビは測位の精度と渋滞回避能力が高い代わりに価格が高く、エントリーモデルがユピテルのハイエンドモデルと同程度の価格となります。

都心部などでは渋滞も多く、道路の本数や交差点も多いですが田舎道ではそうでもないと思いますので、首都圏や都心部周辺での利用が多いならパナソニック、そうでなければユピテルのモデルがおすすめかと思います。(ざっくり言えば)

また、ポータブルナビ自体がスマホやタブレットと最も激しく競合するカテゴリーですので、他の選択肢も検討してみる価値はあるかと思います。

■ カーナビアプリはどこまで便利に使えるのか?

■ Android OS搭載のカーナビとオーディオ

(編集長 Omi)

■ ポータブルナビの最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

■ カー用品の持ち込み取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう