こんにちは、ライターのa-kunです。

このたびボルボV70(BB5254W)のオイルフィルターを交換しましたので記事にしてみます。DIYで最も簡単な上抜きでやってみましたので同型の車に乗っている方は参考にして下さい。

まずは古いオイルを上抜き

DIYオイル交換で最もポピュラーな真空ポンプ式のオイルチェンジャーを使っていきます。エンジンを適度に暖気したらエンジンオイルのキャップを外し、次にエンジンオイルのレベルゲージ穴に管を突っ込みます!

奥まで届く感触が伝わったらそこが終点。それ以上突っ込むのはやめて次はピストン運動を行います。オイルチェンジャーのポンプを激しめに上下してしばらく待つと古いオイルがゆっくりと吸い出されてきます。しばらくすると吸い出す力が弱まって来ますのでまたピストン運動。これを何度か繰り返すと最後は吸い込むオイルが無くなり「ジュボジュボ」みたいな音がします。これで古いオイルの排出はフィニッシュ。

オイルフィルターが特殊

このボルボV70(BB5454W)のオイルフィルターはあまり見かけない設計となっています。樹脂製のキャップでフィルターを格納するような形で、交換時は中のフィルターのみを取り替えます。場所はオイルレベルゲージのすぐそばにあり、上向きに付いてます。

この樹脂製のキャップを外すのには専用工具がホントは必要ですが、今回は手持ちの工具の中からイケそうなやつを選んで強引に外しました。30ミリのモンキースパナでは少し足りなかったので、ウォーターポンププライヤーを使って僅かな隙間を苦戦しながらキャップを外しました。

フィルターが取れました

外すのは面倒なフィルターですが、上向きに付いているのでオイルが垂れてきませんでした。下に潜らずフィルター交換できてしまうのは非常にありがたい設計です。ただし、キャップが樹脂製なので破損に注意して扱わなくてはならない点がカードリッジ式(一体式)にくらべてのデメリットかもしれません。外した状態はこんな感じです。

キャップからフィルターを取り外します。

取り付けるフィルターはこちらです。

新旧を比較してみました。

前回やらなかったので、2万キロも使ってしまいました・・・

新しいフィルターを取り付けよう!

樹脂製キャップに固定してから取り付ける感じです。まずは古いOリングを外し(Oリングはフィルターに同梱されてます)パーツクリーナーで洗浄。

新しいOリングをハメて、新しいフィルターをセットします。

固着防止のためグリスを塗布。Oリングを傷めないグリスが望ましいと思います。

手で回せるまで回して、プライヤーで締めるのは気持ち程度(1/8回転くらい?)周辺をきれいにしてフィルター取り付けは終了。

最後はオイル注入して終わり

抜けた量はオイルチェンジャーのメモリを目安にします。溝1本が1リットルの目盛なのでこれだと5.5リットル抜けたかな?

オイル交換前にレベルゲージを確認したときに下限と上限のあいだ位だったのでそれを足すと約6リットル注入!最後にエンジンを一旦かけてから止め、ちょっと待ってからレベルゲージで量を確認して終了です。古いオイルはオイル処理箱などを使って自治体の指定する方法で処分して下さい。

今回の費用はオイル代3,300円、フィルター代約1,700円、処理箱代約500円、合計5,500円でした。同等のオイルグレード使ってカー用品店でやったら大体10,000円位ディーラーだと18,000円位なのでコスパは抜群♪ オイルチェンジャー購入しても一回でモトが取れますよ!

ライター a-kun

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう