こんにちは!Omiです。

前回のランエボ号のECU死亡劇で14万円の手痛い出費となりましたが、7月の車速センサー全交換、9月のショックアブゾーバーのオーバーホールと合わせて調子の悪いところに手が入りましたので、車両的にも私の精神的にもコンディションは絶好調で…した、二日間だけは。

そして次なるトラブルはは三日目にやってきました。

バッテリー上がりそうじゃん!

この日はランエボ号を個人から法人名義に変更する為に陸運局に出掛ける予定だったのですが、何かいつもよりセルの回り方に力強さが感じられず、あれ?と思いつつも急いでいたのでそのまま出発。

道中でCTEKのBATTRY SENSEでバッテリーの状況を確認したところ…、何故か12%まで残量が落ちていました。

オルタネーターが回っている時の電圧も、普段より0.5~6V低い13.5~6Vです。

ディーラーに出す前にほぼフル充電にしておいたのになんでやねん!…と思いつつも、ECUのチェックや書き込みの際にかなり電力を消費したのかな?と結論付け、バッテリーをフル充電して様子を見る事に。

ところがフル充電した翌日の僅か数時間で、またもや20%減…。

流石にこの減りっぷりにビビりまくり、暗電流を計測する事に。

驚異の暗電流920mA

ランエボ10の正常な暗電流は10~数十mA程度みたいですが、計測結果は驚異の920mA…。

結論としては犯人はコイツ、コムテックの「OBD2-R1」だったのですが…。

今まで6年間コイツを使い続けてきて、ECUが新品&データも最新になった途端に暗電流が激増すると言う謎のトラブルです。

ディーラーの話ではOBDアダプターに限らず、車外の電装品によってはECUがスリープ状態に入るのを妨害するものもあるとの事で、OBDアダプターが原因でECUがスリープ状態に入らずに暗電流が上がる事があるそうです。

今までは大丈夫だったものがECUが新しくなった途端にこのような状態になった事は確かですが、ディーラー的には社外品を使用していない状態では正常動作なので故障ではないと言う見解です。

そりゃそうなりますよね。

そもそも「OBD2-R1」が壊れたのかもしれないですし…。(レーダー探知機は正常に動いてました)

OBDアダプターによるバッテリー上がりの話は他にもあるっぽい

実は過去にコムテックのOBDアダプターでバッテリー上がりに見舞われた人がいるらしい、と言うコメントを頂いた事があるのですが、自分で経験していないので何とも…としか答えようがなく、そんな事もあるんだな、と頭の片隅に置いておく事しか出来ませんでしたが、私もこれで経験者の仲間入りです(笑)

だからと言って何かメリットがある訳でもなく、今のところ解決策も見当たらないのですが、そもそもOBDアダプターは仮に適合車種であっても不具合がない事を検証した訳ではないようなので、使ってみないと何が起きるか分かりません。

■ コムテックOBD適合

「ご利用は自己責任でね!」と言う事なのですが、電源の取り回しも機能面でも便利なので手放したくはないですね。

ランエボ10については「OBD2-R1」の不良なのか、全く原因が不明なので今後折を見てユピテル・セルスターのアダプターや、コムテックの「OBD-R2」などで動作をチェックしてみようと考えています。

 

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう