スポンサーリンク

レーダー探知機 おすすめ最新機種の比較

Pocket
LINEで送る

》》》レーダー探知機の最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

このサイトでは、レーダー探知機の仕組みや警察の取り締まり方法、目的別のレーダー探知機の選び方などについて紹介しています。

・レーダー探知機 33機種の徹底比較 2016年2月版

・レーダー探知機の選び方

・目的別レーダー探知機のおすすめモデル

・メーカー別レーダー探知機の特徴

・レーダー探知機最新情報

最近のレーダー探知機は?

「レーダー探知機」とは、道路上に設置されているオービス(自動速度取締機)や、ネズミ捕り。パトカーや白バイによるスピード違反の検挙に使用される取締機が発するレーダー波を検知してドライバーに注意を促す車載デバイスです。

警察によるスピード違反の取締に用いられる機器の進化とともに、レーダー波を発しない取締機器が増えて来た事により、レーダー探知機も年々進化を遂げています。

セルスター警報1

現在ではオービスの設置位置や、ネズミ捕りなどのスピード違反の取締り実施場所などのデータベース化された情報と、GPS測位システムを利用して割り出された自車位置と進行方向を付け合わせる事により、取締りポイントに近づくと警報を発する仕組みのレーダー探知機が主流となっています。

レーダー探知機の知られざるメリット

レーダー探知器で期待できる効果は、一般的にはドライバーに注意促してスピード違犯の取締を回避する事で、高額な罰金や反則金、免許の減点を防ぐ事と言われています。

しかし、実はこれ以外にもレーダー探知機の搭載には、意外と知られていない大きなメリットがあるのです。

状況によっては、反則金や罰金よりも更に大きな金銭的なメリットが隠されています。

レーダー探知機の効果と必要性

レーダー探知機の必要性を考える上で「レーダー探知機の効果はありますか?」と聞かれる事がありますが、そう聞かれれば私は「ある」と答えます。

この場合に期待される効果は、警察のスピード違反の取締りに対しての効果であるという前提ですが、GPSレーダー探知機の場合、オービス設置位置に関しては出来立てホヤホヤのオービスでなければ、ほぼ100バーセント警報を発してくれます。

世の中には中々変わった面白い人がいるもので、前の会社の同僚で、名古屋から東京に車で往復した際に、高速道路を走行中に、往路で1回復路で1回、オービスを光らせてしまった為、あっという間に免許取り消しになって役職を解かれてしまった人がいます。

075

彼はレーダー探知機を搭載していなかった為、オービスの設置位置が分からなかったそうです。

間抜けと言えば間抜けかも知れませんが、世の中にはオービスの設置位置を知らなかったが為に、今後の人生に大きな影響を及ぼす事態に直面してしまった人もいるという事です。

彼の場合は、罰金や免許取り消しの行政処分、そして社会的な地位の喪失により、計り知れない金銭的な損失を被ったと言えます。

この事例は極端ですが、警察のスピード違反の取締りにはノルマが存在しますので、流れに乗って安全に走っていても、流れ自体が制限速度を上回っていれば、運が悪い人は捕まります。

そうなれば、少なからず金銭的なダメージや、行政処分により様々な不利益を被る事になるでしょう。

「なら、レーダー探知機を搭載した方が得をするに決まっている」と考えられますが、レーダー探知機もタダではありませんので、コスト対効果を考える事も必要です。

では、次にレーダー探知機を新規に搭載した場合のコスト対効果について考えてみましょう。

スピード違反で検挙された時の不利益

コスト対効果を考えるには、レーダー探知機の価格と、検挙された時に被る損失の金額を考えなければなりません。

損失の中には金額で表せるものと表せないものがありますが、項目として挙げて行けば以下の3項目になります。

  • 免許停止・免許取り消しなどの行政処分
  • 罰金・反則金による金銭的損失
  • ゴールド免許取得の取得資格を失う事による、自動車保険料の上昇

罰金・反則金による金銭的損失と行政処分

スピード違反に対する反則金の額は、運転していた道路の種類と速度の超過度、運転していた車両の区分により異なります。

money_fly_yen

一般道普通車大型車減点
50キロ以上簡易裁判簡易裁判12点
30キロ以上簡易裁判簡易裁判6点
25キロ以上30キロ未満18,000円25,000円3点
20キロ以上25キロ未満15,000円20,000円2点
15キロ以上20キロ未満12,000円15,000円1点
15キロ未満9,000円12,000円1点

一般道の場合は30キロ以上のオーバーで、6点減点、赤切符一発免停の簡易裁判所行きになり、刑事罰として反則金ではなく裁判で決められた額の罰金を支払う事になります。

50キロ制限の道路を80キロ以上で捕まると免停です。

この場合の罰金は7~10万円くらいが相場と言われています。

高速道路 スピード違反の罰金・反則金と減点数

高速道路普通車大型車減点
50キロ以上簡易裁判簡易裁判12点
40キロ以上50キロ未満簡易裁判簡易裁判6点
35キロ以上40キロ未満35,000円40,000円3点
30キロ以上35キロ未満25,000円30,000円3点
25キロ以上30キロ未満18,000円25,000円3点
20キロ以上25キロ未満15,000円20,000円2点
15キロ以上20キロ未満12,000円15,000円1点
15キロ未満9,000円12,000円1点

高速道路の場合は40キロ以上が赤切符となります。

80キロ制限の高速道路を120キロ以上で捕まると免停です。

2015y01m23d_014223637

ゴールド免許取得の取得資格を失う事による、自動車保険料の上昇

自動車保険の契約内容には、「ゴールド免許割引」というものが存在します。

ゴールド免許の取得条件は、過去5年間に減点のつく違反が無い事となっており、免許更新時年の誕生日の41日前にゴールド免許取得資格が確定します。

つまり、減点の時期次第では1回の減点で最低で3年間、最大で6年間ゴールド免許割引が受けられなくなる期間が増えるという事です。

ゴールド免許割引は、平均すると10%程度のところが多いので、10%の保険料の割引が受けられなかった場合の損失は以下の通りとなります。

保険料のベースと予測される金銭的損失
保険料/月間3,000円5,000円10,000円15,000円
割増分/月間300円500円1,000円1,500円
割増分/1年3,600円6,000円12,000円18,000円
3年間
ゴールド不可
10,800円18,000円36,000円54,000円
6年間
ゴールド不可
21,600円36,000円72,000円108,000円

毎月の支払保険料が3,000円程度の人であっても、一度のスピード違反の為に年間の保険料が3,000円以上割り増しになる危険性があるという事です。

複数年で考えれば、ゴールド免許が取得出来ない6年間で見た場合、保険料が月に3,000円だったとしても、反則金と合わせて、12,000円(反則金)+300円×72ヶ月=33,600円の損失となってしまいます。

保険料を月に1万円支払っている人であれば、3年間で48,000円もの損失になります。

たった一度のうっかり違反で、6年間ゴールド免許を取得出来ない場合は、84,000円の損失ですので、これは何としても避けたいところですね。

レーダー探知機の効果と必要性のまとめ

常に安全運転を心掛けていれば、スピード違反で捕まる事はないと言い切れれば良いのですが、残念ながら警察のノルマのお陰で、なかなかそうは行かないのが現実です。

安全運転を心掛けていても捕まる

常識の範囲で国道や県道を周囲の車のペースに合わせて法定速度+15km程度で走っていても、たまたまそこで取締りを行っていれば運が悪い人は捕まります。

仮に減点なしの状態で時速60km制限の3車線の国道を75km、つまり法定速度15kmオーバーで走行中にスピード違反で検挙されたとすれば、どのような損失をこうむるのでしょうか?

この場合、運転していたのが普通車であれば、原点が1点、反則金が12,000円、将来的な保険料の損失は最低レベルの保険料でも10,800円程度、反則金と合わせて22,800円、6年間の場合は33,600円となります。

レーダー探知機への適正な投資額は?

つまりは、コスト対効果から見たレーダー探知機への適正な投資額は、2万円以下~車種と年齢によっては天井知らずになるという事です・・・と言いたいところですが、実際のところ車を運転する時間の多さによって危険度は変わります。

ほとんど車に乗らない人は必要ないと思いますし、逆に頻繁にドライブで遠出をしたりと、知らない道を走る機会が多い人にとては、かなり必要度が増します。

傾向としては、保険料が安くて車にあまり乗らない人はあまりレーダー探知機に投資すべきでなく、逆に保険料が高く、頻繁にドライブをするような人は3万円以上の投資をしても得をする可能性が極めて高い、という事が言えます。

レーダー探知機の副次的な効果

レーダー探知機にはオービスや取締りポイントだけでなく、事故多発ポイントや速度超過を警告する機能も備わっています。

また、パトカーや消防車などの緊急車両の接近を知らせたり、警察署や交番の位置もアナウンスしてくれますので、常日頃から安全運転を心掛けている人でも気が抜けてスピードが出すぎてしまうようなケースも防いでくれます。

レーダー探知機は不慮のスピード違反による検挙だけでなく、ドライバーの安全を守ってくれる二次的な効果も期待する事が出来るのです。

事故防止という二次的効果で期待できる損失の軽減

自動車保険の新等級制度が2013年から導入されていますが、以前の等級制度との違いは、事故を起こして保険を使った時に上昇する保険料がシャレにならないくらい高いという事です。

どれくらい保険料が上昇するかというと、保険を使うと等級が3下がるだけでなく、3年間は下がった後の等級の割引率すら適用されなくなります。

一度の保険の使用がどれくらいの損失に結びつくかは、こちらのページで説明しています。

》》》事故の際の保険使用による保険料の割増し

つまりは、レーダー探知器には事故多発ポイントのアナウンスによって2つの損失を抑える効果が期待できると言えます。

  • 未然に事故を防ぐことで、事故による保険料の上昇を抑える
  • 人身事故を防ぐ事で、ゴールド免許を取得する助けとなり、保険料を下げる

因みにドライブレコーダーには、警察の誤認検挙を抑止する効果が期待できますので、合わせて使用すると大きな効果が得られるかも知れません。

》》》ドライブレコーダーの4つのメリット 

カーアクセサリーや車内インテリアとしてのレーダー探知機

最近のレーダー探知機は、探知機や警報機能などの実用性ばかりでなく、各種メーターや車の情報表示や音声や画像のカスタマイズを行うことが出来るモデルも多く、カーアクセサリーや車内インテリアとしてもおすすめのアイテムとなっています。

2015y03m07d_025115972

また、このように初期設定で備わっている警報音声や背景なども自分の好みにカスタマイズする事も可能なモデルも多く発売されています。

 

レーダー探知機のカスタマイズで遊ぶ

レーダー探知機が必要かどうかは、数万円の損失に対してどう考えるか、カーアクセサリーとしての機能に魅力を感じるかどうかにかかっていると言えるでしょう。

最新のレーダー探知機には様々な遊びの要素も盛り込まれていますので、知れば知るほど欲しくなるアイテムです。

》》》レーダー探知機 2016年 おすすめモデルの比較

GPSレーダー探知機の仕組みとスピード違反取締り

スピード違犯の取り締まりに対するレーダー探知器の探知能力はどれくらいあるのでしょうか?

それはスピード違犯の取締方法と、レーダー探知器による取締検知の仕組みが分かれば理解できます。

GPSレーダー探知機は、ユピテル・セルスター・コムテックなどのレーダー探知機メーカーが、独自に調査、蓄積しているオービスやネズミ捕り、覆面パトカーや白バイによる取締まり位置情報をもとに、GPSやジャイロセンサー類で自車位置を正確に把握する事によって、オービスや取締まりエリアに近づいた時に取締まりの種類に応じた警報を発する仕組みとなっています。

このGPS測位機能により、従来のレーダー探知機では検知出来なかった取締まりに対して「取り締まりエリアである」事を告知してくれます。

また、GPSデーターの更新も随時行われる為、よほど新しい出来立てホヤホヤのオービスや、警察がいつもと異なる場所での取り締まりを行っているのでない限り、かなりの高精度で警告を発してくれます。

レーダー探知機選びの前に、まずはスピード違反の取締り方法について押さえておきましょう。

speedihan

スピード違反の取締り方法は大きく分けると次の3種類です。

  • オービス
  • ネズミ捕り
  • パトカー・覆面パトカー・白バイ

取締りの種類によって、レーダー波を出している物、出していない物がありますので、その種類によってレーダー探知器が警報を発する仕組みが違ってきます。

レーダー波探知ユニットによる警報

これはかなり昔から存在する探知方法で、レーダー探知器に搭載されているレーダー波探知ユニットが、取締りの際に発せられるレーダー波を検知して警報を発する仕組みです。

GPSユニットによる警報

最近のレーダー探知器にはほとんどGPSユニットが搭載されており、カーナビ同様に自車位置を測位して、取締データベースに登録されたポイントに近づくと警報を発する仕組みです。

もちろん、データベースに登録された取締ポイントで実際にスピード違犯の取締りを行っている時には、先にGPSデータに基づいた警報が発せられ、一定距離まで近づくとレーダー波を検知して、更に警報を発します。

次に、それぞれの取締り方法についての解説をして行きます。

オービスによる自動取締り

オービスとは高速道理や一般道に設置されているカメラ付きの自動取締機です。

道路を走っていてこのようなカメラを見た事がありませんか?

2015y01m24d_0104441701

2015y01m24d_010557385

オービスには設置された年代や速度の計測方法よっていくつか種類がありますが、制限速度を大きくオーバーして走行する車の速度を自動で測定・撮影するシステムです。

一般的には高速道路では制限速度の40キロオーバー、一般道では30キロオーバーで撮影されますので、光らせてしまえばフィルム切れで無い限り確実に免停となってしまいます。

現状では「ループコイル式」「レーダー式」「Hシステム」「LHシステム」「移動式オービス」の5種類がありますが、「移動式オービス」以外は設置場所が固定されています。

レーダー波を発して速度を計測するタイプ(レーダー式)、2点間の通過時間で速度を計測するタイプ(光電管式)と別れますが、レーダー波を発しないタイプのオービスに対してもレーダー探知器はしっかり警報を発してくれます。

固定式のオービスに対しては最近発売されているレーダー探知機ならば、GPSデータに基づいてほぼ100%警報を発します。

「移動式オービス」については、頻繁に取締りが行われる地点ならばそのポイントが固定オービスと同様にGPSデータベースに登録されている為、警報が発せられます。

取締りポイントとしてデータベースに登録されていない地点の場合は、レーダー波を発する機材を使用してた場合のみレーダー波を検知して警報を発し、2点間の通過時間で速度を計測する光電管式の場合は警報を発しません。

2015y01m24d_014904878

しかも、このように見た目が普通のワゴンと変わらない「移動式オービス」は目視での認知が非常に困難です。

従ってオービスにおいては「移動式オービス」の「光電管式」が最も危険な取締り方法となります。

警察官によるネズミ捕り

ネズミ捕りに使用される機材は、「レーダー式」「ステルスレーダー式」「光電管式」の3種類となります。

「レーダー式」と「ステルスレーダー式」についてはレーダー波を発する為、レーダー探知機での検知が可能ですが、「光電管式」については検知出来ませんので、「移動式オービス」と同様に取締りポイントがGPSの取締りデータへの登録の有無にかかっています。

2015y01m24d_015929489

このように2本のカラーコーンの裏に機材を隠して速度を計測していますので「移動式オービス」と同様に目視での認知が困難ですので、危険な取締り方法と言えます。

パトカー・覆面パトカー・白バイによる取り締まり

通常のパトカーのスピード測定方法は、後方からレーダー波を発する「レーダー式」の為、目視での認知に加えてレーダー探知機での警報もある為、あまり問題にはなりませんが、厄介なのが覆面と白バイです。

これらのスピード計測方法は「スピードストップ式」と言われ、一定時間追走して付属のメーターで速度を計測します。

当然の事ながらレーダー波を発する事がありませんので、目視での認知が困難な上にレーダーの警報も発せられない為、かなり危険な取締りと言えます。

レーダー探知機のGPS情報の中に覆面パトカーや白バイの取締りポイントも登録されていますが、かなり広範囲に渡るエリアが対象となる為、特定が困難な場合もあります。

レーダー探知器の探知能力のまとめ

ほぼ100%の確率で警報を発する取締方法

  • 固定式オービス
  • レーダー波を発する移動式オービス
  • レーダー波を発するネズミ捕り
  • パンダカラーのパトカーの追尾

GPS警報に頼る取締方法

  • 光電管式移動式オービス
  • 光電管式ネズミ捕り
  • 覆面・白バイの追尾

いずれも警報は発しますが、特に覆面・白バイの追尾については、相手が神出鬼没で取締りの範囲が広い為、正確な取締り位置は分かりません。

「覆面・白バイの取り締まりエリアです」と警報が流れても、少ながらずそのエリアから若干外れた位置で白バイ等を見かける事がありますので、これらの取締はレーダー探知器を搭載していても注意が必要です。

GPSレーダー探知機を搭載しているからと言ってスピード違犯をしても捕まらないと言う事ではありません。

常日頃から安全運転を心掛けていても、周囲の車の流れに合わせて走っている時に運悪く自分だけが捕まる場合もあります。

そのようなうっかりなスピード出しすぎでの検挙を防止とドライバーに安全運転を促して事故を防止するのがレーダー探知機の役割と考えて下さい。

》》》レーダー探知機 2016年 おすすめモデルの比較

 

GPS測位機能が無いモデルはお守り以下

exp-600x372

スピード違反の取締り方法には、レーダー波で速度を計測するものと「光電管式」などの2点間の通過時間で速度を計測するものがあります。

一万円以下の安価なGPS測位機能がないレーダー探知機は、レーダー波を検知することは出来ますが、レーダー波を発しない「光電管式」に対しては無力でお守り以下の存在になっています。

比較的新しい機種の中にもこのGPS機能を搭載しないものがありますので、お守り以下の存在にお金を浪費しないように注意が必要です。

GPSによる測位と取締りポイントのデータベース

現状、一万円を超えるようなスタンダードなミドルスペックの機種には、GPSによる自車位置の測位機能と、十数万件にも及ぶGPSデータ、取締り・検問データが搭載されています。

このGPS機能によって、自車位置と進行方向や速度を検知し、レーダー波を発しない取締りに対しても警告を発する事が出来るようになっているのです。

ハイスペックなモデルになるほど、ジャイロセンサー・加速度センサー、車のOBD2端子との専用ケーブルを使った接続により、自車位置の測位や速度検知の正確性が上がる傾向にあります。

折角豊富なGPSデータが搭載されていても、自車位置の測位が不正確ではいざと言う時に役に立ちませんので、各種センサー類の搭載はとても重要なポイントです。

GPS測位はレーダー探知機の命

かつて、レーダー探知機と言えば、スピード違犯取締まりのレーダー波を検知して警報を発するタイプのものしかありませんでした。

しかし取締まりの手法も時代の流れに合わせて進化し、探知機に反応しないオービスや光電管式のネズミ捕りが主流となり、従来のレーダー波を検知するタイプでは全く対応出来ない取締まりが増え続けています。

2015y01m24d_015929489

そこで登場したのがGPSレーダー探知機で、いまやレーダ探知機市場の主流となっており、GPS測位機能を持たないレーダー探知機も細々と販売され続けてはいるものの、もはやお守り以下の存在に成り下がっています。

(編集長omi)

》》》レーダー探知機 2016年 おすすめモデルの比較

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ