NC1ロードスター(NCEC)のミッションオイル交換の巻

こんにちは!Omiです。

2005年式、NCロードスターが納車されてそろそろ10日ばかり経ちましたが、主要なガジェット類の取り付けは一通り終わりましたので、これからぼちぼちメンテナンス作業を入れて行こうと考えています。(7月の原稿です)

実はこの車を購入する際に+3万円程度のメンテナンスパックがあり、その中にミッションオイル・デフオイル・パワステフルード・ブレーキフルード・冷却水などの交換が含まれていたのですが、私は整備が趣味なので断りました。

※自分で油脂類を交換すると、その車が前のオーナーにどのように扱われて来たか分かる部分もありますので。

今回はミッションオイル・デフオイル・パワステフルードを一度に交換しましたので、この記事では備忘録も兼ねてミッションオイルの交換方法について書き留めておきます。

ミッションオイルのボルトの位置

NCロードスターのミッションオイルのボルトの位置は、オイルを注ぐ方のフィラーボルト、抜く方のドレンボルトともに、車体中央付近の助手席側にありますが、このようなアンダーカバーにガードされているので見えません。

このアンダーカバーは、このような手で外せるプラ製のナット×2

M10のボルト×2で固定されています。

アンダーカバーを外すとフィラー・ドレンボルトが見えてきます。

何れもボルトはM24です。

フィラーを外すとオイルが滴り落ちて来た

まずはセオリー通りにフィラー側からボルトを外します。

後で気が付きましたが、フィラー側を外すとオイルが漏れ出て来る事がありますので、ボルトは外さずに緩めるだけにしておいた方が良かったように思います。

オイルが新品のように綺麗ですね。

これは手違いで販売前に交換してくれちゃった可能性が大です。(笑)

ドレンボルトを外す際に悲劇が…

次にドレン側のM24ボルトを外します。

ボルトが固くてなかなか外せず、仕方がないのでインパクトレンチを使ったのですが…

まあ…こうなるよね(あほですな)

オイルはあり得ないくらい綺麗でした(笑)

フィラー側からサクションガンでオイル注入

サービスデータによると、NCロードスターの6MTのミッションオイルは2.1Lとなっています。

今回使用したのは、こちらの「クスコ ミッションオイル 75w-85」ですが、2ℓだと微妙に足りないので、余っていたワコーズの「ミッションパワーシールド」を添加しました。

以前までは灯油用のポンプを使っていた記憶がありますが、今回はデフオイルの交換もありましたので、オイルサクションガンを使いました。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥2,902 (2022/09/26 14:15:14時点 Amazon調べ-詳細)

※このオイルサクションガン、気密性が悪いらしく各部からオイルがだだ漏れで油谷さんになってしまった…。これなら灯油ポンプの方がマシだった。

まとめ

今回のミッションオイル交換は、ドレンボルトを外す際にインパクトで盛大にやらかした上に、オイルサクションガンから油が漏れ、油谷さんになると言う惨事に見舞われました。

そして、抜いたオイルは新品同様の綺麗さで、交換した事による満足感が薄い作業になってしまいました。

まあ、あり得ないくらいに汚いオイルが出てくるよりもマシと捉えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました