こんにちは、sugiです。

この記事ではマツダから発売されている「CX-8」に搭載できる純正ナビと社外ナビのラインナップとそれぞれのスペック・特徴についてまとめて紹介したいと思います!

CX-8の購入を検討中の方で、カーナビについて迷っている方の参考になれば嬉しいです。

※この記事では8インチ以上の大画面カーナビをメインに紹介しています。

CX-8に取り付けできる純正ナビ

CX-8には、マツダの純正カーナビ「マツダコネクト」が標準で搭載されています↓

ただし、カーナビの案内機能はSDカードに記録される方式になっておりこちらは別売オプションとなっています。

現行車種では、Appleが提供する「CarPlay」とGoogleが提供する「Android Auto」に対応しているので、スマートフォンのナビアプリを利用してナビ機能を利用することができます。

 

そのほか、マツダの純正ナビについて詳しくは別記事で紹介しています。
気になる方は以下リンクよりチェックしてみてください。

マツダの純正カーナビの特徴 2020年版

CX-8に取り付けできる社外ナビ

CX-8では、最大11インチの社外ナビを取り付けることができます。
さらに詳しく調べるともっと多くのカーナビを取り付けることができると思いますが、8インチ以上の社外ナビと限定すると、以下1機種のみが対応している形になります。

11インチ アルパイン ビッグX 11

アルパインから車種専用設計モデルとして発売されている「ビッグX 11」は、11インチの超大型ディスプレイを搭載した社外ナビです。こちらは現行販売されているカーナビのなかで一番大きなモデルになります。

一般的なナビ機能のほか、CX-8に最適化された設計になっているのがポイントで、オープニング画面表示、音響チューニング、専用ガイド線、車両重量などを考慮したナビ案内、駐車場のサイズを考慮した検索機能などが利用できます。

主な特徴:

  • CX-8に最適化
  • 11インチHD液晶ディスプレイ
  • 地デジ対応
  • CD/DVD再生対応
  • ハイレゾ音源対応
  • 3年間無料地図更新
  • 販売型番:XF11NX-CX8-BS、XF11NX-CX8

 

そのほか、9インチ・10インチ・11インチ以上の大画面カーナビを検討されている方は、編集長omiが紹介しているカーナビまとめ記事を参考にしてみてください。各社の動向や特徴が紹介されています。

9インチ・10インチ・11インチの大型液晶カーナビのまとめ

まとめ

今回はCX-8の純正ナビと社外ナビについて紹介してみました。

CX-8に取り付けができる社外ナビは、アルパイン ビッグXが対応していますのでアルパインが好きな方、大画面で迫力あるナビが欲しい方はぜひ検討してみてください。後席でテレビや映像を楽しみたいという方は、社外ナビではなく後席モニターの増設もアリなのではないかと思います!

以上、カーナビ選びの参考にしてみてください!

では

(ライター sugi)

電装品の持ち込み店舗はこう探せ!

SNSでフォロー

毎日更新! クルマの最新ニュースから雑学までLaBoon!!はどこよりも詳しく紹介!
フォローお願いします!