こんにちは!ライターsugiです。

今回は「マツダの純正カーナビ」の特徴とラインナップについて紹介したいと思います!

マツダ車を購入・納車される予定がある方で、マツダの純正カーナビを検討されている方は必見です。

マツダ純正カーナビの現行機種ラインナップ

マツダの純正カーナビの現行ラインナップは大きく2種類あります。

1つはアクセラ、デミオ、CX-5などのマツダ新型車に標準搭載されている「マツダコネクト」、2つは社外カーナビメーカーのナビをマツダ車に最適化したモデルがあります。

今回は主に、新型マツダ車に標準搭載されている「マツダコネクト」について詳しく紹介していきたいと思います。

マツダコネクトが搭載されていない・非対応の車にカーナビを取り付けたい方はこちらのページからカーナビ一覧を確認してみてください。

今回は、細かな違いや特徴の紹介は省略します。。

マツダが標準搭載を進めている純正カーナビ「マツダコネクト」とは?

マツダの新型車には、「マツダコネクト」の標準搭載が進められています。

マツダコネクトは、「人とクルマ、そして外の世界とつながる」がコンセプトで設計されています。

現行車種で言うと、デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5、CX-8、ロードスターには標準搭載されています。

今後発売されていくマツダ車にも搭載が進んでいくと思います。

マツダコネクトは取り外せない!?

マツダコネクトは、上記で紹介した車種を購入すると標準で搭載されてきます。

ナビは完全埋め込み式となっており、原則取り外しはできません。

なので、パイオニアなど一般的なカーナビを買っても取り付けることが出来ません。

カロッツェリア(パイオニア) 楽ナビ 7型ワイド カーナビ フルセグ AVIC-RW901

まあ厳密に言えば取り外しは可能ですが、マツダコネクトはナビ機能のほか、クルマに搭載されている電子制御部分も連携しているので取り外さない方が無難かと思います。

カーナビ機能は別売オプション

マツダコネクト自体は車種に対応していれば標準搭載されています。

しかし、カーナビの案内機能は別売オプションとなっています。

カーナビの地図情報はSDカードに記録されているので、こちらを購入する必要があります。

ちなみに、マツダ・デミオで簡単見積りをしてみたところ約5万円でした。

アップグレードが進むマツダコネクト

マツダコネクトの面白いところは、ソフトウェアをアップデートできること。

別にアップデートできることはさほど珍しくありませんが、FacebookやTwitterの読み上げ、世界12万局以上のネットラジオを聴けるようになるなど、アップデートが進んでいます。

今後のアップデートで、CarPlayなどに対応していくとさらに面白いですね。

マツダコネクトの使い心地について

マツダコネクトは、手元(シフトノブ・ハンドブレーキ付近にある)コマンダーコントロールを利用して操作を行います。

以前、タイムズレンタカーで新型アクセラを借りてマツダコネクトを使ったことがあるのですが、操作には少々癖があるものの慣れれば快適に使えるカーナビだと感じました。

タッチパネルにも対応してるので、直接画面に触って操作してもOKです。

ただ、画面に傷が付きそうなので個人的には保護フィルムが欲しくなりました。

マツダコネクトがある運転席

マツダコネクトは、ダッシュボード中央に配置されています。

運転に集中できるコックピット設計を意識して設計されており、スマートフォンなどとの連携で情報量が増えても安全に運転に集中できるように配慮されています。

最近のマツダ車の内装は、質感も良いですし、なによりデザインに統一感があるので個人的には好印象です。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイも魅力的!

マツダコネクトと連携して使えるのが「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」です。

これはHUD(ヘッドアップディスプレイ)と呼ばれるものに似ていて、カーナビの情報を運転している視界に表示させるシステムです。

これが搭載されているだけで、一気にハイテク感が出てきて面白いですよね。

マツダコネクトは車両情報をリアルタイムで表示する機能がある!

マツダコネクトは、車輌情報をリアルタイムで表示する機能が幾つか搭載されています。

こういった細かな情報が表示できるのは純正ナビならではですね。

燃費向上をアシストする「i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)」

運転者も、同乗者も楽しく安全・エコ運転ができるアプリケーションを搭載しています。

運転傾向を分析し、スコア表示してくれます。

燃費表示

燃費モニター機能もあります。

直近の燃費と、平均燃費を表示してくれます。

ドライブモニター

ハイブリット車なら、エンジン・モーター・バッテリーのどの部分から供給されているかを表示してくれます。

EV走行で走れる航続距離なども表示してくれます。

メンテナンス情報表示

オイル交換時期などを表示してくれるメンテナンス表示機能もあります。

オイル交換などを忘れがちな方におすすめですね。

そのほか、ガソリン残量や、ウォッシャー液不足などの情報も表示してくれます。

マツダコネクトはエンターテインメント機能も充実!

マツダコネクトは、エンターテインメント機能も充実しています。

スマートフォンを持っていれば、音楽は十分楽しめる設計になっています。

また、車種によってはBOSEのスピーカーを搭載している場合があるので、低音の効いたBOSEサウンドが楽しめます。

Bluetooth対応

Bluetoothオーディオ、ハンズフリー通話に対応しています。

USB再生

USBメモリや、スマートフォンを接続して有線での音楽再生に対応しています。

インターネットラジオ再生にも対応!

スマートフォンに専用アプリを入れておくことが必要になりますが、世界中のインターネットラジオを聴くことができます。

CD/DVDはオプション

CD/DVDは車種によってオプションになる場合があるので確認が必要です。

詳しくはマツダディーラー、Webのかんたん見積もりをチェックしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はマツダの純正カーナビ「マツダコネクト」について紹介してみました。

操作は”慣れ”によるところが大きいですが、標準でこれだけの機能が搭載されているのは嬉しいですね。

マツダ車の購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです!

では

(ライター sugi)

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう