こんにちは!ライターsugiです。

今回は「ニッサンの純正カーナビ」の特徴とラインナップについて紹介したいと思います!

ニッサン車を購入・納車される予定がある方で、純正カーナビを検討されている方は必見です。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

ニッサン純正カーナビの現行機種ラインナップは4種類

ニッサン純正カーナビの現行機種ラインナップは「プレミアムナビ」「ベーシックナビ」「シンプルナビ」、全部で4種類あります。

それぞれグレードごとに分かれており、うち1機種はEV車専用ナビとなっています。

EV車専用ナビは、近隣の充電スポットを検索したり表示する機能などが搭載されたモデルで、主にリーフなどの電気自動車が対象となります。

ニッサンの純正カーナビ「プレミアムナビ」の特徴

まずはニッサンの純正カーナビの中で最上位グレードにあたる「プレミアムナビ」の特徴から紹介していきます。

画面サイズは9インチ/8インチ/7インチモデルがある

画面サイズは9インチ、8インチタイプの3パターンがあります。

9インチは、セレナ、エクストレイルの車種専用設計が用意されています。

8インチは、エルグランドの車種専用設計が用意されています。

7インチは、一般車種に多く取り付けができます。

画面サイズが違うので販売価格も違いますが、搭載できる対応車種が決まっているので、詳細は公式ホームページをチェックしてみてください。

純正ドライブレコーダーと連携できる!

プレミアムナビは、純正ドライブレコーダーと連携することができます。

ドライブレコーダーの画面は小さく操作・再生が面倒なものが多いので、カーナビ画面で映像をチェックできるのは嬉しいですね。

こちらは「プレミアムナビ」と「ベーシックナビ」の2機種に対応しています。

インテリジェントアラウンドビューモニターと連携できる!

インテリジェントアラウンドビューモニターと連携できます。

駐車する時に鳥瞰表示できる機能ですね。

この機能は、ルームミラーに映像を映し出す機種が多いですが、「プレミアムナビ」と「ベーシックナビ」ではナビ画面に映像を表示することができます。

ニッサンの純正カーナビは高音質!?

メーカー公式HPを見ていて気になったのが「高音質」の記載があったこと。

ポイントとしては、

❍ 高音質電解コンデンサを採用!
❍ カスタムストラーダコンデンサによる最適化!
❍ 車速連動音量+車速連動イコライザーを採用!

の3つ。

私もカーオーディオで経験があるのですが、停車している時・一般道を走行中・高速道路を走行中では音の聴こえ方が全然違うんですね。

メーカーサイトでは、それらを補正する機能があるという紹介がされているので、ニッサンの純正ナビの音質は気になっています。

気になる方は一度試乗してみることをおすすめします。

プレミアムナビは「ブルーレイ再生」にも対応!

プレミアムナビは、ブルーレイ再生にも対応しています。

車でブルーレイディスクを再生したい方は、プレミアムナビ一択です。

プレミアムナビはナビと対話できる!?

プレミアムナビは、どうやらナビと対話できるようです。

運転中にマイクに向かって話かけると、ルート設定ができるようです。

ナビ更新が2021年まで無料!

ナビの地図更新が2021年まで無料で行えます。

首都圏を中心に交通インフラの再整備が進められている今日、2021年まで計3回、無料で最新地図に更新できるのは嬉しいですね。

ワイドFM+VICS WIDEに対応!

AMラジオをよりクリアな音質で楽しめる「ワイドFM」と「VICS WIDE」に対応しています。

渋滞情報を取得し、カーナビに反映させることで迂回ルートなどを提案してくれます。

スマホアプリ「NaviCon」もある!

スマートフォンで活用できるアプリもリリースされています。

こちらのアプリを使うと、スマホで目的地を決めて情報をカーナビに転送することができます。

目的地設定をカーナビ側で行う必要がないため、スマホ操作に慣れている方はかなりラクになると思います。

そのほかメディア対応

プレミアムナビは、地デジ(フルセグ)に対応しています。

ブルーレイ/CD/DVD再生、Bluetooth再生、SDカード、USBメモリに対応しています。

ニッサンの純正カーナビ「ベーシックナビ」の特徴

お次は「ベーシックナビ」です。

ニッサンの純正カーナビのなかではスタンダートモデルに当たります。

画面サイズは9インチ/7インチモデルがある

画面サイズは、9インチ、7インチモデルがあります。

※9インチモデルは、セレナ・エクストレイル車種専用設計です。

「ベーシックナビ」の機能は「プレミアムナビ」からエンタメを少し抜いた感じ!

ベーシックナビの機能は、プレミアムナビとほぼ同じです。

違いは、ブルーレイが再生ができない点ぐらいです。

純正ドライブレコーダー、インテリジェントアラウンドビューモニター、VICS WIDEなどには対応しています。

ニッサンの純正カーナビ「シンプルナビ」の特徴

お次は「シンプルナビ」です。

こちらは、ナビに必要な基本機能を厳選したカーナビになります。

サクサク快適に使いたい!シンプルに使いたい!安価なモデルで良い!という方に向けて作られています。

画面サイズは7インチ

画面サイズは7インチです。

カーナビ案内機能にフォーカスしたナビ

シンプルナビは、カーナビ案内機能にフォーカスしたカーナビになっています。

VICSでの渋滞迂回はもちろん、地図データの精度が向上しています。

4ヶ国語に対応したグローバルモデル

カーナビの言語は4カ国語に対応しています。

あまり関係ないかもしれませんが、レンタカー需要や日本在住の外国人向けに対応した形だと思います。

メディア対応もまずまず優秀

カーナビ案内機能にフォーカスしたカーナビとはいえ、メディア対応もしっかりしています。

フルセグ、Bluetooth再生、SDカード、CD再生に対応しています。

イコライザー機能も搭載!

シンプルモデルながら、オーディオにも力を入れているようで、イコライザー機能を搭載しています。

プレミアムナビにもある、走行速度に合わせて音量を自動で調整してくれる機能も利用できます。

ニッサンの純正カーナビ「EV専用ナビ」の特徴

最後に紹介するのは「EV専用ナビ」です。

基本的な機能は、上記で紹介したシンプルナビと同じですが、EV専用ナビなので機能が追加されています。

全国の充電スポットを検索できる!

EV車が増えてきたことで、全国に充電スポットの設置が進んでいます。

ニッサンディーラーをはじめ、商業施設などにも設置が進んでいます。

EV専用ナビは、充電スポットを検索・表示する機能が搭載されています。

ちなみに2018年現在、16,572件もの充電スポットがあるそうです。

ニッサン純正カーナビのメリットとデメリット

ニッサン純正カーナビのメリットとデメリットをまとめて紹介します。

【メリット】デザインや一体感はさすが純正ナビ

純正ナビを選ぶ目的の1つにこれがあると思います。

どの車種で使用できる社外ナビとは違い、純正カーナビはトヨタ車に合わせて作られているので一体感があります。

ナビを取り付けた時の物理的な凹凸感が少なかったり、ナビ下側に操作ボタンが一体化しているものもあります。

9インチ/8インチモデルは車種専用設計モデルも用意されているので、購入したい車が対応している車種であればぜひ検討してみてください。

【デメリット】価格が高い

社外ナビと比べると、純正ナビは価格が高めです。

純正ナビはメーカーが取り付けを行うので、価格が高いのは仕方ないですが、車種専用設計のプレミアムナビ(9インチ)が工賃込みで29万円~というのは少々高すぎる印象も受けます。

値下げについてはディラー担当者と交渉が必要ですね。。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はニッサンの純正カーナビについて紹介してみました。

純正カーナビは、それぞれの車種に合わせて設計されているので、一体感や操作性は社外ナビよりも優秀です。

ニッサン車の購入を検討されている方はぜひディラーで実物もチェックしてみてくださいね。

では

(ライター sugi)

■ カーナビおすすめモデルの比較 2018年版

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう