デンソーテン(旧富士通テン)と言えばイクリプスブランドのカーナビを展開するトヨタ系列のカーエレクトロニクスの大手メーカーです。

最近デンソーテンが販売するドライブレコーダーやカーナビなどのガジェット類で「SOLING」と言うブランドがあるよ!と読者の方に教えて頂いたので、この「SOLING」がどんなブランドなのか調べてみました。

「SOLING」は中国の会社で日本支社もある

ネットで普通に「SOLING」であるとか、或いは「ソーリン」で検索を掛けると日本法人の「SOLING JAPAN 株式会社」がヒットします。

■ SOLING JAPAN 株式会社

日本法人が設立されたのは2016年2月となっていますし、2017年8月に事務所を神戸に移転と書かれています。

本社は中国の深圳市にあり、会社の正式名称は「深圳市索菱実業股份有限公司」、設立は1997年のようです。(工場は隣の恵州にある)

■  Shenzhen Soling Industrial Co., Ltd.

会社名の英語表記に「Soling」が入っていますので、「SOLING」は会社名でありブランド名としても使われているという事ですね。

因みに「AUTO VOX」も正式名称は「Shenzhen Auto-vox Technology Co. Ltd.」ですので、会社名をブランド名として使っているパターンです。

「SOLING」は良く調べたらヤバい会社だった

この「SOLING」と言う会社ですが、色々ヤバいですね。

パイオニアが死に掛けている原因が良く分かったというか、android OSを搭載した車の純正オーディオやナビゲーションシステムを作ってる会社みたいです。

因みに…ここが供給しているメーカーは、トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・三菱・スズキ・ベンツ・アウディ・フォルクスワーゲン・フォード・シトロエンなどとなっています。

もちろん、日本のカーナビ市場はガラパゴス状態なので「Google Mapを純正カーナビのメインで使ってください!」という訳には行かず、各社メーカーの海外向けの車に搭載されているシステムを生産しているのでしょう。

もともとノウハウやコスト面で不利になる日本のメーカーが、海外OEMで撃沈されるのは自然な流れだったんでしょうね。

因みに自動車メーカー以外ではFUJITU TEN(昔のまま)、パイオニアなども提携先の企業として紹介されています。

 

余談ですけど、パイオニアが香港のファンドの傘下に入って技術を奪われるのでは?などと心配されていますね。

気になるのは地図会社のインクリメントPも持って行かれる筈なので、その部分で何か大きな影響が出るかも知れません。

ケンウッド・イクリプス・三菱電機もここの地図使ってますし、中華メーカーが本格的に日本のカーナビを企画・販売する事も考えられますね。

android搭載でインクリメントPの地図アプリが入ったものなど…まぁ、ユーザー的にはそっちの方が有難いような?

日本向けの純正カーナビにもどんどん海外メーカーが入って来ちゃうんですかねぇ…。

「SOLING」が生産しているガジェット類

「SOLING」が手掛けている主な製品のカテゴリーは、以下の通りです。

①オーディオヘッドユニット~4TBのストレージなんか積んじゃってるぜ!

②話題のテレマティクス関連

③ミラー型android端末(危ねーよ!…でも中国では結構使われてるらしい)

④ドライブレコーダー(まぁ、お約束ですね)

⑤安全運転支援の警報ユニット

日本向けのアフターパーツも色々あるよ

「SOLING」は富士通テンの時代から、日本向けの製品を富士通テン経由で販売していましたが、現在では以下の製品をデンソーテン経由で販売しています。

①カーナビ

カーナビは今のところ2グレードだけですが、エントリークラスは3万円を切っており結構良いかも知れませんね。

②ドライブレコーダー

ドライブレコーダーに関しては何か特徴がある訳ではありませんが、価格は安いですね。

③スマートルームミラー

純正ミラー交換式の2カメラドラレコですね。

筐体や付属品はほとんどAUTO VOXの「X1 Pro」と同様です。(ソフトウェアも)

リアカメラは形状が異なるので違うものですね。

デンソーテンが販売するスマートルームミラー型2カメラドラレコ SOLING「SL3118SMD」

「SOLING(ソーリン)」のまとめ

ざっと見る限り、「SOLING」の最も得意とする分野は自動車メーカーの純正オーディオユニットやテレマティクスの分野のような感じですね。

ドライブレコーダーに関しては他の中国メーカーの製品とそっくりそのまま同じようなものもありますし、独自性はないような気がします。

何れにしても日本のメーカーがコストが合わなくてやめてしまうようなカテゴリーでも、このような販売の形態であれば存続可能になる事もありますし、今後も増えていくビジネスモデルなんじゃないかなぁ…と。

(ドライブレコーダー専門家 鈴木朝臣

■ ネット通販で購入した持ち込みパーツの取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう