自転車による当て逃げ対策にも有効なドラレコの駐車監視の録画方式は?

こんにちは!ドライブレコーダー専門家の鈴木朝臣です。

先日TVでのニュースで「駐車中に自転車に正面から激突されて修理代100万円以上」というランボルギーニの当て逃げ動画が報道されていました。

今回の当て逃げ事件では犯人が特定されない可能性が高い

こちらで紹介されているのは周囲の防犯カメラの映像との事ですが、この様子ではおそらくこのオーナーの方はドラレコの駐車監視機能は使っていなかった、または使っていたが自転車が衝突した前後の状況が映っていなかったのでしょう。

問題なのは、証拠としてこのような不鮮明な映像しか残っていない場合には、警察が捜査すらしてくれない可能性が高くなる事です。

これが殺人などの凶悪事件であれば、逃走経路として考え得る市中の防犯カメラの映像を分析して犯人の検挙に繋がる事もあろうと思いますが、たとえランボルギーニであっても、車の当て逃げ程度ではそこまでの捜査はしてくれないでしょう。

ただし、当て逃げ犯の顔や服装などがドラレコにしっかり映って場合には、少々事情が変わってくる事もあるでしょうし、警察が対応しないのであればマスコミに動画を渡して報道→炎上を避ける為に警察が動く、という流れも期待出来ます。

■ 日テレ投稿ボックス

何せ、例の東北道での宮崎文夫被告が起こした煽り運転からの殴打事件ですら、あれだけ鮮明に被告の人相、車のナンバーが映っていなかったにも関わらず、警察はマスコミで事件が報道されるまでロクに捜査をしていなかった節が見られます。

従って我々一般市民としては「警察は保身でしか動かない」と心得て対策を考えた方が良いでしょう。

マスコミを上手く使うなら、衝突前後の鮮明な動画が必要

ナンバーなどの識別情報がない自転車による当て逃げ犯を突き止めるには、マスコミを使ってコトを大きくして警察や犯人にプレッシャーを与える事が肝要かと思います。

場合によっては近隣の車に搭載されているドラレコの映像に、事故前後の映像が残っているかも知れませんし、そう言った方からの協力も得られるかも知れません。

このような自転車による当て逃げ対策に強い駐車監視の録画方式は

・常時録画+衝撃検知
・動体検知
・5fps程度のタイムラプスモード

の3種類になります。

常時録画+衝撃検知のドラレコ

「常時録画+衝撃検知」の録画方式は、microSDカードに保存できる範囲の「常時録画」と、上書き不能な「衝撃検知録画」を組み合わせたもので、例えばこの録画方式を採用するコムテックのほとんどの製品では「衝撃検知録画」の方は、衝撃の前の数秒間以上と、衝撃の後の数秒間以上の映像が保存されます。

「ZDR035」の駐車監視の仕組みと使い方について解説
...
「ZDR037」の駐車監視の仕組みと使い方について解説
...

ただし、対自転車を考えた場合には、軽く擦ったなどの衝撃が小さ過ぎるケースでは検知出来ないおそれが出て来るのが弱点です。(microSDカードの容量に余裕があれば、数時間前の常時録画データも残ります。

動体検知のドラレコ

「動体検知」も対自転車の当て逃げを考えた場合には有効な録画方式です。

ただし、ドラレコの機種や設定によって感度が違いますし、自転車の動きを確実に捉える為にはそれなりの高感度の設定が要求され、そうなると周囲のちょっとした動きにも反応して動体検知が行われるようになりますので、microSDカードの容量が足りないと問題の映像が上書きされてしまう事もあります。

この録画方式は代表的なところでは、最近のユピテルのドラレコで多く採用されています。

実機レビュー ユピテル 2021年モデルSTARVIS 2カメラドラレコ 第二弾!「WDT700c」「SN-TW9900d」「Y-300C」「Y-300dp」「Y-300R」「Y-210R」の評価
...
実機レビュー「Y-3000/Z300」の評価 超広角3カメラドラレコ
...

5fps程度のタイムラプスモードのドラレコ

5fps程度のタイムラプスモードは、証拠能力とmicroSDカードの容量の節約のバランスに優れた録画方式です。

5fpsとは1秒間に5コマ、0.2秒に1コマを撮影するフレームレートですので、事故や事件の際の証拠を捉える目的では充分である上、録画容量も通常の常時録画に対して1/5程度に抑える事が出来ます。

この録画方式は代表的なところでは、VANTUREやVIOFOなどの中国メーカーの製品で多く採用されています。

VANTRUE「N4」の駐車監視の使い方とおすすめ設定について解説
...
実機レビュー「A139 3CH」 VIOFO3カメラドラレコの評価
...

まとめ

以上、自転車による当て逃げ対策向けのドラレコの駐車監視モードについてご紹介しました。

長時間の駐車監視には車のバッテリー保護の為に外部での運用も検討したいところです。

2年保証のドラレコ駐車監視用バッテリー iCELL「B6A/B12A」登場
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました