》》》自動車整備士が教える「ユーザー車検の手引き」

スポンサーリンク

「ユーザー車検」+「代行」というような検索キーワードでこのサイトに辿り着いた方がいらっしゃいますので、整備士の視点から「ユーザー車検代行」というものについて考えてみます。

ユーザー車検代行のメリットとデメリット

ユーザー車検代行のメリットとデメリットは以下の通りです。

ユーザー車検代行のメリット

  • 車検費用が安く抑えられること
  • ユーザー車検で運輸支局や軽自動車検査協会などへ持ち込む手間が省ける
  • ユーザー車検のやり方がわからない人にとっては非常に良い

ユーザー車検代行のデメリット

  • 代行を依頼する分、ユーザー車検よりは費用がかさむ
  • 必要な点検整備がなされていないので安全性が心配である

運輸支局や軽自動車検査協会で行われる検査

運輸支局や軽自動車検査協会の検査は、ユーザーまたはユーザー車検代行業者が点検整備記録簿に基づいてしっかりと点検整備を行っているという前提のもとで行われています。

運輸支局や軽自動車検査協会ではブレーキパッドかあるかとかエンジンオイルが入っているかとか、そういうことはまず見ません。

エンジンルームを開ける目的は、ほぼ車台番号とエンジン型式の確認のみ。

上から見える範囲では灯火類とホーン(クラクション)、ワイパー・ウォッシャー。

改造車でマフラーがうるさい場合はマフラーの音量測定や、車高の低い車は最低地上高の測定など。

それ以外の検査は

  • 下廻りのボルト類やホイールナットがしっかり締め付けられているかを打音検査で点検
  • ステアリング系のガタ
  • ダストブーツの切れ
  • マフラーの排気漏れ
  • 各部のオイル漏れ・冷却水の漏れ

など下廻りを点検するのみです。

スポンサーリンク

その他はユーザー、またはユーザー車検代行業者が点検整備を行ったものとして、特に保安基準不適合の項目がなければそれで車検が終わります。

必要な点検整備などは行わず、運輸支局や軽自動車検査協会などへ持ち込むだけのユーザー車検代行業者の場合は、日常点検程度を行ってテスター屋さんでヘッドライトの光軸調整をしてもらって検査ラインを通して終わり、という可能性があります。

ヘッドライトの光軸調整は必ず行わないとほぼ落ちるのでそこだけは必ず行っているはずです。

ユーザー車検代行業者はユーザーの代わりに運輸支局や軽自動車検査協会などへ出向いて持ち込み車検を受けてくるだけなので、点検整備のうち分解整備に該当するものを行わないのであれば、認証工場もいらなければ特に資格も必要ありません。

整備に関してはユーザーが行ったということにしておけば良いのですから。

点検整備記録簿通りの点検整備を行わない場合の危険性

しっかりと整備点検が行われていない場合、どのような危険と向き合う事になるのでしょう?

特に危険なのはブレーキ類

ブレーキパッドの残量がほとんどゼロでもそこはタイヤを付けた状態では見えないので、ブレーキテスターで制動力(タイヤの回転を止めようとする力)が十分に出れば車検は通ってしまいます。

しかし、ブレーキパッドが全く無くなってしまえばブレーキの制動力は著しく低下してしまい、非常に危険です。

スポンサーリンク

NIK_8474

ドラムブレーキでも同様のことが言えます。

また、ブレーキフルードも交換しないと下り坂などで連続的にブレーキを使用した場合においてブレーキが効かなくなってしまう恐れがあります。

点検不足はエンジントラブルの原因にも

いくらよくできたエンジンでもメンテナンスを怠ればやはりトラブルは起きます。

エンジンオイルがエンジンの外側に漏れていなくても、プラグホールに漏れているなどの場合もあります。

軽い不具合を放置すると後々もっと大きな不具合を引き起こす原因となる場合もあります。

NIK_8563

車検は車両の安全を保証するものではない

車検は、検査を受ける時点で車両が保安基準に適合しているかどうかを判断するものです。

勘違いしている人も多いのですが、運輸支局や軽自動車検査協会で車検を受けても、その後の車両の安全性を保証するものではありません。

持ち込み車検に限らずカーディーラーなどの車検でも同様のことが言えます。

整備した部分に起因するトラブルであれば整備した業者に責任が生じますが、そうでない場合は点検整備を行った業者に責任はありません。

整備不良などに起因する事故に関しては車の使用者(ユーザー)の責任となります。

安全はお金には変えられません。整備不良は自分だけではなく、他人を巻き込む事故にも発展する可能性があります。

lgf01a201306242000【著作者: srslyguys】

整備を怠った代償はとても大きいものになってしまうかもしれません。

定期的な点検を実施して安全な車生活を送りましょう。

(ライター:自動車整備士 SkyLight)

》》》自動車整備士が教える「ユーザー車検の手引き」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!しよう