みなさんは、事故に遭ったことはありますか?

自動車免許を持っている人なら一度は事故に遭ったこともあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

そんな事故に遭ってしまった自動車について今日は紹介いたします。

修復歴ってなに?

事故と言っても自宅の花壇で擦ってしまったような軽いものから、ガードレールにぶつかってしまったような大きなものまでさまざまあると思います。

こうした事故を修理した場合、すべて「修復歴車」と言います。

修復歴は、購入者に対して告知する義務があります。中古車の総合サイトや、販売店のホームページなどではユーザーに向けて修復歴の有無を記載しています。

中古車の購入時には参考にするといいかもしれません。

b89ebada7216a36b8ee62fb1ab2bb29c

スポンサーリンク

事故車はマイナスイメージばかり?

みなさんが気になるのは修復歴車と事故車の違いではないでしょうか?

修復歴車は、小さな修理から大きな修理をしたものまでを言います。

その中でも、車体の骨格まで修理を要するものを「事故車」と区別することが多いです。

では、事故車ってどんなイメージですか?

ちゃんと走行するの?とか、寿命が短そうとか、すぐに不具合が出そうとか、そんなイメージが付きまとっていませんか?

komta

はっきり言うと、すべての事故車がそうとは限りません。

不具合が出るのはごく一部です。
事故車であっても、しっかりと修理さえしてあれば何も問題はありません。

中古車販売店が事故車を扱いたがらないのは、お客様にこうしたマイナスイメージがどうしても浮かんでしまうために、納車後何か不具合が出た時、以前の事故のせいではないかと言われてしまうので、出来るだけクリーンなものを店頭に置くようにしています。

事故車にもメリットが?

そんな事故車にも選び方次第ではメリットももたらしてくれます。

そのメリットとは価格が安い、という点です。

やはり修復歴があるとないとでは、おおよそ平均20万円ほど車体価格が違ってきます。

スポンサーリンク

修復歴があることを知って購入するには十分なメリットです。

また、ざっくり修復歴車、事故車と言っても、走行や自家用で使用する分には全く問題のないものがほとんどですので、購入者側の気持ち次第な部分が大きいように思います。

e402a72db4a85b5c83871a71dd5ec744

車屋さんが狙う「オイシイ事故車」とは?

私たちプロが、自家用車として使用するのにまったく問題ないと判断して自分の愛車に事故車を選ぶケースもあります。

事故車とわかっていても相場よりも比較的安く購入できるのですから、文句はありません。

そんなプロが選ぶ事故車のポイントは

後ろの部分が事故にあった車

自動車の構造上、ほとんどの車はフロント部分にエンジンやミッションが搭載されています。

そのため、フロント部分が衝突した車よりも、リア部分が破損した車のほうが修理も簡単で破損している部品も少ないケースが多いため、プロはリア事故と呼ばれる事故車を好みます。

フロントの事故でも軽いもの

自動車のフロント部分には、衝突をしたときにエンジンを守れるような骨格がいくつか組まれています。

プロの人たちは、フロントを事故しているものでも、エンジンの手前で破損がとどまっているようなものを選びます。

素人が見るとひどい状態でも、プロが見ると軽いものもある

こうした破損であれば比較的修理も簡単に済むため、素人が見るとひどい状態と感じるものも、プロから見ると軽めの事故と判断されるものもあります。

事故車でも、こうした知識さえあればマイナスイメージだけではなくなるはずです。

自分が事故をして修理した車に乗るのと、前ユーザーが事故してしっかりと修理してある車に乗るのと、私はさほど変わりはないと思っています(気持ちの面では違うかもしれませんが)。

事故車と上手に付き合うには、購入時にちゃんと修理してある箇所を把握することが大切です。

l_01

試乗させてくれる車屋さんも多いはずなので、試乗してみるのもいいかもしれませんね。

自動車購入は、中古車であっても高い買い物ですので自分の納得できる車に出会えるといいですね。

(ライター:中古車査定士ryo)

■ 中古車査定士が教える「買取り額をアップさせる為に絶対に!押さえておきたい3つのポイント」

この記事が気に入ったらいいね!しよう