現在日本では年間に登録される自動車の割合は新車4割、中古車6割と言われています。

半数以上のユーザーさんが中古車で購入しているんですね。

中古車購入のメリットは?

わたし個人的には、中古車が大好きです。理由はいろいろありますが、一般的なメリットから裏事情までをご紹介いたします。

スポンサーリンク

l_01

自分の予算で選べる

中古車を購入するユーザーさんの一番のメリットは「自分の予算を決めて購入できる」これではないでしょうか。

中古車の価格には1万円からウン千万円まで幅広く設定されていて、自分の予算に応じて比較、検討ができるのが最大の魅力です。

仕事の移動に少しの間使用するのに、200万円の新車は必要ありませんよね。

仕事のTPOに合わせた数十万円の中古車で十分です。

スポンサーリンク

子供が免許を取って初めて乗る車に、大きな新車は不向きです。大概の親御さんは、ぶつけても大丈夫なようにポンコツを与えるのがセオリーですよね。

008268

また、自分が学生時代、社会人になってからコツコツと貯めたお金で購入する人もいるでしょう。

そんな人たちこそ、自分の貯金と相談して購入することができるので、中古車は大変メリットがあると言えます。

希少車や限定車に乗れる

私を含め、私の知人はクルマが大好きな人たちばかりです。

独身時代なんてこだわりにこだわった車にみんな乗っていました。

私のような人間が中古車に乗るのは、予算はもちろん、新車では手が出ないような車種を好んでいたからです。

gatag-00000585

今は、若者の自動車離れが問題になっていますが、そんな風潮なんて私たちには関係なく、憧れの車に乗ることで仕事へのやる気を奮い立たせていたようなものでした。

そうした車種になると、年式によって仕様が違っているだとか、生産が終了しているだとかで、中古車でしか購入できない車種がほとんどでした。

父の影響で幼いころから自動車が大好きな私が18歳で運転免許を取ったとき、父が最初に与えてくれたのは昭和の名車と呼ばれる「フェアレディZ S30」という車でした。

フェアレディZ S30 2―Z改の全て! (SAN-EI MOOK 旧車改シリーズ 8)

スポンサーリンク

当時で30年落ちくらいだったと思います。

免許取りたての小娘に、こんな車を与える親はそうそういないのでしょうが、大事に乗るようにと、昭和生まれではありますがピカピカのフェアレディZに乗らせてもらえたのは人生でもいい思い出です。

父がこのフェアレディを購入したのも、中古車としてでした。

なんでも機械式、電子制御が当たり前の現代に、エアコンすらついていない車を購入したのには父なりの理由がありました。

それは、若いころに憧れた車に乗りたい、というものでした。父もその当時で50歳を超え、金銭的にも余裕ができたので若いころには購入することができなかったフェアレディZを購入に至りました。

また、現行モデルよりも前型モデルの形が好みだったからという理由で数年前の中古車を購入する人も割と多くいます。

新車を選択する人もそれぞれの思いがありますが、中古車ならではの購入理由があるものです。

中古車は損が少ない

私も10年以上自動車業界にいますが、特に新車に乗りたい願望はありません。

もちろん、宝くじが当たったら、キャッシュでレクサス LS600ロングを購入するのが夢です(笑)。

絶対買ってやる!…話はそれましたが、個人的には新車を購入するメリットって「新車に乗った!」というステータス的なもので、それ以外にあるんでしょうか?知らない誰かが乗っていた車に乗りたくない、という理由もあるでしょうが、そんなところですよね。

新車を購入することは、ものすごく損していると思います。

例えば、100万円の新車に、ナンバーがついたら(登録されたら)、もう中古車とみなされて、翌日に売りに出しても売却価格は8割ほどになります。そこからどんどん価格は落ちて行くばかりです。

しかし、同じ車種を中古車で購入すると、100万円出して買わなくてもいいうえに、値減りも少なく済みます。

私の愛車で言えば、レクサスLS460、新車価格1200万円を、主人の仕事の関係で400万円で購入しました。

gatag-00011235

4年乗って売却した時、280万円で売れていきました。4年間乗ったこと、年式を加味すると減価償却としての損失はかなり少ないと思います。

次に乗ったアルファード240Sは、6年落ちでしたが150万円で購入して、1年乗って170万円で売却しました。

新車では、こうした売却、買い替えは難しいと思います。

200万円で新車を購入して1年後に150万円も値段が付くでしょうか?

私が新車はもったいない、と思うのはこうした点です。

ただし私のように損失が少ない車種を選ぶことも、中古車選びのポイントになっていきます。

次回は、中古車購入のメリット➁をお届けしたいと思います。

(ライター:中古車査定士ryo)

■ 中古車査定士が教える「買取り額をアップさせる為に絶対に!押さえておきたい3つのポイント」

この記事が気に入ったらいいね!しよう