コムテックからミラー型レーダー探知機2016年モデル「ZERO802M」が3月14日に発売されています。

コムテック モーションセンサー搭載 ドラレコ相互通信対応 ミラーレーダー探知機ZERO802M
コムテック モーションセンサー搭載 ドラレコ相互通信対応 ミラーレーダー探知機ZERO802M

「ZERO 802M」の特徴

ZERO 802M」の主な特徴は3つです。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーとの相互通信機能

2月に先行して発売されている一体型レーダー探知機「ZERO 702V」と基本性能は同様で、ドライブレコーダーとの相互通信機能を搭載しています。

2016y02m12d_231936063

「相互通信機能」という表現だと何だかわかりにくいと思いますが、要はレーダー探知機とドライブレコーダーからの一方的な動画の入力だけではなく、レーダー探知機側からドライブレコーダーにGPS信号や操作信号などを送るという、双方向の通信という事です。

因みにドライブレコーダの映像に、警報を重ねて表示する事も可能です。

コムテック警報1

スポンサーリンク

ただし、誠に残念でなりませんが、今のところ肝心の相互通信対応のドライブレコーダーの方が発表すらされていません…。

液晶が大画面の4.0インチ

ドライブレコーダーとの連動性を生かす為、液晶は4.0型と大型になっています。

これはミラー型では現行モデルとして業界最大のサイズになります。

モーションセンサーによる液晶画面の操作

ユピテルの一体型ハイエンドモデルでは、操作方法が今までの感圧式ではなくスマホと同様の静電式になっていますが、ミラー型については今まで通りリモコン操作でした。

コムテックの「ZERO 802M」では、リモコン・タッチボタンの他にモーションセンサーによる操作方法が追加されています。
2016y03m18d_192815326

そんなに頻繁に設定を変更する訳ではないので、微妙な機能な気がしなくもありませんが…。

「ZERO 802M」のスペック詳細

「ZERO 802M」と競合するモデルは、同じくミラー型のユピテル「GWM205sd」、セルスターの「AR-393GM」「AR-363GM」です。

メーカー特徴コムテック
機種ZERO802M
コムテック 4.0インチ液晶搭載 モーションセンサー ドラレコ相互通信対応 高感度GPSミラーレーダー探知機ZERO802M
》》》セール、キャンペーンの状況次第でオートバックスが最安値になるモデルもあります。
発売日2016.03
参考価格
16.03.18
34,801円
最新価格Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
》》》知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
液晶4.0型
操作方法リモコン
モーションセンサー
タッチスイッチ
ジャイロ
センサー
フルマップ
レーダースキャン
-
自動更新-
取締情報
共有
-
小型移動式
オービス
オービス速度
超過警告
-
ドラレコ
電源供給
ドラレコ
OBDⅡ提供
対応ドラレコ
未発表
ドラレコ
GPS提供
対応ドラレコ
未発表
ドラレコ連動
外部入力
GPSデータ15.5万件
取締検問データ4.0万件
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

スペック的には圧倒的にセルスターが優位ですが、コムテック同様に2016年モデルで新しく搭載された機能の一部が対応ドラレコ未発表の為、実質未実装と同じ状態になっています。

従って、ドライブレコーダーと連動するタイプのミラー型レーダー探知機は、まだ買わない方が良いんじゃないかというのが結論なのですが、「春のドライブにどうしても間に合わせたい」と考えるのであれば、セルスターの2015年モデルならGPSデーターの送信にも対応していますし、相互連動モデルのドライブレコーダーが比較的安価ですので、セルスターの2015年モデルをおすすめします。

(編集長 Omi)

■ レーダー探知機 おすすめモデルの比較

この記事が気に入ったらいいね!しよう