最近はインダッシュ型のカーナビではなく、スマホやタブレットの無料カーナビポータブルナビを選択する人が増えているようですが、ここで問題となるのがバックカメラの映像の出力先ですね。

因みにドライブレコーダーやレーダー探知機の中にもバックカメラの映像の出力に対応していたり、ドライブレコーダーそのものがバックカメラの機能を持っているモデルも増えてます。

スポンサーリンク

選択肢は様々ですが、このページではカーナビ機能はスマホやタブレットではなくポータブルナビを使用したい、バックカメラの映像もポータブルナビに出力したい、と考えている方向けに、バックカメラの映像出力に対応したポータブルナビを紹介します。

何でもありの最上級ポータブルナビ ゴリラ「CN-G1100VD」

パナソニックのゴリラナビは、全般的にジャイロセンサーや衛星捕捉による測位の精度の高さには以前から定評がありますが、2016年以降は最上位モデルではタクシーなどのリアルタイムの走行データを活用した「VICS WIDE」にも対応しています。

 

ルート探索に関しては道幅優先ルートの提示設定などがありますが、ノーマルのルート設定においても他社のカーナビに比べて道幅の広い道路を優先する傾向が強く、運転に慣れていない人でも安心して使用できるアルゴリズムとなっているのが特徴です。

バックカメラの映像出力に関しては、同社の「CY-RC90KD」と接続ケーブル「CA-PBCX2D」と合わせて使用する事で、バックギアに入れた際にリバース信号を検知して自動でバックカメラの映像に切り替える事が可能です。

スポンサーリンク
パナソニック(Panasonic) バックカメラ CY-RC90KD
パナソニック(Panasonic) (2013-06-15)
売り上げランキング: 61

 

 

 

価格帯的にはアッパーになりますが、2020年の9月末までの地図更新が無料で付帯しますので意外とコスパは高く、誰でも安心して使える簡単で分かり易い組み合わせだと思います。

■ パナソニック ゴリラ「CN-G1100VD」のレビュー、評価

バックカメラ対応のポータブルナビのまとめ

現状のポータブルナビ市場はパイオニアが2015年をもって市場から撤退していますので、ほぼパナソニックとユピテルの二択となっています。

ドリームメーカーからもバックカメラ対応の「PN712A」「PN712B」などの7インチモデルが発売されていますが、ルート探索の際の提示ルートが複数から選択できないなど、使い勝手の悪い部分もあるようです。

 

 

ドリームメーカーのポータブルナビは私は実際に使用し事はありません。

従って安心しておすすめできるのは、やはり自社バックカメラも発売しているパナソニックの

「CN-G1100VD」の方になりますね。

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G1100VD 7インチ VICS WIDE ワンセグ SSD16GB バッテリー内蔵 PND 2017年モデル
パナソニック(Panasonic)
売り上げランキング: 285

 

 

(編集長 Omi)

■ バックカメラの選び方 おすすめ18選

■ バックカメラと兼用のドライブレコーダー4選

■ レーダー探知機~外部入力でバックカメラを使用出来るモデル

この記事が気に入ったらいいね!しよう