「YPB733/743」はユピテルのポータブルナビのど真ん中に当たるスタンダードモデルですが、「YPL523」に引き続きこちらもユピテルさんからお借りしましたのでレビュー報告致します。

なお、「YPB733」と「YPB743」は販売店の違いで中身は同一モデルとなります。

スポンサーリンク

「YPB743」を検討している方は、次の4つの条件に当てはまる方が大半だと思います。

1⃣今まで使用していたポータブルナビが壊れた、古くなった

2⃣とりあえずスマホのナビアプリを使ってみたが、画面が小さくて見にくく、つかにくいと感じている

3⃣携帯電話としてスマホを使用していないし、インダッシュナビもポータブルナビも使った事がない

4⃣これからカーナビレスの車を購入予定で、携帯電話はスマホは使用しているが果たしてカーナビアプリで大丈夫か不安に思っている

スポンサーリンク

1⃣と2⃣のケースの場合には下位モデルの「YPL523」も視野に入ると思いますので、「YPL523」のレビューを先に参照して頂くと説明が分かり易くなるかと思います。

■ ユピテル「YPL523」のレビュー、評価

なお、このサイズになるとスマホではなくタブレットが競合デバイスになってくるかと思いますが、この点については奥が深いのでインダッシュナビ、ポータブルナビ、タブレット・スマホの無料有料ナビの比較を後日実施する予定です。

スマホもタブレットも所有していない方はモバイル通信回線の費用が月額3,000円程度になる為、3年使用で通信量だけで10万円を超えてしまいます。

スマホを使用している場合、スマホでのデザリングが使用出来ますので通信料は大して変わらないかと思います。

気になる方はこちらの記事もどうぞ。

■ おもしろ実験「スマホ、タブレットの無料カーナビアプリ」はどこまで便利に使えるのか?

「YPB733/743」のスペック

「YPB743」のスペックは以下の通りです。

メーカーユピテル
工賃が安い「カーナビの持込取り付け」が出来るお店の探し方
メーカーサイトYPL523
YPB553

YPB733/743
発売日17.0417.0417.04
セール、キャンペーンの状況次第でオートバックスが最安値になるモデルもあります
参考価格
17.06.15
16,591円18,136円22,789円
最新価格Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
モニターサイズ5型7型
カーナビ機能メディアメモリ/4GBメモリ/8GB
住所検索3,600万件
電話番号640万件
フリーワード検索740万件1500万件
周辺検索240万件500万件
観光情報8万件
地図更新-
ジャイロセンサー-
VICS-
OBD2対応-
バックカメラ-
レーダー探知機機能オービス/取締データ6.7万件
AV機能地デジ-ワンセグ
SDカード音楽
ヘッドホン
ステレオ端子
3.5mm
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

下位モデルの「YPL523」「YPB553」との違いは次の4つのポイントです。

1⃣液晶のサイズが5インチから7インチで、高精細になっており地図が見易くなっている点大幅にアップしている点

2⃣カーナビメディアが4GBから8GBにアップしており、収録データが2倍以上になっている点

3⃣メニューにまっぷるマガジンのデータベースを参照できる「おでかけBANK」が追加されている点

スポンサーリンク

4⃣液晶を視認し易い位置に設置する為にマウントがフレキシブルになっている点

5⃣ワンセグが視聴できる点

7インチのWVGAと5インチのQVGAの違い

7インチWVGAの液晶の面積は、5インチQVGAのおよそ2倍となりますが、画素数は4倍となりますので、画面が大きい事で操作性が向上しているだけでなく、地図の細かい部分や文字もかなり見易くなっています。

スタンダードのインダッシュナビが7インチのWVGAなのでそれと同様ですが、5インチの「YPL523」と並べて見ると違いが分かり易いかと思います。

7インチのスタンダードな2DINのインダッシュナビと液晶は同じ大きさです。

7インチモデルの「YPB743」は、5インチの「YPL523」と同様に感圧式タッチパネルなので操作感はあまり変わらないかと思ったのですが、画面が大きい分、地図の操作がし易く、ボタン類も押しやすくなっている為、想像したよりも操作性は悪くない感じです。

スマホのようにピンチ系の操作で拡大縮小は出来ませんが、パイオニアの楽ナビもピンチ系の操作は不可です。

この辺りはスマホの操作に慣れてしまっているとストレスを感じるかも知れませんし、私の場合はスマホを使いまくりでカーナビも普段はピンチ系の操作が可能なケンウッドの「MDV-Z702」を使用しているので、この操作系は苦手です。

ただし、ピンチ系の操作が不可のインダッシュナビと比べるとそこまでは変わらないような気もします。

収録データが2倍以上で「まっぷる おでかけBANK」が追加

「YPB743」はフリーワード検索、周辺検索などの登録件数が「YPL523」の2倍以上となっていますので、場所によるものの検索を掛けた時の候補が多めに表示されます。

まあ、この部分は100件が200件になっても体感的に便利とは感じられない部分ではあるかと思いますが、「YPB743」の方がより多くの選択肢を提示してくれるのは確かです。

また、下位モデルにはない「まっぷる おでかけBANK」というメニューが追加されており、まっぷる130冊分、8万件の情報が収録され、まっぷるコード以外にも観光スポットの情報を調べながら目的地に設定する事も可能になっています。

観光地やドライブ先などで空き時間の時間調整の際などに使用すると便利ではないかと思います。

なおその他のルート探索についての操作系は「YPB743」と差はないですが、やはり画面が大きい分操作し易いのがポイントかと思います。

液晶を視認し易い位置に設置出来る

「YPB743」ではマウンド部分が前後上下の可動式になっていますので、ダッシュボードの上に設置して運転の邪魔になる場合には、高さを調節してダッシュパネル前面に液晶を配置する事が可能です。

マウント部を手前に設置する事が出来れば液晶が手前にせり出しますので、画面が見易く操作も楽になると言うメリットもあります。

ワンセグについては感度はイマイチ

「YPB743」はワンセグが視聴できるようになっていますが、Amazonの他の方のレビューにもある通り外部アンテナがない為か、感度は悪く私の自宅では屋内では使用不可、駐車場では他のインダッシュナビのフルセグが比較的安定している場所でも映像に乱れが出ました。(場所と状況によるかも知れませんが)

従ってこの点についてはあまり期待せず、オマケ程度に考えておいた方が良いかもしれません。

「YPB733/743」のおすすめポイントはやはり価格

最初に説明したように現在のカーナビはインダッシュ・ポータブル・タブレット・スマホと非常に選択肢が多いのですが、価格面を考えるとインダッシュナビの場合取付工賃まで考えると5万円台~、「YPB743」は2万円程度、タブレットは1万円代(通信料含まず)、今使っているスマホでカーナビアプリを使用するなら無料となります。

インダッシュナビのメリットは、細かい機能面を挙げると個々のモデルで差がありますが、共通して言えるのはやはり「ダッシュパネルとの一体感」、オーディオユニットも兼ねているので「高音質の音楽が聴ける点」の2点ではないかと思います。

ただし、価格が高く取り付けにもそれなりに工賃が掛かり、地図更新費用も1回で1万円程度必要になります。

ポータブルナビ・タブレット・スマホの場合には、BluetoothやUSB入力可能なオーディオユニットがを別途使用するなら車のスピーカーから高音質の楽曲の再生は可能です。(音質はスピーカーやウーファーに依存します)

そうでなければトランスミッターを使用してFMラジオ出力で音楽再生をする事になります。(因みに「YPB733/743」は案内中の音楽再生は出来ません)

■参考 「JAPAN AVE」のトランスミッターのレビュー、評価

JAPAN AVE.® FMトランスミッター Bluetooth 4.2

私は昔のトランスミッターしか使用した事がないので、最近のハイエンドモデルがどれくらい音質の劣化が抑えられるか分かりません。(今度試してみようと思います)

車のスピーカーがしょぼい場合はそこがボトルネックになりそうなので、トランスミッターだろうがハイレゾだろうが同じように聞こえてしまうかもしれません。

また、ポータブルナビ・タブレット・スマホをカーナビとして使用する場合には、当然ですがダッシュパネルとの一体感は損われます。

また、案内の精度やルート探索時の渋滞回避能力などに関しては今のところ体感的には以下の順位かなと思います。

1⃣精度の高いインダッシュナビ(10~30万円くらい)

2⃣普通の精度のインダッシュナビ(7~10万円くらい)

3⃣精度の高いポータブルナビ(3~5万円くらい)

4⃣スマホ・タブレットのYahoo!カーナビ(本体+通信料)

5⃣精度の低いインダッシュナビ(4~6万円くらい)

6⃣精度の低いポータブルナビ(1~3万円くらい)

※厳密には案内の精度と渋滞回避能力は別物なので、「Yahoo!カーナビ」については施設の登録が若干ずれていたりするのでおかしな経路になる事もあります。渋滞回避については通信能力を生かせるのでそれなりに高いと感じます。

ポータブルナビには他にもパナソニックの「ゴリラ」がありますが、価格的にはユピテルに比べてかなり高めの設定になっています。

ユピテルのポータブルナビの特徴は、ジャイロセンサーもVICSにも非対応なので案内の精度や渋滞回避能力は低いです。

都心部は道路の数や渋滞も多い為、混雑するエリアを走行する機会が多いのなら、パナソニックのゴリラかタブレットのYahoo!カーナビをおすすめします。

逆に普段使用する場所が渋滞の少ない田舎が多いのであれば渋滞回避などはあまり意味をなさなくなると思いますので、その場合には2万円そこそこで7インチモデルが買えてしまうユピテルの「YPB733/743」がおすすめになりますね。

なお「YPB733/743」には他にもオービスポイントや取締ポイントの警報などもありますし、先にも紹介した「まっぷる おでかけBANK」などもありますので、結構面白く遊べるポータブルナビではないかと思います。

ユピテル 7インチ ワンセグ オービス情報収録 ポータブルカーナビ YPB743

(編集長 Omi)

■ ユピテル ポータブルナビ 最上位モデル「YPF7530」のレビュー、評価

■ ポータブルナビ 2017年 最新7モデルの比較

この記事が気に入ったらいいね!しよう