価格がバカにならない「OP-WLSD08」

GWR91sd以降のユピテルのレーダー探知機は、スマホのデザリングや無線LANポイントを介して、自動更新機能や「れーだーちゃんねる」のリアルタイムの投稿情報の反映機能が備わっていますが、その機能を使うにはオプションの専用無線LAN SDカード「OP-WLSD08」が必要になります。

これが7,000円とバカにならない値段です。

OP-WLSD08

スポンサーリンク

新規でOBDアダプターと合わせて購入すれば、レーダー探知機本体以外に11,000円程度の追加出費となってしましますが、実は「OP-WLSD08」以外の激安無線LAN SDカードでも問題なく使えました。

実際に使用したのはこちらになります。

TOSHIBA/東芝 無線LAN搭載SDHCカード(FlashAir) 【8GB】Class10

ユピテルレーダー探知機へのFlashAir導入手順

レーダー探知機に付属していたノーマルのSDカードのデータをPC上に丸々保存します。

2015y01m24d_174209287

スポンサーリンク

次にFlashAirを挿してフォルダを開きます。

2015y01m24d_160635393

先程PC上に保存したデータをFlashAirにそっくり落とします。

2015y01m24d_174613523

PCでの作業はこれで終了です。

次にレーダー探知機本体にFlashAirwを挿入して起動させます。

メニューに「WLAN」という項目が追加されているので選択します。

GWR91sd01

「接続先設定」を選択します。

GWR91sd02

手動で登録する場合は「新規登録」を選択します。

GWR91sd03

スポンサーリンク

接続圏内の無線LANポイントの一覧が表示されますので、接続するポイントを選択し、パスワードを入力すれば終了です。

GWR91sd04

無線LANポイントのプッシュ機能で自動で設定する場合は「自動登録」を選択します。

GWR91sd05

無線LAN機器のプッシュボタンを押して「開始」を選択します。

GWR91sd06

成功すると自動ダウンロードが開始され、画面右下に通信マークが表示されます。

GWR91sd07

レーダー探知機比較 2017年のおすすめモデル

この記事が気に入ったらいいね!しよう