★☆★期間限定~お得なセール・クーポン情報のまとめ★☆★

楽しみのドライブ。

きれいに洗車したての車に乗って、ドライブするのは本当に気持ちがいいですよね~。

スポンサーリンク

天気がよければ、本当に快適にドライブを楽しむことができます。

DSC_0013

しかし、いくらきれいに洗車したつもりでも雨になると、急に運転がしづらい、フロントガラスが汚れていて見えにくい、誰しもがそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

どんなにキレイに洗車をしているつもりでも、それでも窓に付くしつこい水アカや油汚れや油膜は、運転手の視界を邪魔する天敵です。

特に、油膜による夜の運転時の視界の悪さは、いっそう対向車のライトを乱反射させ、事故を引き起こす大きな要因となります。

一生懸命きれいに洗車したつもりでも案外汚れがとれていないものなのです。

スポンサーリンク

そんな雨の時に、視界に最も悪影響を及ぼすのが油膜です。

そもそも油膜とはなんなのでしょうか?

油膜について正しい知識を身に付け、油膜の付く場所や油膜の落とし方を理解し、雨の日でも快適に運転できる正しい洗車の仕方を身に付けていきましょう。

油膜ってどんなもの?

油膜というは、単純に油分がフロントガラスに付着して固まったもののことを言います。

一言でいうと油ですが、油にも様々な油がありますが、サラダ油などの汚れなら落ちやすいのですが、フロントガラスに付着する油は、シリコーン系の(元素記号:Si)油になります。

<油の主成分>~シリコーン系成分

油膜の発生原因

1⃣そもそもこの油はどこから発生するのかというと、自動車などから排出される排気ガスが主な原因になります。

2⃣ボディなどに塗布するコーティング剤が窓ガラスに付着したもの。

自動車の走行中に発生する排気ガスが雨天時の雨水に溶け込みそれが、窓ガラスに付着します。

本来であれば、そのまま流れていくのですが、翌日晴れた日に残るフロントガラスなどの雨水にSi成分が残留しており、それが窓ガラス上で水分だけ蒸発し、又熱せられた窓ガラス上でこのシリコーンが熱によって固形化(ゲル化)することで膜が形成されていくのです。

こうしたできた膜を油膜といいます。

このようにして油膜が形成されていくのです。

スポンサーリンク

一度付いた油膜はなぜとれないの?

一度付着してしまった油膜は、意外と取りにくく、取るのにどうやったらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこでもう一つ知っておきたいのが、油膜を分解する成分を知れれば、油膜を落とすことができるでしょう。

しかし、今まで色々なものを使用したけど、効果が得られなかった。

そんな方も多いのではないでしょうか?

どうして効果が得られにくいのか、その理由をお伝えしていきましょう。

油膜を分解してくれる成分をお伝えしていきましょう。

gatag-00001090

油膜を分解しやすい成分はこれ!

1⃣エタノール

2⃣アセトン

油膜の主な成分であるシリコーン系の成分を分解しやすくするには、上記のような飽和炭化水素系の有機溶剤がシリコーン系の成分を溶解しやすくしてくれます。

しかし、こうした化学薬品は、市販ではあまり流通していないのと、これらの成分だけでは、全ての油膜を落とすことはできないのです。

どうして、色々な薬品が販売されているにも関わらず、油膜は、落としづらいのでしょうか?

油膜が落ちにくい原因とは

その理由が、先程チラッとお話ししたシリコーン系の化学反応に、「ゲル化」と呼ばれる反応があります。

シリコーン系の材料は、水を触媒にして熱を加えると、脱水縮合反応が起こり、ゲル化と呼ばれる反応が生じます。

これにより、もともと大気中に浮遊していたシリコーンが、水分と混ざり、太陽光を受けることによって、自然にゲル化の反応が窓ガラス上で起こっているのです。

この化学反応「ゲル化」によって、シリコーンが固形化し、固まったことで、油膜を形成していたのです。

しかも一度固形化した膜は、有機溶剤で若干、溶解させることは可能なのですが、完全に落とすことができません。

これほどまでにシリコーン材料の固形化は、強い反応なのです。

この反応こそが、油膜の頑固な汚れにつながっているのです。

2639504633_5f4e50ef98

油膜の基本的な取り方

それでは、油膜における油膜の基本的な落とし方について学習していきましょう。

油膜のよりよい落とし方には、大きく分けて使用する洗剤と研磨の2つにポイントがあります。

スポンサーリンク

使用する洗剤について

油分を除去できるための洗剤は必要ですので、もしご家庭にあるものを利用したい場合には単純に油分を落とす洗剤をご利用下さい。

その洗剤として利用できるものは、大きく分けて3つあります。

1⃣石鹸

石鹸は油分を落とすものとしても効果的です。

ある程度のシリコーンを落としてくれます。

2⃣ウーロン茶

ウーロン茶は以外にも洗剤としての役割はありませんが、シリコーンを落とすのに効果的です。

ウーロン茶に含まれる重合ポリフェノールが、シリコーンを吸着し、溶かして落としてくれる働きがあります。

3⃣食器用洗剤

食器洗剤は、すごく効果がでるわけではありませんが、ある程度汚れを落とすことが可能です。

4⃣研磨について

一度こびりついて(ゲル化して)しまった油膜は、研磨して擦り取る必要性があります。

しっかりガラスを削らないように、スポンジ等強く擦ることでこびりついた油膜をはがれ落とすことができます。

油膜取りにおすすめアイテムのご紹介!

このように家にある家庭用品でも油膜を取ることはできるのですが、その効果がやはり弱いのが家庭用品です。

そこで油膜取りに特化したとても効果がある商品が、「キイロビン」です。

PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア キイロビン120
PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア キイロビン120

☑内容液:白色液体

☑主成分:酸化セリウム

このキイロビンには、酸化セリウムが含まれており、この成分が、研磨剤として効果的な役割をもっています。

酸化セリウムとガラス油膜の化学反応を起こす研磨剤とした成分であり、フロントガラスに付着している古くなった油膜や撥水剤・コーティング剤などを落として研磨することで、透明度をよみがえらせる商品です。

キイロビンに含まれるこの酸化セリウムという成分には、ガラス磨きの仕上げ剤としての効果があるため、ガラスを傷つけることなく油膜を落とすことができるのです。

磨くという行為は、ガラスにキズをつけてしまうという不安を持たれる方も多いのではないでしょうか?

しかし、キズがつく心配は一切ありませんので、ご安心下さい。

酸化セリウムとは?

酸化セリウムは特にガラスやダイヤモンドなどとの相性の良い研磨剤で、仕上げに近い工程では必ずと言ってよいほど使用されています。

又化粧品などにも使用されており、貴重なレアアースで、 ガラスをツルツル・ピカピカにする性質があります。

 

なぜガラスとの相性が良いかと言えば、研磨中に酸化セリウムとガラスが化学反応が起こり、単に機械的に研磨材がガラスの表面を削っているだけでなく、この化学反応によって表面の凹凸を滑らかにする効果があるのです。

化学的または機械的に研磨する手法のことをCMPといいますが、酸化セリウムを使ったガラスの研磨はこのCMPに近い加工です。

じつは、この反応が油膜を擦り取るときに起こることで油膜がとれていくのです。

gatag-00005328

油膜の正しい取り方

それでは、油膜の正しい取り方について学んでいきましょう。

油膜を取るといってもただ単純に、キイロビンの液体をガラスに垂らし、こすって研磨すればいいのではありません。

きちんとした順番で正しく使用しないと、いっそう塗りムラや乱反射を引き起こしてしまう原因にもなりますので、正しい手順を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

油膜取りの作業手順

フロントガラスに水をかけましょう!

まずは確認作業からです。

フロントガラスに水を流すことで、水のはじきが悪い箇所があったり、汚れが付着していることがすぐにわかります。

この汚れが付いた状態で、油膜取りを行うと、酸化セリウムが入った液体に汚れやゴミが混ざり、逆にガラスを傷つけてしまうことがあります。

油膜取りを使用する前にしっかりフロントガラスの状態を確認するようにしましょう。

又ワイパーのすべりも悪く、ワイパーで綺麗にガラスを拭きとる事が出来なくなります。

また、日光に照らされるとギラギラとした嫌な虹色の模様が視界を遮ります。

油膜除去の前に汚れたフロントガラスの洗浄作業をしよう

次の手順として重要なのが、フロントガラスの洗浄作業です。

汚れている、いないに関わらずフロントガラスを綺麗に洗っておきましょう。

ガラス表面の汚れをカーシャンプーを使ってキレイに洗い流します。

鳥のフンや虫の死骸、など、ガンコな汚れは専用のクリーナーを使いましょう。

汚れた状態だとガラスにスポンジに砂や小さな汚れが混ざり、傷が入る恐れがあります。

どんなに目視確認で砂がついていないと感じていても空気中には軽い砂が飛び交っているものです。

油膜取りを行う際にはなるべくフロントガラスの洗浄を行った後で、使用するようにしましょう。

油膜取り開始

それでは、油膜取りを始めていきましょう。

hirameki

1⃣キイロビンには、黄色のスポンジが付いていますので、スポンジの黄色の面に白色の液剤を適量とります。

この時少し水を含ませておき、フロントガラスの各箇所をスポンジでこすっていきます。

2⃣この時、力は強めにして、油膜を擦り取る感じでこすっていきましょう。

最低5分程は同じ部分をこするようにしていきます。

3⃣ずっと同じ場所を磨き続けていると、水分がなくなってきます。

キイロビンの液剤が白く残り、粉上になってきますので、こうなると水はじきが見えなくなります。

この状態で磨くのは良いのですが、油膜が取れているのかどうか確認することはできません。

4⃣この作業を各フロントガラスの各箇所で同様の作業を行っていきます。

5⃣最終確認

油膜がとれているか確認するため、水をかけて洗い流します。

スポンサーリンク

油膜が取れているかの見分け方とポイント

☑撥水される場合は、油膜はとれていない

液体と水が混ざった状態の液体をスポンジを絞りながらフロントガラス上で広げ見てください。

その液体がはじくようであれば、まだ撥水効果がある証拠なので、油膜がついている状態です。

これでは油膜はとれていません。

☑水が滑らかに流れている状態が、油膜がとれている証拠です。

油膜が取れている状態とは、水のはじきがなく、水をフロントガラスに流すと水が撥水されずに滑らかに流れる状態。

この状態が、油膜がなくなった状態になります。

キイロビンの使用上の注意点とは

全体を油膜取りが完了したら、キイロビンの液剤がフロントガラスに残らないようにしっかり洗い流しましょう。

せっかく油膜を落としたのに、ワックスなど、油分が付着しているタオルで拭いてしまった場合、やり直しになってしまいます。

シャワーを使用してスポンジでサラッと擦りながらで洗い流してしまうのが一番いい方法です。

なるべく液剤が残らないきれいな状態を保ちましょう。

仕上げ!撥水コーティングをする際のポイント

それでは、最後に撥水剤を塗って撥水コーティングをしていきましょう。

油膜取りを行えば、基本的なフロントガラスのギラつきは消えるのでそのままでも問題ありません。

最後の撥水コーティングは、雨でも水を弾いてくれる方が視界が見やすいという方には非常にオススメですので、使用しましょう。

撥水コーティングに使用するもので有名なのが、「ガラコ」です。

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ぬりぬりガラコデカ丸 04107
SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ぬりぬりガラコデカ丸 04107

ガラコにも、塗りこみタイプと噴射式のガラコがありますが、塗りこみ式では、乾いた雑巾ですり込んだ部分を拭き取らないとムラがでてしまい。

この雑巾の拭き方一つで簡単にムラができてしまい、かえって見づらくなってしまうこともあります。

せっかく油膜をとったのに又油膜を残す原因になってしまい、最初からやりなさなくてはいけないなんてこともあるのです。

そこでオススメなのが、噴射式の撥水コーティング剤です。

撥水コーティングのオススメ商品

その商品は、「ダブルジェットガラコ耐久強化」です。

☑「ダブルジェットガラコ耐久強化」の特徴

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ダブルジェットガラコ耐久強化 180ml 04169 [HTRC2.1]
SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ダブルジェットガラコ耐久強化 180ml 04169 [HTRC2.1]

噴射式であるため、取り扱いが非常にしやすく、初心者でも簡単に取り扱いが可能です。

ワイパーをかけながら、スプレーを噴射するだけ。

たったこれだけで撥水コーティング完了です。

ワイパーで一拭きするだけで撥水効果を得ることができます。

耐久性抜群コーティング剤は、噴射式のものを利用すればだれでも簡単に取り扱いが可能です。

コーティング剤の作業手順

最後の仕上げ。

撥水コーティング剤に関しても適切な作法をお伝えしておきましょう。

1⃣スプレー噴射

ガラスに吹きかける際、同じ場所にかけるのではなく、満遍なく、拭きムラができないように全体に均一にかけるようにしましょう。

2⃣タオルで一拭き

液が乾く前に、固く絞ったタオルで拭き伸ばしていきます。

ムラがなくなることとスプレーのやり過ぎに注意しながらやってみましょう。

3⃣多くかけても問題なし

使用量が多くなっても、皮膜が厚くなるわけではないので心配は不要です。

4⃣最終確認

しばらく乾かしたら、水をかけて撥水がきちんとされるか最終確認しましょう。

5⃣定期的なメンテナンス

これで撥水コーティングの基礎となる部分は全て完了です。

撥水剤は、徐々にその効果は薄れていきますので、洗車時に定期的にコーティングすることをオススメします。

油膜落としのまとめ

いかがでしたでしょうか?

フロントガラスに付着する油膜は、非常にとりづらいものです。

正しい知識で対処しないと、いっそう視界を悪くする原因になってしまいます。

今では、油膜を落とすことができる商品や安易に撥水できる商品が出ていますので、そうしたものを正しく利用して安全運転ができる環境作りから行い、楽しく快適にドライブができるようにしていきましょう。

(ライター:タム)

■ サイドミラーの水滴落としにおすすめの撥水コーティングの比較実験

■ 車のガラスの水垢落としにおすすめのクリーナー

■ おすすめのガラスコーティングをまとめて比較!!

この記事が気に入ったらいいね!しよう